メインメニューを開く

桧田 仁(ひのきだ ひとし、1942年2月2日 - 2016年9月17日[1])は、日本政治家医師。元衆議院議員(1期)。広島県佐伯郡佐伯町(現・廿日市市)出身。

来歴編集

現在は桧田病院長、広島二中遺族会長、社団法人広島県作業療法士会顧問。 志摩純一という名前で恋愛著書を出版。TV番組にも出演。

政治活動編集

2000年4月の衆議院決算行政監視委員会において、脱会支援活動への取り締まり等について統一教会(世界基督教統一神霊協会)の教会員の立場で質問した。関連団体の集会やシンポジウムにはしばしば参席し講演もおこなった。2010年11月11日付『世界日報』では「拉致監禁は犯罪」と訴えている[2][注釈 1]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 教団は信者の家族や弁護士、キリスト教牧師などによる脱会支援活動を「拉致・監禁」と呼び非難する。

出典編集