メインメニューを開く

植木 一智(うえき かずとも、1946年7月15日 - )は、京都府京田辺市出身の元プロ野球選手投手)。

植木 一智
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 京都府京田辺市
生年月日 (1946-07-15) 1946年7月15日(73歳)
身長
体重
177 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1968年 ドラフト2位
初出場 1969年
最終出場 1973年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

平安高校では、同期の衣笠祥雄とバッテリーを組み[1]、エースとして1964年の春夏の甲子園に出場した[1]春の選抜は準々決勝に進み、リリーフとして登板。しかしエース島村聖(慶大日本鋼管)を擁する土佐高に惜敗。夏の選手権は同じく準々決勝で、この大会に優勝した高知高の光内数喜(芝工大鐘淵化学)に抑えられ敗退。スローカーブ、カーブ、沈むシュートが武器であった。他の高校同期に捕手梅村好彦がいる。

卒業後は梅村とともに龍谷大学に進学。関西六大学野球リーグでは梅村とバッテリーを組むが、3年生までに2位3回と優勝にはなかなか届かなかった。しかし1968年春季リーグでは8勝をあげ、リーグ初優勝を果たす。同年の全日本大学野球選手権大会は準決勝に進むが、野村収大矢明彦のバッテリーを擁する駒大に敗れた。同年秋の明治維新百年記念明治神宮野球大会に関西六大学選抜の一員として出場。1回戦は小島健郎(近大日本生命)をリリーフし、神奈川五大学選抜を降す。2回戦も久保田義郎(関大熊谷組)をリリーフして登板するが、東京六大学選抜の山中正竹法大)と投げ合い完封を喫した。また1966年春季リーグでは近大からノーヒットノーランを達成。同年秋季リーグ、1968年春季リーグの2度、防御率1位の成績も残している。リーグ通算64試合登板、26勝17敗、防御率1.47、313奪三振。

1968年のドラフト2位で阪神タイガースに入団[1]、1年目の1969年から一軍に上がり、9月から先発としても起用されるが未勝利に終わる。1970年ジュニア・オールスターに出場。1971年6月27日にはヤクルトを相手に先発、村山実のリリーフを受け初勝利を記録する。1972年10月14日にはヤクルトの井原慎一朗に投げ勝ち初完投勝利。この試合は8回まで無得点に抑えたが、9回に集中打を浴び完封はならなかった。1973年限りで退団[1]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1969 阪神 12 3 0 0 0 0 2 -- -- .000 100 24.2 22 4 11 0 0 11 0 0 15 12 4.32 1.34
1970 4 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 29 6.0 10 0 1 0 0 4 1 0 5 5 7.50 1.83
1971 11 2 0 0 0 1 1 -- -- .500 114 23.2 33 2 9 2 3 18 2 0 18 14 5.25 1.77
1972 4 1 1 0 0 1 0 -- -- 1.000 59 15.2 13 1 3 0 0 3 1 0 5 5 2.81 1.02
1973 3 1 0 0 0 0 0 -- -- ---- 22 4.2 5 2 4 0 0 3 0 0 5 5 9.00 1.93
通算:5年 34 7 1 0 0 2 3 -- -- .400 324 74.2 83 9 28 2 3 39 4 0 48 41 4.92 1.49

背番号編集

  • 5 (1969年)
  • 29 (1970年 - 1971年)
  • 36 (1972年 - 1973年)

脚注編集

  1. ^ a b c d プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、75ページ

関連項目編集