ソフト・オン・デマンド

日本のアダルトコンテンツ流通業者

ソフト・オン・デマンド株式会社SOFT ON DEMAND、通称:SOD)は、SOFT ON DEMAND(SOD)グループの流通・販売を担当している日本の大手アダルトコンテンツ流通業者である。SODグループの企画・制作を担当しているSODクリエイト株式会社と直接的な[要説明]資本関係はない。

ソフト・オン・デマンド株式会社
SOFT ON DEMAND Company, Limited
SOD LOGO
SANSHINNAKANO CIMG6948.jpg
入居するSAN新中野ビル
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 SOD
本社所在地 日本の旗 日本
164-0012
東京都中野区本町六丁目20番12号 SAN新中野ビル
設立 1995年平成7年)11月
業種 情報・通信業
法人番号 9011201002932 ウィキデータを編集
事業内容
  • 自社グループ制作映像の流通・販売
  • 他社制作映像の仕入・流通・販売
  • アダルトグッズの販売
  • 風俗情報サイトの運営
  • 飲食店の運営
など
代表者 井口翔代表取締役社長)
資本金 1億円
売上高 129億円 (2018年3月期)
営業利益 非公開
従業員数 約180名(2020年3月末現在)
SOD70名 
クリエイト80名 
アートワークス30名
決算期 3月31日
主要株主 高橋雅也(高橋がなり
外部リンク SOFT ON DEMAND (日本語)
テンプレートを表示

概要編集

元々はアダルトビデオメーカーでもあった。制作部門の別会社化、さらにメーカーとしてSODクリエイトが独立した後、アダルトビデオを中心とする総合販売業(DVDの卸売・動画配信など)に業態変更した。

本社は、東京地下鉄新中野駅近くのSAN新中野ビル。現在SODクリエイトの代表取締役を野本ダイトリ(野本義明)が、ソフト・オン・デマンドの代表取締役を井口翔が務める[1]高橋がなり筆頭株主である。

来歴編集

ビデ倫アダルトビデオ(インディーズ)企業の代表格で、業界ではトップクラスの売り上げ高を誇っていた。1995年、高橋がなりにより創業。 公然わいせつ罪で警察から会社及び当時の社長である高橋がなりなどが書類送検されている。[いつ?]

アダルトビデオメーカーとして初めて『会社四季報 未上場会社版』(東洋経済新報社)に掲載され、2006年3月期には総売上100億を突破するなど、一時はベンチャー企業の代表格ともされた。

1999年以降アダルトビデオの制作は、SODクリエイトが行っている。映像編集・パッケージデザイン雑誌編集を主な業務内容としたSODアートワークスという会社もある。SOD自体は、現在商品の営業・物流・新規事業企画、店舗への提案・卸、インターネットや衛星放送を使った配信、各種販売促進活動など、SODグループの流通・営業・販売活動を行い、グループ各社の持株会社にもなっている。

主力事業であるアダルト関連の他、一般映像作品(アニメ・劇場映画なども含む)の企画・プロデュースも行い、後にグループ外企業の作品の配信・販売も手がけるようになった。特に物流には業界内でも最先端の技術を導入し、アダルトグッズ(性具)やコンドーム、PCゲームなどアダルトビデオに限らない総合アダルト物流企業へと変身した。現在はアダルトアニメ、児童向けアニメ(『あじさいの唄』)、TV番組アイドルイメージビデオ、食品なども販売している。

関係会社として、SODクリエイトとは別に、ディープスナチュラルハイを始めとする多くのメーカーがソフト・オン・デマンド流通から独占販売体制にある。そのため現在ソフト・オン・デマンドグループとは、SODクリエイトを含む多数の所属AVメーカーを含んだ総称を指す。また現在では脱退しているが、インディーズ系メーカーの大手ドグマなども、以前はソフト・オン・デマンドグループメーカーの一つであり、メーカー、制作者などソフト・オン・デマンドと何らかのかかわりを持つ関係者は、業界に数多い[要出典]

会社発足当初の勢いは凄まじく、業界内の圧倒的トップにわずか数年で上り詰めたが、その後は勢いに陰りを見せる。現在AV業界はこのソフト・オン・デマンドグループとS1MOODYZなどを擁するアウトビジョン北都)グループが2大勢力として覇権を争っていると言われているが、売り上げでは北都に2倍以上の差を付けられている。

