桃太郎 (アダルトビデオ)

日本のアダルトビデオメーカー

株式会社桃太郎(ももたろう)は、日本のアダルトビデオメーカーである。

株式会社桃太郎
MOMOTARO, Inc.
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 桃太郎映像出版
桃太郎ピクチャーズ
本社所在地 日本の旗 日本
112-0005
東京都文京区水道2-5-4
石切橋ビル
設立 1995年平成7年)1月19日
業種 情報・通信業
法人番号 1010001007876 ウィキデータを編集
事業内容 卸店及び一般販売店向けビデオの発売
一般消費者向けビデオの通信販売
不動産事業
その他前各号に付帯関連する一切の事業
代表者 浅野 國一(代表取締役
資本金 1,000万円
売上高 16億円(2010年11月期)
従業員数 70名
決算期 11月30日
外部リンク 株式会社桃太郎 公式サイト (日本語)
テンプレートを表示

直販方式によるセル専門メーカー・桃太郎映像出版として発足、インディーズメーカーとしては北都(アウトビジョン)、ソフト・オン・デマンドに次ぐ売上高である。

2005年6月、桃太郎ピクチャーズを立ち上げ、レンタル部門に参入。

2006年3月、セル部門の流通をアウトビジョン(北都)に委託、同年7月にはレンタル部門も北都の関連会社である有限会社ティーアイエスに委託している。

宝生奈々桜朱音等、桃太郎の社員となっていた元AV女優がいた。

概要編集

メーカーの特徴編集

特徴としては独自の外国人ポルノ女優ネットワークを持っており、ノウハウを持っていること[1]。洋物ポルノ女優が日本のAV作品に出る際は桃太郎映像がおおむね窓口となっている。けっして日本を優先してくれる契約ではないので1人につき半年以上交渉、監督、メイク、通訳までが一体となり撮影班を組んでいる。

その他長期人気シリーズとして鈴木リズ監督による「ヤリマンワゴン」シリーズがある[1]

主なシリーズ編集

洋ピンのレーベル編集

専属女優編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b ジーオーティー「月刊FANZA」2020年5月号70頁

外部リンク編集