メインメニューを開く

森山 周(もりやま まこと、1981年8月11日 - )は、兵庫県川西市出身の元プロ野球選手外野手内野手、右投左打)、コーチ。もみあげが長いことから「ルパン」の愛称もある。妻はタレント滝口ミラ

森山 周
M Moriyama20160304.jpg
さいたま市営浦和球場にて(2016年)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県川西市
生年月日 (1981-08-11) 1981年8月11日(37歳)
身長
体重
179 cm
73 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手内野手
プロ入り 2005年 大学・社会人ドラフト4巡目
初出場 2006年5月20日
最終出場 2015年8月13日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス (2016 - 2018)

目次

経歴編集

プロ入り前編集

川西市立清和台中学校から報徳学園高校南竜介とは同期かつクラスメイト)に進学。俊足を見込まれ、高校卒業前に立命館大学アメフト部からスカウトされている。森山は野球を続けるか、卒業後の就職に有利なアメフトに転向するか悩んだが、最終的にプロになりたいという強い思いから野球を続けることになり、大阪産業大学に進学。大学では俊足を生かすため左打ちを始める。社会人野球のヤマハを経て、2005年の大学・社会人ドラフト会議オリックス・バファローズから4巡目指名を受け、入団。背番号は「0」。この背番号の意味には ダイアモンドを「周」れるようにという意味が隠されている。

オリックス時代編集

プロ1年目の2006年、5月に一軍に昇格するもすぐ二軍落ち。しかし、7月に再び一軍昇格。9月には4割を超える高打率を残し、シーズン打率.356を記録した。シーズン終盤には二塁手としてスタメンに名を連ねることも多くなった。また、フルカウントになった10打席のうち3安打6四球(出塁率9割)であった。

2007年は、13打数無安打に終わり、11試合の出場にとどまった。秋季キャンプより、外野手にも取り組み始めた。

テリー・コリンズの監督在任時はほとんど一軍出場が無かったが、2008年5月下旬から大石大二郎が監督代行になると、一番に一軍に呼ばれた。主に代走要員として自己最多の42試合に出場した。

 
オリックス時代(2009年)

2009年は34試合に出場し、守備では内外野全てのポジションで起用されたが、打撃では11打数無安打に終わった。

2010年は開幕二軍ながらウエスタン・リーグで高打率を記録し、4月13日に昇格。ところが、グレッグ・ラロッカの故障を受け、三塁手の補充のために一輝との入れ替えで翌日即登録抹消となった。その後も二軍で結果を出し続け、最終的に二軍では36試合で打率.372という好成績をあげ、5月15日に一軍昇格。昇格当初は、代走・守備要員での出場が専らだった。だが、7月28日の対日本ハム戦で自身4年ぶりに3安打を放った。以降は、2番・右翼手ないしは左翼手としてスタメンに定着した。68試合に出場し、2006年と2008年に記録した計28安打を上回る43安打を放って打率.330を記録した。この年から外野手として起用されるになる。

2011年も代走・守備要員としての出場が多かったものの、7月2日7月3日7月5日とチームがプロ野球タイ記録の3試合連続サヨナラ勝ちを収めた際には、いずれもサヨナラのホームを踏んだ。しかし、前年を上回る自己最多の82試合に出場しながら、打率.186に終わった。

2012年は一軍での出場機会をなかなか得られず、18試合の出場で打率.153に終わり、10月4日に戦力外通告を受けた[1]

楽天時代編集

2012年11月26日に東北楽天ゴールデンイーグルスとの契約が発表された[2]

 
楽天選手時代 2013年3月16日、マツダスタジアムにて

移籍1年目の2013年は、守備固めや代走の切り札として、自己最多となる89試合に出場し、盗塁も自己最多の11を記録。楽天の優勝と日本一に大いに貢献した。また日本シリーズ第3戦ではホームランを獲るような勢いで東京ドームのフェンスを駆け上がりジャンプをし大きな話題となり、第5戦では落ちるとタイムリーヒットになり得たライナー性の打球を獲りファインプレー。抑えの則本昂大を救いファンを沸かした。私生活でも10月に元アイドリング!!!メンバーでもあるタレントの滝口ミラと入籍[3]

2014年も、守備固めや代走の切り札として起用され、チーム2位となる8盗塁を記録した。また9月20日はピンチバンターとして起用され7回の緊張の場面でバントを決め追加点に貢献。9回の一点決めればサヨナラという場面でヒットで出塁をし二盗さらには三盗を決めて一気にホームインをし移籍後初のヒーローインタビューの舞台に立った。当時の監督星野仙一からは「よく決めてくれた。若手も見習って欲しいね」とコメント。10月17日には長男が誕生。出産に立ち会った。

2015年もまた主に代走の切り札として起用され続けた。代走として最も多く起用され、9盗塁を記録。9月9日には同点の8回無死一塁の場面で、二盗を決めて相手の失策を誘い一気に三塁へ、松井稼頭央の犠打で決勝のホームインをして魅せた。この日森山の活躍で楽天はノーヒットで試合を決めた。同年10月12日、現役引退を発表[4]。翌10月13日に任意引退公示された[5]。また同日に楽天の二軍外野守備走塁コーチに就任することも発表された。[6]

