メインメニューを開く

桂 歌蔵(かつら うたぞう、本名:安田 彰吾(やすだ しょうご)、1964年7月20日 - )落語芸術協会所属の落語家、作家。大阪府堺市出身。大東文化大学経済学部卒業。出囃子は『HAPPY TALK』。

(かつら) 歌蔵(うたぞう)
本名 安田 彰吾
生年月日 (1964-07-20) 1964年7月20日(55歳)
出身地 日本の旗 日本大阪府堺市
師匠 桂歌丸
名跡 1. 桂歌郎(1991年 - 1996年)
2. 桂歌蔵(1996年 - )
活動期間 1991年 -
所属 落語芸術協会
公式サイト 桂歌蔵公式サイト

略歴編集

人物編集

得意ネタは、滑稽噺、与太郎噺、人情噺。落語界へ入る前にはイギリスのパンク・ロックバンド「ストラングラーズ」のメンバーであるジャン=ジャック・バーネルが主宰する空手道場へと入門するためにイギリスへ渡り、前座時代の1994年には30歳目前にしてプロボクシングC級ライセンスを取得する経歴を持つ。ボクシングとの両立について師匠である桂歌丸と話し合った結果、落語に邁進することとなった。

二つ目時代から多くの新聞雑誌にてエッセイ、コラムを連載する。週刊ヤングサンデーにてコラム「笑いの虎」を連載。各界の芸人に桂歌蔵が直撃するというスタイルで、3年半、32回の長期に渡って続いた。

真打昇進時より、英語落語等による海外公演を積極的に行う。その国の数は、16か国に及ぶ。

2009年「アイ・フォート・ザ・パスト」で第89回文藝春秋オール讀物新人賞の最終候補となる。

2017年北國新聞社主催 第5回赤羽萬次郎賞(本名 安田彰吾名義)にて優秀賞受賞。

2017年第3回藤本義一文学賞「虫の知らせ」(本名安田彰吾名義)にて特別賞受賞。

2019年3月角川書店より青春落語小説「よたんぼう」発売。

2019年6月光文社より小説「廓に噺せば」発売。


連載編集


著書編集

  • 前座修業―千の小言もなんのその
  • 落語家に学ぶ「笑い」のつくりかた
  • 世界をネタにかける落語家 インド・スリランカ編
  • 世界をネタにかける落語家 東南アジア・中央アジア編
  • 第3回藤本義一文学賞 単行本
  • よたんぼう (KADOKAWA)
  • 廓に噺せば (光文社)

出演編集

関連項目編集

外部リンク編集