メインメニューを開く

梶村 秀樹(かじむら ひでき、1935年7月4日 - 1989年5月29日)は、日本の歴史学者。元神奈川大学経済学部教授。専攻は朝鮮近現代史。東京出身。

目次

略歴編集

戦時司法特別法 (1943年)の著者の1人である梶村敏樹は実父。なお、母方の曽祖父は大久保春野である。

1959年東京大学文学部東洋史学科卒業。1963年同大学院人文科学研究科博士課程退学、以後1969年まで東京大学東洋文化研究所助手1961年から1979年まで日本朝鮮研究所で研究活動を行う。1973年神奈川大学助教授1979年同教授。1989年5月29日、がんのため53歳で死去。

下條正男は、韓国の主張に同調する日本人を「良心的日本人」として韓国の民間団体「独島を日本に知らせる運動連帯」が2013年5月2日中央日報に「朴槿恵大統領に捧げる公開請願」という2面の「極右学者」を非難する意見広告を掲載した際、「日本にも正しい学者が多数いる」として「良心的日本人」の一人に梶村を挙げたと述べている[1]

研究編集

日本の朝鮮近代史研究のパイオニアの一人である。戦前の日本における朝鮮史研究の基調をなす停滞史観に反発し、前近代朝鮮がもっていた自律的、内在的な発展の可能性を植民地化がつぶしたと考える「内在的発展論」の観点から、李朝時代より植民地時代にかけての小規模商工業を分析して、これを土着の民族資本の萌芽とみなす「資本主義萌芽論」を展開した。また独立後の南北朝鮮双方の社会経済分析や在日韓国・朝鮮人史研究にも力を注いだ。

朝鮮史研究会に発足時から参加し、その中心的メンバーとして朝鮮史研究の発展に大きく貢献した。

社会活動編集

アカデミズムにとどまらず、金芝河支援運動、金嬉老支援運動、指紋押捺拒否運動など、韓国開発独裁体制への反対運動や在日韓国・朝鮮人を支援する運動に積極的に参加した。また、現代語学塾など在野での教育活動を通して多くの人材を育成した。

主な著訳書編集

  • 『東学史 : 朝鮮民衆運動の記録』(訳書、呉知泳著)平凡社〈平凡社東洋文庫〉、1970年。
  • 白凡逸志:金九自叙伝』(訳書、金九著)平凡社〈平凡社東洋文庫〉、1973年。
  • 『朝鮮における資本主義の形成と展開』龍溪書舎、1977年。
  • 『朝鮮史:その展開』講談社〈講談社現代新書〉、1977年。
  • 『朝鮮史の枠組と思想』研文出版、1982年。
  • 『梶村秀樹著作集』(全6巻+別巻)明石書店、1990年 - 1993年。
  • 『排外主義克服のための朝鮮史』平凡社〈平凡社ライブラリー〉、2014年。ISBN 978-4-582-76823-7

脚注編集

関連項目編集