メインメニューを開く

森信 茂樹(もりのぶ しげき、1950年(昭和25年) )は、日本財務官僚中央大学大学院法務研究科教授東京財団上席研究員。元財務省財務総合政策研究所長。大阪大学博士(法学)

目次

略歴編集

広島県生まれ。私立修道中学校・修道高等学校を経て[1]京都大学法学部卒業後、1973年大蔵省入省。同期には金田勝年法務大臣)、佐藤隆文(元金融庁長官)、新井将敬(元衆議院議員)、牧野治郎(元国税庁長官)、井戸清人(元日本銀行理事)、花角和男(元税務大学校長)、柏木茂雄(元財務省財務総合政策研究所次長)、加藤秀樹(元内閣府行政刷新会議事務局長)などがいる。

大蔵省主税局調査課長、主税局税制第二課長、主税局総務課長、大阪大学大学院法学研究科教授などを経て2003年東京税関長、2005年財務総合政策研究所所長、2006年に退官。その間、東京大学、プリンストン大学、政策研究大学院大学、早稲田大学大学院で教鞭を執る。コロンビアロースクール客員研究員。

大蔵省・財務省で主として税務畑を歩んできた経験をもとに、数々の税制の提言を行うとともに、実現されたものもある。財務省退官後の2006年、税制シンクタンクであるジャパン・タックス・インスティチュートを立ち上げ、税制全般にわたる改革案の提言やシンポジウムの開催等の啓蒙活動を行っている。また、2007年からは、東京財団の上席研究員として、「税と社会保障の一体化」の研究のプロジェクトを立ち上げ、給付付き税額控除の具体的提言や納税者番号(マイナンバー)の導入の提言等を行っている。また、金融税制度究会の座長として号毎年具体的な金融税制や番号制度の提言を行ってきている。

これまでの具体的な提言は次の通りである。

  • 日本型二元所得税と金融所得一体課税の提言(フィナンシャルレビュー第65号 (2002.10) 等)
  • 新たな事業体と組合税制の提言(フィナンシャルレビュー第69号 (2003.12))
  • 給付つき税額控除の導入の提言(東京財団政策提言、「給付つき税額控除」中央経済社)
  • 納税者の観点からの納税者番号の導入(東京財団政策提言)
  • 日本版IRAの提言(金融税制・番号制度研究会)

また、税制に関する啓蒙活動をメディア上でも積極的に行っている。「ワールドビジネスサテライト」や「知りたがり」をはじめとした経済関連のテレビ番組への出演や、あらたにす「新聞案内人」として活動。

学術的な研究成果としては、日本の所得税の課税ベースを米国と比較し、その問題点を指摘しつつ将来の在り方を探る研究(「わが国所得税課税ベースの研究」)、日本の消費税導入をめぐる政府・国会の議論を精緻に調べ上げその制作過程を網羅した研究(「日本の消費税」納税協会連合会)がある。

  • 1950年(昭和25年) 広島市中区出身。
  • 1968年(昭和43年) 修道高等学校卒業[1]
  • 1973年(昭和48年) 京都大学法学部卒業大蔵省入省
  • 1978年(昭和53年)7月10日 茂原税務署長
  • 1981年(昭和56年)在ソビエト連邦日本大使館一等書記官
  • 1983年(昭和58年)在ロサンジェルス総領事館領事
  • 1988年(昭和63年)英国駐在大蔵省参事(国際金融情報センターロンドン所長)
  • 1991年(平成3年)6月18日 大蔵省大臣官房企画官(証券局)
  • 1992年(平成4年)7月14日 大蔵省証券局総務課調査室長
  • 1993年(平成5年)7月2日 大蔵省主税局調査課長
  • 1995年(平成7年)6月5日 大蔵省主税局税制第二課長
  • 1997年(平成9年)7月15日 大蔵省主税局総務課長
  • 1998年(平成10年) 大阪大学大学院法学研究科教授
  • 2001年(平成13年)
    • 2月21日 博士(法学)(大阪大学、学位論文「日本の消費税――導入・改正の経緯と重要資料」)
    • 7月10日 財務省財務総合政策研究所次長
  • 2003年(平成15年)1月14日 東京税関
  • 2004年(平成16年)7月2日 財務省大臣官房付(プリンストン大学で教鞭。コロンビアロースクール客員研究員
  • 2005年(平成17年)7月13日 財務省会計センター所長兼財務総合政策研究所長
  • 2006年(平成18年)
    • 8月31日 財務省大臣官房付
    • 9月 中央大学大学院法務研究科特任教授
    • 12月 財務省退官
  • 2007年(平成19年)
    • 4月
      • 中央大学大学院法務研究科教授
      • 東京財団上席研究員
    • 9月 ジャパン・タックス・インスティチュート代表理事・所長
  • 2018年(平成30年)4月 東京財団政策研究所研究主幹 中央大学法科大学院特任教授

著書編集

  • 『ソ連経済最新事情――悩み多き経済体制の真実』(東洋経済新報社、1983年)
  • 『激動のソ連・東欧経済――東西経済関係を考える』(日本関税協会、1984年)
  • 『欧州金融新秩序――経済・通貨統合への難路』(日本経済新聞社、1991年)
  • 『図説日本の税制 平成6年度版』(編著)(財経詳報社、1994年)
  • 『図説日本の税制 平成7年度版』(編著)(財経詳報社、1995年)
  • 『最新消費税法』(編著)(税務経理協会、1997年)
  • 『大学教授物語――ニューアカデミズムの創造を』(時評社、2000年)
  • 『日本の消費税――導入・改正の経緯と重要資料』(納税協会連合会、2000年)
  • 『日本の税制――グローバル時代の「公平」と「活力」』(PHP研究所PHP新書〉、2001年)
  • 『わが国所得税課税ベースの研究』(日本租税研究協会、2002年)
  • 『日本が生まれ変わる税制改革』(中央公論新社中公新書ラクレ〉、2003年)
  • 『抜本的税制改革と消費税――経済成長を支える税制へ』(大蔵財務協会、2007年)
  • 『給付つき税額控除――日本型児童税額控除の提言』(編著)(中央経済社、2008年)
  • 『金融所得一体課税の推進と日本版IRAの提案』(金融財政事情研究会 、2010年)
  • 『日本の税制――何が問題か』(岩波書店、2010年)
  • 「どうなる?どうする!共通番号」(共著 日本経済新聞出版社 2011)
  • 「消費税、常識のウソ」(朝日新書 2012年)
  • 『マイナンバー」(共著 金融財政事情研究会 2012)
  • 「合同会社 (LLC) とパススルー税制」(共著 金融財政事情研究会 2013年)
  • 「未来を拓くマイナンバー」(共著 中央経済社 2013年)
  • 「税で日本はよみがえる」(日本経済新聞出版社,2015年)
  • 「税と社会保障でニッポンをどう再生するか」(共著 日本実業出版社 2017年)

脚注編集

  1. ^ a b 修道中学校・修道高等学校「2010先輩からのメッセージ」2010年5頁

関連項目編集

外部リンク編集