メインメニューを開く

森口 哲夫(もりぐち てつお、1935年5月3日 - )は、福島県出身の元プロ野球選手。ポジションは投手

森口 哲夫
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福島県
生年月日 (1935-05-03) 1935年5月3日(84歳)
身長
体重
173 cm
62 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1955年
初出場 1955年
最終出場 1958年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴
  • 日本楽器

目次

来歴・人物編集

福島商在学中は、3年夏の1953年東北大会準決勝にて、米沢西高(現・米沢興譲館高)の皆川睦雄(のち南海)と投げ合い、9回裏に1点を取られて惜敗[1]。甲子園出場を果たすことができなかった。高校卒業後は福島郵便局に入庁し、郵便局では一塁手として、1954年秋に開催された全国郵政野球大会で全国制覇を達成した。郵政大会での活躍が道仏訓の目に留まり、大映スターズへの推薦という形で、1955年に入団した[2]

速球ドロップを持ち味としていた[2]。1955年5月17日トンボ戦(川崎球場)でプロ初先発し、初勝利を挙げた[2][3]。同年5月28日のトンボ戦(川崎球場)では7回までパーフェクトに抑える好投を見せた[2]。翌1956年には自己最多の58試合・33先発登板の記録を残した。大映の弱さもあって勝ち星はなかなか恵まれなかったが、主戦投手として活躍。1957年には開幕投手に抜擢された[4][注 1]。しかし、1957年より成績は急降下し、二度とプロ野球界で勝つ事はできなかった(引退までに8連敗している)。1958年阪急ブレーブスに移籍し、同年末に引退

プロ野球引退後は、社会人野球の強豪・日本楽器に入団。投手として在籍した後、監督に就任。1967年の都市対抗野球では引き分け再試合を含め、7試合80イニング[注 2]という激闘を戦い抜いた末、準優勝(決勝では、平松政次〈のち大洋〉擁する日本石油に敗退)に輝き、小野賞を受賞した。日本楽器時代の教え子に中野孝征(この大会で久慈賞受賞。のちヤクルト)、川島勝司(のち野球日本代表監督)がいる。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1955 大映 34 13 4 0 0 3 6 -- -- .333 541 128.0 107 3 62 3 0 58 4 0 47 36 2.53 1.32
1956 58 33 4 0 0 5 18 -- -- .217 917 223.2 208 12 59 2 4 105 4 0 89 74 2.97 1.19
1957 23 8 1 0 0 0 7 -- -- .000 269 59.2 66 1 24 1 0 36 2 0 39 31 4.65 1.51
1958 阪急 16 0 0 0 0 0 1 -- -- .000 141 32.0 35 4 12 1 2 20 1 0 21 18 5.06 1.47
通算:4年 131 54 9 0 0 8 32 -- -- .200 1868 443.1 416 20 157 7 6 219 11 0 196 159 3.22 1.29

背番号編集

  • 33 (1955年 - 1957年)
  • 32 (1958年)

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 大映は1957年限りで、毎日と合併したため、大映最後の開幕投手でもあった。
  2. ^ この大会には31チームが出場したので、最少で4試合戦えば、優勝が決定した計算になる。

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集