メインメニューを開く

桑田佳祐 & Mr.Children(くわた けいすけ アンド ミスターチルドレン)は、サザンオールスターズ桑田佳祐と、Mr.Childrenの2組が、現在でいうコラボレーション企画として結成した期間限定バンドである。プロデュースは小林武史

桑田佳祐 & Mr.Children
ジャンル ロック
活動期間 1995年
レーベル タイシタレーベル
トイズファクトリー
共同作業者 小林武史
公式サイト SOUTHERN ALL STARS OFFICIAL SITE
Mr.Children OFFICIAL SITE
メンバー 桑田佳祐ボーカル
桜井和寿(ボーカル)
田原健一ギター
中川敬輔ベース
鈴木英哉ドラム

メンバー編集

名前 よみ 生年月日と年齢 担当
桑田佳祐 くわた けいすけ (1956-02-26) 1956年2月26日(63歳) ボーカル
桜井和寿 さくらい かずとし (1970-03-08) 1970年3月8日(49歳) ボーカル
田原健一 たはら けんいち (1969-09-24) 1969年9月24日(50歳) ギター
中川敬輔 なかがわ けいすけ (1969-08-26) 1969年8月26日(50歳) ベース
鈴木英哉 すずき ひでや (1969-11-14) 1969年11月14日(50歳) ドラムス

概要編集

サザンオールスターズとしての活動を休止し、1993年から1994年にかけてアルバム『孤独の太陽』発売に向け本格的なソロ活動を送っていた桑田佳祐と、シングル「CROSS ROAD」以降前年発売のシングルを全て120万枚以上を売り上げて、急激に知名度と人気を上げたMr.Childrenが合体して生まれた人気アーティスト同士のコラボレーションである。

本プロジェクトはAct Against AIDS(AAA)に参加していた桑田と、1987年ころから桑田ソロやサザンオールスターズのプロデュース、編曲やサポートメンバーとして関わっていた小林武史の交友から、小林がプロデュースするMr.Childrenとのコラボレーションが実現し、その中で生まれた曲が「奇跡の地球」である。

この企画は両雄に接点のある小林が発起しすすめた企画で「桜井が(音楽界の大御所である)桑田さんと共演することで、桜井にもっと成長してほしい」という意図があった。また、小林としては既に桑田サイド(ソロ、サザン含め)の長年のプロデュースから離れた時期でもあり、これが桑田作曲の最後のプロデュースとなっている。

AAAはAIDS患者救済基金を集めるためのプロジェクトであり、本作の発売はその一環である。ここではプロジェクトとしての概要を説明し、作品としての説明や売り上げの記録は「奇跡の地球」を参照のこと。

シングル「奇跡の地球」発売とそれによるテレビ出演などで活動を終え、「奇跡の地球」自体も1995年6月までの限定生産となっている。その後作品発表などで両者の共演はないが、桑田は「桜井君には勝てない」、桜井も桑田をアーティストとして尊敬するコメントを雑誌などのインタビューなどでいくつか残しており、お互い同士を尊敬や讃え合うなど良好な関係が続いている。

ちなみに、この「奇跡の地球」のレコーディングの前日に、桜井は尊敬する浜田省吾と初めて仙台で対面したが、桜井はあまりの緊張から酒を飲みすぎてしまい、急性アルコール中毒になり病院に担ぎ込まれた。このため翌日に行われた「奇跡の地球」のレコーディングを欠席したが、その理由は桑田には今でも内緒にされている。レコーディング風景自体はMr.Childrenの記録映画「【es】」で一部確認することができ、桑田の姿も確認できる(そのために映画クレジットにもKEISUKE KUWATAの文字が記載されている)。

その後、桑田はサザンオールスターズとして「マンピーのG★SPOT」で活動を再開、Mr.Childrenもシングルを続けて発売しヒットを飛ばすなど、共にヒットメーカーとして現在でもトップアーティストとして第一線でのセールスと活躍を続けている。桑田のソロ活動は前年の「祭りのあと」と本作で一旦終了し、その後2001年に7年ぶりに「波乗りジョニー」でソロ活動を再開した。

Mr.Childrenは同年8月発売のシングル「シーソーゲーム 〜勇敢な恋の歌〜」の売上金額、アーティスト印税の全てを全額阪神淡路大震災の義援金として寄付している。桑田もこの後もほぼ毎年AAAへの出演を続けている。

2001年には桜井(サポートとしてドラムス鈴木英哉)が桑田のレギュラー番組『桑田佳祐の音楽寅さん 〜MUSIC TIGER〜』にゲスト出演し、カラオケPRIDE対決と題して共演した。それぞれがお互いの持ち歌や他アーティストの楽曲をカラオケで歌い最後には2人で「奇跡の地球」を披露したが、カラオケ機の採点した得点はまさかの39点であった(対決自体は桜井の圧勝に終わっている)。

更に2006年には小林と桜井を中心に主催されているap bank fes.06には桑田がソロでの出演し、11年ぶりに「奇跡の地球」をデュエットし話題となった。ちなみにこの時は「いとしのエリー」「希望の轍」「波乗りジョニー」「innocent world」もセッションされている。また、その1ヵ月後のTHE 夢人島 Fes.でも共演を果たし、桑田と桜井の弾き語りによる「奇跡の地球」が披露された。

作品編集

関連項目編集

外部リンク編集