innocent world

Mr.Childrenのシングル (1994)
Mr.Children > innocent world

innocent world』(イノセント・ワールド)は、日本バンドMr.Childrenの5枚目のシングルである。1994年6月1日にトイズファクトリーより発売された。

innocent world
Mr.Childrenシングル
初出アルバム『Atomic Heart
B面 my confidence song
(8cmCD盤)
花はどこへ行った
(プロモーションカセット盤)
リリース
規格 8cmシングル
プロモーションカセット
ジャンル J-POP
ロック
時間
レーベル トイズファクトリー
作詞・作曲 桜井和寿
プロデュース 小林武史
ゴールドディスク
ミリオン(日本レコード協会[1]
チャート最高順位
  • 週間1位(通算2週、オリコン
  • 1994年6月度月間5位(オリコン)
  • 1994年7月度月間2位(オリコン)
  • 1994年8月度月間4位(オリコン)
  • 1994年9月度月間10位(オリコン)
  • 1994年10月度月間19位(オリコン)
  • 1994年度年間1位(オリコン)
  • オリコン歴代シングルランキング27位
Mr.Children シングル 年表
CROSS ROAD
1993年
innocent world
(1994年)
Tomorrow never knows
(1994年)
Atomic Heart 収録曲
ラヴ コネクション
(3)
innocent world
(4)
クラスメイト
(5)
B-SIDE 収録曲
君のこと以外は何も考えられない
(1)
my confidence song
(2)
雨のち晴れ
remix version

(3)
EANコード

EAN 4988061280257
(TFDC-28025)

ミュージックビデオ
「innocent world」 - YouTube
テンプレートを表示
映像外部リンク
「innocent world」 (2017 Thanksgiving 25)
「innocent world」 (2018-19 重力と呼吸 In TAIPEI)

概要編集

前作『CROSS ROAD』から約7か月ぶりのシングル。前作のロングヒットで知名度を大きく上げた状況での発売となった。

本作は1994年第36回日本レコード大賞で大賞を受賞したが、メンバーはオーストラリアで「Tomorrow never knows」のミュージック・ビデオ撮影のために授賞式を欠席[注 1]するという異例の事態になった[注 2]。代わりに所属レコード会社トイズファクトリーの代表でアマチュア時代のMr.Childrenを発掘した稲葉貢一が授賞式に出席しトロフィーを受け取った。2004年に26thシングル『Sign』で10年ぶりに再び大賞を受賞した時は、メンバー全員が授賞式に出席した。

ジャケットは本楽曲の仮タイトルが「innocent blue」だったため青色が採用された[2]アートディレクター信藤三雄

チャート成績編集

初週20.6万枚を売り上げ、シングル・アルバム通じて初のオリコン週間チャート1位を獲得[注 3]、その後2ヶ月足らずで100万枚を突破し1994年度のオリコン年間シングルチャート1位を獲得。本作のヒットによって過去の作品が再びチャートにランクインするなど大きな相乗効果も生まれた。最終的には193.6万枚を売り上げ、Mr.Childrenのシングルでは6thシングル『Tomorrow never knows』、10thシングル『名もなき詩』に次いで3番目に高い累計売上を記録している。

カラオケ年間チャートでは1994年、1995年の2年連続で1位を獲得している。

2018年5月10日に各ストリーミングサービスで配信され、2021年6月にはストリーム数が3000万回を突破し、シルバー認定され、2022年7月にはストリーム数が5000万回を突破し、ゴールド認定された(Mr.Children#ストリーミング認定を参照)[3]

収録曲編集

8cmCD
全作詞・作曲: 桜井和寿、全編曲: 小林武史 & Mr.Children
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「innocent world」桜井和寿桜井和寿
2.「my confidence song」桜井和寿桜井和寿
3.「innocent world (Instrumental Version)」桜井和寿桜井和寿
合計時間:
プロモーションカセット[注 4]
全編曲: 小林武史 & Mr.Children。
#タイトル作詞・作曲日本語訳詞時間
1.「innocent world」桜井和寿 
2.「花はどこへ行った」(Where have all the flowers gone?)P.SEEGER田原健一・小林武史
3.「innocent world (Instrumental Version)」桜井和寿 
合計時間:

