メインメニューを開く

梅村 好彦(うめむら よしひこ、1946年5月11日 - )は、京都府[1]出身の元プロ野球選手。ポジションは捕手

梅村 好彦
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 京都府伏見区深草
生年月日 (1946-05-11) 1946年5月11日(73歳)
身長
体重
180 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1968年 ドラフト10位
初出場 1970年
最終出場 1974年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

来歴・人物編集

平安高校では1964年、3年生の時に春夏の甲子園に連続出場した。春の選抜は準々決勝で土佐高夏の選手権は同じく準々決勝で高知高に敗退。同級生には植木一智阪神)、衣笠祥雄広島)がいる。本来は捕手だが、衣笠がいたので、右翼手一塁手で出場した。

龍谷大学に植木とともに進学。関西六大学リーグでは植木とバッテリーを組み、1968年春季リーグのチーム初優勝に貢献した。同年の全日本大学野球選手権大会は準決勝に進出するが、野村収らのいた駒大に延長11回7-8で惜敗。リーグ通算成績は107試合出場、371打数103安打、打率.278、8本塁打。

1968年ドラフト会議南海ホークスから10位指名を受け入団[1]。打力の評価は高かったが、捕手には野村克也がおり出場機会に恵まれなかった。野手転向も模索したが、結局1974年限りで引退した[1]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1970 南海 2 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1971 1 4 4 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .250 .250 .250 .500
1972 1 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1973 16 9 8 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 2 0 .000 .111 .000 .111
1974 10 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
通算:5年 30 17 16 1 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0 0 3 0 .063 .118 .063 .180

年度別守備成績編集


捕手
試合 企図数 許盗塁 盗塁刺 阻止率
1970 1 0 0 0 -
1971 1 0 0 0 -
1972 1 1 1 0 .000
1973 10 1 0 1 1.000
1974 7 2 2 0 .000
通算 20 4 3 1 .250

背番号編集

  • 39 (1969年 - 1974年)

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b c プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、86ページ