2002年には、フォーミュラ・ニッポンに参戦するノバエンジニアリングのメインスポンサーとなった。これは、パーソナルスポンサーとして支援していた山本清大が同チームのドライバーに起用されたことに由来する。しかし、年間を通して上位進出はおろか完走すらままならない状況が続き、山本と共に1年限りで撤退することとなった。なお、高橋がなり考案のマシンのカラーリング(蛍光色の黄色ベースのヒョウ柄)や、現役AV女優であった七瀬ななみ沢口あすか上村ひな(シーズン中に引退)→天野♥こころ杏野るりうさみ恭香をSODレーシングギャルズとしてレースクイーンに起用したことなど、この一連のフォーミュラ・ニッポン参戦に関してはレース関係者のみならず観客・プレスなど各方面から注目を集めたと共に、賛否両論の物議を醸すこととなった。

また、2002年から2006年までは女子総合格闘技にも「SOD女子格闘技道場」として進出し、藪下めぐみらを擁した他、最末期の全日本女子プロレスや同時期の大日本プロレスのリングスポンサーにもなっていた。

2007年 AV OPENにて、SOD社員と外部スタッフによる6000万円で16000本大量購入が発覚。当初、優勝が発表されていた「芸能人 琴乃 初・体・験 完全240分 10解禁スペシャル」は失格となる。

この不祥事により、AV OPENは事実上消滅する。(2014年より再開)

2010年4月10日に行われたSOD主催「世界一長いセックス」という撮影にて、ギネス・ワールド・レコーズ未公認ながら、新垣セナ×川本英雄と共に10時間4分25秒挿入し続けるという記録を打ち立てた。

2016年9月、新体制となり自社・グループ内のスクラップ・アンド・ビルドを目標の1つとして掲げている。その為か、グループ内の各メーカの動向が激しくなっている。

2021年9月14日三富兜翔率いるプロレス団体「P.P.P.TOKYO」とのコラボレーション興行『SOD BASARA presents P.P.P.TOKYO 酒池肉林祭』を開催[2]

作品の特徴編集

SODが制作していたアダルトビデオの特徴としては、企画女優を使った「全裸シリーズ」(テリー伊藤企画)などのバラエティ色豊かな作品が多いことが挙げられ、「企画のデマンド」と呼ばれる(「全裸フィギュアスケート」の制作では公然わいせつ事件にもなっている→高橋がなりの項参照)。

アダルトビデオ制作会社であるが、「STOP STD(性感染症)」運動を推進しており、ジェクス株式会社と提携してコンドームを発売している。また「青少年育成協会」に自社を登録していた。

当初、「全裸シリーズ」は、ビデオ安売王を全国展開する日本ビデオ販売によって小売価格1480円で独占販売されていたが、日本ビデオ販売の倒産によりビデオ安売王以外の店舗にも販路を拡大し、2980円の小売価格に設定して売り上げを大きく伸ばし、DVDソフト市場の成長にも乗じてSODは急成長することになる。

沿革編集

SODstar編集

SODグループメーカー編集

※2021年11月時点、○はパッケージに「SOD GROUP!」表記あり。

  • SODクリエイト株式会社(SOD制作部がハムレットを設立し、2001年に現社名に変更)
    • SILK LABO(2009年8月参入、SOD初の女性向けアダルトビデオメーカー)
  • ナチュラルハイ(株式会社ナチュ、1999年8月参入)
  • DANDY(株式会社ヒロスンエンタテインメント、ナチュラルハイの一部のスタッフが2006年2月に設立、同年8月に参入)[5]
  • コスモス映像(DANDYの一部のスタッフが2013年9月に設立)[5]
  • ひよこ(株式会社ヒロスンエンタテインメント、2018年8月参入)
  • SUN(2021年1月参入)[6]
  • ヤリマン★ビッチーズ(2021年9月参入)[7]
  • アイエナジー(アイエヌジー株式会社、アタッカーズの一部のスタッフが2000年12月に設立)○
  • ヒビノ(2002年9月参入)[8]
  • アキノリ(株式会社エフセット、ヒビノの一部のスタッフが2006年1月に設立)
  • SWITCH(2011年12月参入、オムニバス専門メーカー)[9]
  • SOSORU✕GARCON(2015年11月SOSORUとGARCONが統合して設立)○
  • サディスティックヴィレッジ(株式会社レコンキスタスピリッツ、ディープスの一部のスタッフが2007年7月に設立)○
  • ROCKET(株式会社ロケット、2004年4月参入のV&Rプランニングから同年10月製作部門がV&Rプロダクツを設立し、その主要スタッフが2008年1月に設立)[10]
  • AROUND(株式会社SOUL、2009年6月参入、SOD初の熟女・人妻専門メーカー)[11]
  • Mr.michiru(2014年6月michiruを主体にMISTERと統合して設立)[12]
  • 親父の個撮(2015年5月参入、素人投稿メーカー)[13]

