メインメニューを開く

桂 文朝(かつら ぶんちょう)は、落語家名跡。東西の落語界で確認出来る限りでは当代は5代目であるが、2代目もしくは3代目の説もあり代数は不詳である。当代の死後は空き名跡となっている。

東西で確認できる文朝の名。

  1. 桂 文朝1901年 - 1931年12月6日) - 5代目桂文楽の門人。
  2. 桂 文朝生没年不詳) - 1948年の名簿に見える。詳細不明。本名は倉木 利三郎
  3. 桂 文朝(生没年不詳) - 上方では『落語系圖』には7代目桂文治の門に見える。
  4. 桂 文朝1856年 - 1924年4月9日) - 後の3代目桂文團治

2代目 桂 文朝かつら ぶんちょう
本名 田上 孝明
生年月日 1942年3月31日
没年月日 (2005-04-18) 2005年4月18日(63歳没)
出身地 日本の旗 日本東京都新宿区
師匠 2代目桂小南
名跡 1. 山遊亭タア坊(1952年 - 1955年)
2. 山遊亭金時(1955年 - 1959年)
3. 桂小西(1959年 - 1970年)
4. 2代目桂文朝(1970年 - 2005年)
出囃子 外記猿
活動期間 1952年 - 2005年
活動内容 古典落語
所属 日本芸術協会→落語芸術協会(1952年 - 1984年)
落語協会(1984年 - 2005年)
受賞歴
文化庁芸術祭優秀賞(1975年)
放送演芸大賞落語部門賞(1978年)

2代目桂 文朝(かつら ぶんちょう、1942年3月31日 - 2005年4月18日)は、東京都新宿区生まれの落語家。本名、田上 孝明(たがみ たかあき)。落語協会に所属していた。主に古典落語を演じた。出囃子は『外記猿』。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 別冊太陽「十代目 柳家小三治」編集部 (2018年10月25日). 五〇年を振り返る 小三治高座記録. 平凡社. pp. 126-127. 

出典編集