楽曲解説編集

8cmCD盤編集

  1. innocent world
    • 日本コカ・コーラアクエリアス ネオ/アクエリアス イオシス」のCMソング
    • 当初の仮タイトルは「innocent blue」であり、歌詞は3rdシングル「Replay」のようなラブソングに磨きあげる方向で、歌いだしも「少しだけ疲れたなぁ」であった[4]。「blue」を「world」に変えたのは小林武史の提案である[5]
    • これまでのシングルとは異なり、恋愛感情よりも客観的な風刺を織り交ぜたメッセージ性の強い楽曲になっている。
    • 曲のオフヴォーカルはすぐに完成したが、小林はこの曲がMr.Childrenのターニングポイントになると考え、桜井和寿の作ってきた歌詞に「桜井の中の道化の部分も含め、桜井じゃなきゃ書けないものを」「桜井和寿が歌うからこそ意味があるような詞でないと駄目なんじゃないのか?」とダメ出しをしたため、歌詞がなかなか完成しなかった[4]。しかし、帰りの車の中で突然歌詞が思い浮かんだ桜井は、すぐに車を止めてメモを取るといったことを繰り返し、そのメモを元に自宅で歌詞を完成させたという。「これはコマーシャルのための曲なのに、こんなに個人的なことを歌ってもいいのかな」と思っていたが、メンバーも小林も絶賛したため、そのままその歌詞になった[4]
    • 曲のオフヴォーカルが完成したところで、突如 "政治的な問題" でタイアップがなくなってしまった[4]。しかし一同は、この新曲は自分たちの新たなキャリアを拓くものであると確信していたため、悲観的に考えることはなかったが[6]、経緯は不明だが約1か月後に突如タイアップが再成立したという[4]
    • 桜井は当時の雑誌インタビューで「innocent world(無垢な世界)がいいな、憧れるな、ではなく、時にはそういうものと別れてしまう場面もあるわけで・・・」という趣旨の発言をしている。
    • イントロのメロディーは田原健一の提案によるものである[4]
    • 歌詞中の表記は英語ではなく「イノセントワールド」となっている。音楽番組では「innocent world」と紹介されるが、主に文献やカラオケでは「イノセントワールド」と表記される[注 5]
    • ライブで披露される時は、ほとんど毎回サビを観客に歌わせており、アンコール待ちで観客がこの曲を歌って待つ[注 6]というパターンもあった。ミリオンセラーとなったシングル曲では10thシングル『名もなき詩』、15thシングル『終わりなき旅』などと共にライブでは頻繁に演奏される[注 7]
    • ミュージック・ビデオが制作され、2018年3月21日発売のライブ・ビデオ『Mr.Children DOME & STADIUM TOUR 2017 Thanksgiving 25』に収録されている。監督は信藤三雄
  2. my confidence song
    • Mr.Childrenでは数少ないギター弾き語りの楽曲[注 8]
    • 演奏時間は1分55秒とシングル収録曲では最も短い。
    • 歌詞は「innocent world」と同様に当時の日本に対する風刺・皮肉とも取れる内容で歌われている。タイトルは小林が付けたもの[7]
    • 桜井が当時持っていたラジオ番組の収録[8]のため、大阪府へ向かう新幹線の中で作詞が行われたという[7]

プロモーションカセット盤編集

  1. 花はどこへ行った
    • 原題は『WHERE HAVE ALL THE FLOWERS GONE』で、本来の歌詞は反戦歌であるが、こちらは社会風刺の色合いが強いものとなっている。
    • 当初はこの曲がカップリング曲として収録される予定であったが、歌詞がオリジナルとかけ離れていたためにお蔵入りになった。お蔵入りが決定した後もラジオやライブなどで幾度か披露されていたが、1995年を最後にレパートリーから外され、その後は同曲を聴くことが非常に困難となっている。
    • テレビでは『HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP』にて一度限りの完成版が披露された。

テレビ出演編集

番組名 日付 放送局 演奏曲
ポップジャム 1994年6月21日 NHK総合 CROSS ROAD
innocent world
ミュージックステーション[9] 1994年6月24日 テレビ朝日 innocent world
COWNT DOWN TV 1994年6月25日 TBS
ポップジャム 1994年7月23日 NHK総合
SWITCH MUSIC 1994年7月27日 フジテレビ
ミュージックステーション[10] 1994年9月9日 テレビ朝日
ミュージックステーション[11] 1994年12月30日 テレビ朝日 innocent world
Tomorrow never knows
CDTVスペシャル!15周年プレミアライブ[12] 2008年9月24日 TBS innocent world
GIFT
HANABI