過去編集

撤退・統合・休業のメーカー
  • ドグマ(2001年4月SODグループ会社として、SODの出資で設立。2002年2月に円満独立と同時に販売委託契約を停止。2002年4月からアウトビジョン(北都)に販売を委託)
  • 忠実堂(2001年12月SODグループ会社のディープスのスタッフだったばば☆ザ☆ばびぃ千葉犬が設立・参入。2004年9月18日でSODとの取引停止。後に倒産)
  • はじめ企画(2002年4月SODグループメーカーとして発足、2004年6月にSODから独立と同時に販売委託契約を停止。停止後はアウトビジョン(北都)に販売を委託)
  • 志摩プランニング(元々はビデ倫の受審だったが、ビデ倫から脱退し2002年12月に参入。現在は脱退・事業撤退したものと思われる。)
  • シュガーボーイ(2002年12月参入、コンテンツは「アニメ・オン・デマンド」レーベルへ移行、現在はビネツに統合されている。)
  • ブリット(旧・甲斐正明事務所)(旧・甲斐正明事務所設立と同時に2005年1月参入、2007年1月31日をもってSODからの販売を終了)
  • eighteen(2006年11月参入、現在公式サイトにアクセスできない状況から撤退したものと思われる。)
  • V&Rプロダクツ(2004年4月「V&Rプランニング」として参入、同10月製作部門が設立、2008年1月ROCKETを設立)
  • WOMAN(2006年9月参入、2009年3月以降の新作リリースがない)
  • ピュアネスプラネット(2008年9月参入、2009年9月以降の新作リリースがない)
  • 37℃ーBINETSU(2009年7月参入、SODの新アニメメーカー、2010年9月以降の新作リリースがない)
  • NEW SEXUAL (ニューセクシャル)(2010年5月参入、SODのゲイビデオレーベル、2011年2月以降の新作リリースがない)
  • 人間考察(2008年9月参入、2011年9月以降の新作リリースがない)
  • シーアンドエイチ(2004年10月参入、SOD初のアイドルイメージビデオ専門メーカー、2012年12月以降の新作リリースがない)
  • LADY×LADY(2007年1月参入、2014年5月以降の新作リリースがない)
  • シュガーワークス(2007年8月参入、2014年6月以降の新作リリースがない、MISTER内レーベルとして統合)
  • michiru(2005年にイフリートとして参入し、2012年にmichiruにメーカー名を変更、2014年6月にMISTERと統合)
  • MISTER(2013年11月参入、2014年6月にmichiruと統合)
  • バグース(2014年6月以降撤退)
  • new girl(2011年12月参入、2014年9月以降の新作リリースがない)
  • S-CUBIC(2014年10月参入、2015年5月以降の新作リリースがない)
  • 稀有~KEU~(2009年9月参入、2015年7月以降の新作リリースがない)
  • 火星魂(2014年7月参入、2015年10月以降の新作リリースがない、ディープス内レーベルとして統合)
  • GARCON(有限会社ネイチャーエンターテインメント、2007年6月参入、2015年11月にSOSORUと統合)
  • SOSORU(2013年3月参入、2015年11月にGARCONと統合)
  • 東京ティンティン+(2013年1月参入、2015年12月以降の新作リリースがない)
  • Hunter(2007年4月参入、2016年3月をもってSODグループを離脱。新たにHHHグループを結成し、アウトビジョン(北都)に販売を委託)
  • ATOM(2010年11月参入、同上)
  • APACHE(2012年10月参入、同上)
  • アマチュアインディーズ(2014年8月参入、2016年4月以降の新作リリースがない)
  • ディープス(株式会社東凛、1999年10月参入、2016年8月をもってSODグループを離脱。アウトビジョンに販売を委託)
  • F&A(2011年6月参入)
  • 新中野新劇場(2016年10月参入、マニア・フェチ系メーカー)
SODで委託販売されていたメーカー
SODが販売元となっていたグループ外メーカー
  • ワンズファクトリー(レンタル向け商品、2006年8月リリース分まで)
  • アロマ企画(「アロマモードプロジェクト」レーベル)
  • GLAY'z(泰成)(「Lee」レーベル )
  • フォーエバー(レンタル向け商品)

