メインメニューを開く

人物編集

父・柏木雄介は大蔵省財務官慶應義塾高等学校時代には水泳部の主将を務める。

1973年大蔵省(現財務省)入省。同期に金田勝年法務大臣)、新井将敬(元衆議院議員)、佐藤隆文(元金融庁長官)、牧野治郎(元国税庁長官)、井戸清人(元日本銀行理事)、加藤秀樹(元内閣府行政刷新会議事務局長)、花角和男(元税務大学校長)、森信茂樹(元財務省財務総合政策研究所長)など。

その後、国際通貨基金(IMF)に3回にわたり通算10年、アジア開発銀行に2年の合計12年間を国際機関で過ごし、それぞれの機関で日本代表理事を務めた。

略歴編集

学歴編集

職歴編集

脚注編集

外部リンク編集