アダルトビデオメーカー

アダルトビデオ(AV)メーカーとは、映像の製作会社の中で、特にアダルトビデオを主に制作、生産する会社を指す。

概要編集

狭義の「アダルトビデオ」が日本独自のジャンルであるため、日本にしか存在しない企業体であるが、日本向けに制作する海外の企業やグループ、また媒体によってはポルノ映像全般を制作する企業、グループを指す場合もある。以下は特記なき場合、日本国内の概要である。

かつては販売経路、流通の違いによって「レンタル系メーカー」と「セル系メーカー」、あるいは、所属する倫理審査団体によって日本ビデオ倫理協会(ビデ倫)またはコンピュータソフトウェア倫理機構(ソフ倫)に所属する「ビデ倫(・ソフ倫)メーカー」と、それ以外の審査団体(コンテンツ・ソフト協同組合(メディ倫)など)に属しているか、どの審査団体にも属していない(自主規制)「インディーズ系メーカー」に分けるのが一般的であった。

最近はセル市場の発達により現在双方のメーカーがレンタル・セルの両方で商品をリリースしており、ビデ倫においてもヘアアナルの露出や、性器の形に沿ったモザイク処理(いわゆる「デジタルモザイク」)を解禁したり、日本映像ソフト制作・販売倫理機構(制販倫)、ビジュアルソフト・コンテンツ産業協同組合(VSIC)といった、非ビデ倫・ソフ倫ではあるが従来のインディーズとは一線を画した倫理審査団体が誕生しており、そういった分類は適切ではなくなってきている。

2016年にAV出演強要問題が社会問題となり、業界改革としてアダルトビデオメーカー、制作プロダクションによる社団法人・映像制作者ネットワーク(CCN)が設立された[1]

ともに「AV女優が所属」という表現をするがAV女優をマネジメントするAVプロダクションとは異なる。

メーカーとレーベル編集

レコード会社など一般的にはメーカー=製造、販売会社、レーベル=企業内ブランドであるが、アダルトビデオ業界の場合、メーカー=企業内ブランド、レーベル=シリーズとなっていることも多い[2]。製作チームの色を強く出すことがブランド化につながること、アウトビジョン系列が当初グループ色を出さずに成功した例があるためといわれている。

表向きにはわかりにくいため、後述のメーカーは企業体、企業内ブランドいずれも含む。

おもなメーカー編集

(その他)

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 【XCITY Mag】(後編)健全化を目指すAV業界!なんと「ドッキリAV」がなくなる?「素人さん」も消える? そして、フリーAV女優は存続の危機をむかえた…!!【フリーAV女優という生き方】” (日本語). XCITYでエロ動画を根こそぎ体験しよう!. 2019年8月14日閲覧。
  2. ^ AVの裏面に書いてある「メーカー」と「レーベル」って何が違うの?” (日本語). スタッフブログ|アキバ系エンタメショップ・ゼスト (2017年12月16日). 2020年3月1日閲覧。
  3. ^ 連載コラム「アダルトレーベルの歴史研究」|スカパー!アダルト 第1回 SODstar「仲間として応援したくなる女の子」”. adult.skyperfectv.co.jp (2019年2月19日). 2019年8月10日閲覧。
  4. ^ 連載コラム「アダルトレーベルの歴史研究」|スカパー!アダルト 第5回 h.m.p「ブランドの危機に何をすべきか」”. adult.skyperfectv.co.jp (2019年6月19日). 2019年8月10日閲覧。
  5. ^ 連載コラム「アダルトレーベルの歴史研究」|スカパー!アダルト 第3回 S1「女優本来の魅力を引き立たせるには」”. adult.skyperfectv.co.jp (2019年4月19日). 2019年8月10日閲覧。
  6. ^ 連載コラム「アダルトレーベルの歴史研究」|スカパー!アダルト 第6回 MAX-A「Calenに込めたウチらしさ」”. adult.skyperfectv.co.jp (2019年7月19日). 2019年8月10日閲覧。