雑誌編集

ソフト・オン・デマンドDVD(「月刊ソフト・オン・デマンド」)編集

「出るまで待てない!!」として2003年に創刊。当時はセルビデオ店のみで販売する発売前のAV作品を紹介する冊子だった[14]。書店売りのため「月刊ソフト・オン・デマンド」に改題。同時にコンビニエンスストア販売用にDVDを付属した「ソフト・オン・デマンドDVD」を創刊(創刊号は2011年6月号)。コンビニ用のみが生き残り現在に至る[14]。元オレンジ通信(マイペンライプロダクト)・福田健吾が編集長を務める。「ソフト・オン・デマンドDVD」2019年3月号および「月刊FANZA」2019年3月号では、月刊FANZA編集長・大木テングーとの二誌連動対談が行われた。2019年8月号を持ち休刊。

2019年9月より新たに「月刊ソフト・オン・デマンド」を創刊(創刊号は10月号)。

詳細は「月刊ソフト・オン・デマンドDVD」を参照。

ニュースサイト編集

日刊SODオンライン編集

アダルトメディアの縮小を受け、2017年4月に情報サイトを開設[15]。2019年9月11日に大幅リニューアルし「日刊SODオンライン」としてオープン[16]。上記『ソフト・オン・デマンドDVD』の過去の連載[17]、インタビュー記事、独自のイベントレポートなどを配信する。

マネジメント事務所編集

2018年12月6日、HANAYA PROJECT (ハナヤ プロジェクト) 株式会社を設立。会社住所はSAN新中野ビル内に置く[18]。通称:SOD HANAYA[19]。SOD内に仮設してあった女優部を関係の健全性から独立させたもので、AV女優はもとより後述の飲食店キャスト、AV男優のマネジメントを支援する。

