メインメニューを開く

櫻井成廣(さくらい なりひろ、明治35年(1902年)-平成7年(1995年12月7日)は、哲学者青山学院大学名誉教授。

経歴編集

櫻井成明の長男として東京府に生まれる。東京帝国大学文学部哲学科を卒業。青山学院大学で、哲学、論理学の教授をしていたが、城郭研究者として広く知られていた。大坂城、伏見城、聚楽第など豊臣秀吉の築いた城の専門家だった。

著書編集

  • 「桃山芸術と日本文化」彰国社 1947 
  • 「豊臣秀吉の居城 大坂城編」日本城郭資料館出版会 1970
  • 「豊臣秀吉の居城 聚楽第 伏見城編」日本城郭資料館出版会 1971  
  • 「戦国名将の居城 その構造と歴史を考える」新人物往来社 1981 
  • 「日本史 名城の謎 城をめぐる攻防と構造の謎」日本文芸社 1983 
共著
  • 『日本の名城と城下町』鳥羽正雄共編 日本城郭資料館出版会 1970
  • 『豊臣女系図 哲学教授櫻井成廣の秀吉論考集』蒲池明弘共著 桃山堂 2014

関連項目編集