現役引退後編集

2015年10月、宮崎での秋季教育リーグ(フェニックスリーグ)で前述のとおり二軍外野守備走塁コーチとして始動。背番号は84となり、これは現役時代の背番号0を足して840=走れ! という意味である。1月23日、コボスタ宮城で行われた楽天ファン感謝祭にて引退セレモニーを行った。妻の滝口ミラと息子も花束贈呈で登場した。

2016年10月、二軍外野守備走塁コーチから一軍同コーチへの配置転換が発表された。2018年12月25日に楽天イーグルスアカデミーコーチへの就任が発表された。2019年からはJ SPORTSの野球解説者に就任する。

選手としての特徴編集

50メートル走5.5秒、一塁到達3.7秒台の走塁能力を持ち[7]、2010年までの内野安打率は29.5パーセントを誇る。打撃では安打の半分近くが左方向に飛ぶ[8]。内外野全てのポジションを守ることができるユーティリティープレイヤーであり、2009年は一軍で内外野全てのポジションで起用された。楽天移籍後は主に外野の守備固め、代走の切り札として名脇役と言われる活躍を見せた。代走としてはとても高い盗塁成功率を記録しており、走塁だけでスタジアムを沸かせられる選手である。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
2006 オリックス 35 55 45 9 16 1 0 0 17 1 2 3 2 0 6 0 2 4 1 .356 .453 .378 .831
2007 11 15 13 1 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
2008 42 67 58 10 12 1 0 0 13 5 4 3 3 1 5 0 0 12 0 .207 .266 .224 .490
2009 34 12 11 11 0 0 0 0 0 0 3 1 0 0 1 0 0 2 0 .000 .083 .000 .083
2010 68 149 130 26 43 2 0 0 45 9 5 2 10 1 8 0 0 21 2 .331 .367 .346 .713
2011 82 125 113 19 21 1 0 0 22 4 5 2 6 0 6 0 0 19 1 .186 .227 .195 .422
2012 18 27 26 2 4 0 0 0 4 0 1 0 0 0 1 0 0 2 1 .154 .185 .154 .339
2013 楽天 89 95 81 20 22 0 0 0 22 9 11 2 5 0 8 0 1 10 0 .272 .344 .272 .616
2014 50 53 44 12 8 1 0 0 9 0 8 2 6 0 3 1 0 12 0 .182 .234 .205 .439
2015 47 21 15 11 3 1 0 0 4 0 9 3 4 0 2 0 0 4 2 .200 .294 .267 .561
NPB:10年 476 619 536 121 129 7 0 0 136 28 48 18 38 2 40 1 3 86 7 .242 .296 .254 .551

年度別守備成績編集

内野守備

一塁 二塁 三塁 遊撃
















































2006 - 21 28 75 3 14 .972 - 3 3 5 0 2 1.000
2007 - 10 7 15 0 3 1.000 - -
2008 - 7 7 5 1 2 .923 4 1 3 0 0 1.000 23 30 59 4 10 .957
2009 2 5 0 0 0 1.000 6 3 6 1 0 .900 11 0 4 0 0 1.000 2 0 0 0 0 .---
2011 1 0 0 0 0 .000 - - -
2012 2 3 0 0 1 1.000 - - -
通算 5 8 0 0 1 1.000 44 45 101 5 19 .967 15 1 7 0 0 1.000 28 33 64 4 12 .960
外野守備

外野手












2009 2 2 0 0 0 1.000
2010 54 58 1 0 0 1.000
2011 63 73 2 1 0 .987
2012 12 16 0 0 0 1.000
2013 78 62 1 0 0 1.000
2014 44 36 2 0 0 1.000
2015 31 15 0 0 0 1.000
通算 285 264 6 1 0 .996

記録編集

背番号編集

  • 0 (2006年 - 2015年)
  • 84(2016年 - 2018年)

脚注編集

  1. ^ 戦力外通告のお知らせ”. オリックス・バファローズ (2012年10月4日). 2012年10月4日閲覧。
  2. ^ 契約合意に関して”. 東北楽天ゴールデンイーグルス (2012年11月26日). 2012年11月26日閲覧。
  3. ^ [1]元アイドリング!!!の滝口ミラ、楽天・森山周選手と結婚! 2013年11月16日 シネマトゥデイ
  4. ^ 森山が引退「13年の日本一が1番の思い出」".日刊スポーツ 2015年10月12日
  5. ^ 2015年度 任意引退選手”. 日本野球機構 (2015年10月13日). 2015年10月13日閲覧。
  6. ^ 2016シーズンの1軍・2軍コーチングスタッフに関して”. 東北楽天ゴールデンイーグルス (2015年10月13日). 2015年10月13日閲覧。
  7. ^ 小関順二西尾典文泉直樹『プロ野球スカウティングレポート2007』アスペクトムック、2007年、180頁。ISBN 978-4-7572-1338-8
  8. ^ 『野球小僧 世界野球選手名鑑2007』白夜書房、2007年、62頁。ISBN 978-4-86191-246-7

関連項目編集

外部リンク編集