ライブ映像作品編集

innocent world

作品名
【es】 Mr.Children in FILM[注 9]
regress or progress '96-'97 DOCUMENT[注 10]
Mr.Children CONCERT TOUR POPSAURUS 2001
Mr.Children Tour 2004 シフクノオト
MR.CHILDREN DOME TOUR 2005 "I ♥ U" 〜FINAL IN TOKYO DOME〜
Mr.Children "HOME" TOUR 2007 -in the field-
Mr.Children Tour 2009 ~終末のコンフィデンスソングス~
ap bank fes '11 Fund for Japan
Mr.Children STADIUM TOUR 2011 SENSE -in the field-[注 11]
MR.CHILDREN TOUR POPSAURUS 2012
Mr.Children[(an imitation) blood orange]Tour
Mr.Children Stadium Tour 2015 未完[注 12]
Mr.Children DOME & STADIUM TOUR 2017 Thanksgiving 25[注 12][注 13]
Mr.Children Tour 2018-19 重力と呼吸[注 12][注 14]
Mr.Children Dome Tour 2019 Against All GRAVITY[注 12]
Mr.Children 30th Anniversary Tour 半世紀へのエントランス[注 12][注 15]

収録アルバム編集

カバー編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 書籍『【es】 Mr.Children in 370 DAYS』によると、実際の撮影期間は11月17日~23日であり、授賞式当日(12月31日)とは重なっていない。なお、ドキュメンタリー映画『【es】 Mr.Children in FILM』内では、撮影期間は11月14日~25日となっている。
  2. ^ 本人不在のレコード大賞授賞式はこの回のみ。
  3. ^ Mr.Childrenは本作から2012年の34thシングル『祈り 〜涙の軌道/End of the day/pieces』まで30作連続で初登場1位記録が続いていた。
  4. ^ 発売前に関係者に配られるカセットのこと。
  5. ^ カラオケではデンモクなど。
  6. ^ Mr.Children TOUR '99 DISCOVERY』など。
  7. ^ Mr.Children CONCERT TOUR POPSAURUS 2001』、『Mr.Children Tour 2004 シフクノオト』、『MR.CHILDREN DOME TOUR 2005 "I ♥ U" 〜FINAL IN TOKYO DOME〜』など。
  8. ^ 他には5thアルバム『深海』収録曲の「So Let's Get Truth」がある。
  9. ^ ドキュメンタリー映画作品。
  10. ^ 1番のみ収録されている。
  11. ^ イントロ前に1番のサビを追加している。
  12. ^ a b c d e キーを半音下げて演奏された。
  13. ^ イントロ前に1番のサビを追加している。
  14. ^ 特典映像。一部のみ収録されている。
  15. ^ 『Mr.Children 30th Anniversary Tour 半世紀へのエントランス - 2022.6.19 YANMAR STADIUM NAGAI – 完全版』と『Mr.Children 30th Anniversary Tour 半世紀へのエントランス - 2022.5.10 TOKYO DOME – 完全版』に収録。

出典編集

  1. ^ 5月度「ゴールド・アルバム」他認定作品」『The Record』第428号、日本レコード協会、1995年7月1日、 5頁。
  2. ^ 【Mr.Children特集】アートディレクター信藤三雄が、爆発的ヒット作とともに歩んだ10年間のアートワークを振り返る”. pen (2022年6月3日). 2022年7月14日閲覧。
  3. ^ Certificaiton 2021年6月度」『The Record』第735巻、日本レコード協会、2021年9月15日、 14頁。
  4. ^ a b c d e f 『【es】 Mr.Children in 370 DAYS』 角川書店 1995年4月1日
  5. ^ 『SWITCH』スイッチ・パブリッシング、vol.16 No.7、1998年9月号
  6. ^ 『Mr.Children 道標の歌』 水鈴社、2020年11月20日
  7. ^ a b B-SIDE』ライナーノーツ
  8. ^ FM802で当時放送されていた『FUNKY STUDIO 802 MUSIC GUMBO』。
  9. ^ ミュージックステーション バックナンバー 出演者ラインナップ 1994.06.24.FRI”. テレビ朝日. 2021年8月30日閲覧。
  10. ^ ミュージックステーション バックナンバー 出演者ラインナップ 1994.09.09.FRI”. テレビ朝日. 2021年8月30日閲覧。
  11. ^ ミュージックステーション バックナンバー 出演者ラインナップ 1994.12.30.FRI”. テレビ朝日. 2021年8月30日閲覧。
  12. ^ 次回「CDTV」にGLAYら登場&プレミアライブ特番決定”. 音楽ナタリー (2008年9月11日). 2021年8月28日閲覧。

外部リンク編集