おもな所属タレント編集

過去の所属タレント編集

アダルト以外の商業展開編集

  • カタモミ女子(2010年 - 2015年)渋谷、秋葉原に展開した肩のリフレクソロジー店舗
  • 女子社員酒場(2018年 - )秋葉原に2018年5月3日オープン[20]した立ち飲み店舗。平日はSOD女子社員シリーズをイメージした立ち飲み店。土日祝日はAV女優のイベントを開催している。旧称は「立ち飲み!SOD女子社員」で8月1日から現在の店名となる。2019年5月には新中野本社に「SyainBar SOD女子社員」をオープン[21]
  • SOD LAND(2020年10月10日 - )新宿・歌舞伎町にオープン[22]。創業者・高橋がなり製作総指揮。地下フロアから4階まで5フロアすべてが異なるコンセプトの飲食店ビル[23][24]
    • 4階 - SILENT BAR[23]
    • 3階 - SOD Syain Bar KABUKICHO[23]
    • 2階 - 風俗研究所『カクブツサロン』[23]
    • 1階 - 総合受付[23]
    • B1階 - SOD女子社員酒場 ウブ新入社員店[23]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ ソフト・オン・デマンド株式会社 コーポレートサイト | SOD会社概要”. ソフト・オン・デマンド株式会社 コーポレートサイト. 2021年11月16日閲覧。
  2. ^ 【会見全文】PPPがSODとのコラボ興行を発表!“バブリー”力軍vsゴージャス松野軍の全面対抗戦が決定!“筋肉女優”ちゃんよたが松本都相手にプロレスデビュー!” (日本語). バトル・ニュース (2021年6月28日). 2021年6月29日閲覧。
  3. ^ デラべっぴん編集部 (2018年12月9日). “【SOD新スタジオ写真展】ソフトオンデマンド社内に完成した新スタジオで人気16人の神グラビアを展示! 写真展示の小倉由菜ちゃん、大槻ひびきちゃんから独占コメントも!【撮影会独占レポート!】” (日本語). デラべっぴんR. 2018年12月14日閲覧。
  4. ^ SOD BASARA | SODから生まれたグッズブランド” (日本語). SOD BASARA | SODから生まれたグッズブランド. 2019年12月17日閲覧。
  5. ^ a b DANDY & COSMOS
  6. ^ SOD(ソフトオンデマンド)公式情報サイト | SOD専属の女優情報、SODメーカー最新作の情報を一挙掲載”. www.sod.co.jp. 2021年11月16日閲覧。
  7. ^ DANDY & COSMOS” (日本語). 2021年11月16日閲覧。
  8. ^ ヒビノ(HIBINO)公式サイト
  9. ^ SWITCH(スイッチ)公式サイト
  10. ^ ROCKET[リンク切れ]
  11. ^ AROUND
  12. ^ Mr.michiru
  13. ^ 親父の個人撮影 (@oyajinokosatsu) - Twitter
  14. ^ a b ソフトオンデマンド「月刊ソフトオンデマンド」2019年3月号69頁
  15. ^ 2017-04-012019-09-25 (2017年4月1日). “八王子のスーパー銭湯は“ゲイと女装子”のハッテン場になっている!?” (日本語). 日刊SODオンライン. 2019年11月3日閲覧。
  16. ^ 日刊SOD編集部 (2019年9月2日). “SOD公式アダルトニュースサイト【日刊SODオンライン】本日よりオープンしますこれからエロ楽しくてためになる最新エロニュースを\毎日配信/してまいりますので、月刊SOD共々『日刊SODオンライン』をよろしくお願いします日刊SODオンライン▶︎https://news.sod.co.jp/ pic.twitter.com/3vB3NzkXuJ” (日本語). @SOD_magazine. 2019年11月3日閲覧。
  17. ^ 2019-09-062019-09-26 (2019年9月6日). “【連載インタビュー・職業「AV女優」】Vol.1 倉多まお なぜ彼女たちはAV女優を「仕事」に選んだのか。苦悩・葛藤・熱い思いなど彼女たちのAV女優観に迫るディープ・インタビュー!” (日本語). 日刊SODオンライン. 2019年11月3日閲覧。
  18. ^ HANAYA PROJECT株式会社”. JCN. 2021年7月3日閲覧。
  19. ^ HANAYA PROJECTとは? | AV女優 募集求人サイト【SOD HANAYA PROJECT】” (日本語). AV女優 募集求人サイト【SOD HANAYA PROJECT】 | 業界最大手だから安心して高収入を実現!AV出演以外にも、グラビアでの活動やガールズバーでの接客業務など、幅広いお仕事をご紹介できます。業界未経験の方もお気軽にお問い合わせください。 (2021年4月22日). 2021年7月3日閲覧。
  20. ^ “男のロマンが居酒屋に セクシー女優と飲める「立ち飲みSOD女子社員」がムフフすぎた” (日本語). しらべぇ | 気になるアレを大調査ニュース!. https://sirabee.com/2018/05/03/20161605756/ 2018年6月18日閲覧。 
  21. ^ 新中野にできた「SyainBar SOD女子社員」はSODの愛と社風にあふれたお店だった” (日本語). TOKYO HEADLINE (2019年5月17日). 2019年8月6日閲覧。
  22. ^ 歌舞伎町に「大人のテーマパーク」来月オープン 目標は「お客様を半勃起で帰らせる」 – 東京スポーツ新聞社” (日本語). 東スポWeb – 東京スポーツ新聞社 (2020年9月19日). 2020年9月19日閲覧。
  23. ^ a b c d e f SODがAV女優と飲める大人のテーマパーク「SOD LAND」を歌舞伎町にオープン” (日本語). TOKYO HEADLINE (2020年9月16日). 2020年9月19日閲覧。
  24. ^ 株式会社インプレス (2020年10月9日). “マジックミラーバーや、有名AV女優とも飲める、まさに“大人のテーマパーク”が誕生! 高橋がなり製作総指揮「SOD LAND」が歌舞伎町に明日10日(土)オープン” (日本語). ネタとぴ. 2020年10月25日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集