メインメニューを開く

桑原 秀郎(くわはら ひでろう)は、日本のテレビプロデューサー

経歴編集

慶應義塾大学卒業。1959年に東映に入社[1]、製作担当などを経てテレビ事業部プロデューサーに昇格。1983年にテレビ企画部第一営業部チーフとなり[1]、1999年にはエランドール賞・プロデューサー賞を受賞した[1]。定年後も嘱託として東映に残りテレビドラマの制作に尽力してきたが、2009年に東映を退社。製作からも退いた。

プロデュース作品編集

連続もの編集

  • ブラックチェンバー(1969年、フジテレビ)
  • 特命捜査室(1969年、フジテレビ)

単発もの編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k 桑原秀郎プロデューサー「刑事ドラマの原点を語る! - 東映マイスター Vol.7 刑事ドラママイスター・桑原秀郎プロデューサー