メインメニューを開く

森下 圭介(もりした けいすけ)は、日本の男性アニメーターアニメ演出家

略歴・人物編集

東映動画(現・東映アニメーション)から、楠部大吉郎の設立したAプロダクション(現・シンエイ動画)に移籍。1970年代前半には独立し、風プロダクションを設立。以後、東京ムービー(Aプロ)、東映動画の仕事をグロス請けをする。1980年代はシンエイ動画作品の作画監督・演出がメインとなり、『ドラえもん』などの藤子アニメには欠かせない存在となる。それまでの劇画調から一変して、当時のシンエイ動画の中村英一のタッチに似た柔らかい画風が特徴となった。

主な参加作品編集

テレビアニメ編集

OVA編集

劇場アニメ編集

出典編集

  1. ^ ドロロンえん魔くん”. 東映アニメーション. 2016年6月4日閲覧。
  2. ^ グレートマジンガー”. 東映アニメーション. 2016年6月1日閲覧。

関連項目編集