森林再生(しんりんさいせい、reforestation )とは、主に森林破壊[2] 森林伐採によって激減しつつあるを、自然にまたは意図して回復させることである。

コロンビアビチャーダ県にある、Planeta Verde Reforestación S.A. の熱帯養樹園[1]
再造林して15年になる区画地
南オンタリオにある21年目のレッドパインの植林地

森林再生は、空気中の汚染物を吸収させ、自然の生息地生態系を立て直し、大気中の二酸化炭素生物学的隔離により地球温暖化を緩和させることで、[3] 森林減少の影響を打ち消して正すために、そして資源用にとりわけ材木を得たり、非木材林産物収穫したりして、人の生活の質を高ために、行われる。21世紀に入ってからは、気候変動を緩和するための最善策の一つとして、大いに森林再生が注目されている。[4][5] これに向けて国際社会は、持続可能な開発目標の15に合意しており、あらゆる森林の持続可能な管理を促し、森林減少を終わらせ、荒廃した森林を復元させ、植林と再造林を増やすとしている。[6]

世界の森林面積の純減は、1990年以降おおむね縮小しているものの、国連森林戦略計画が定めた、2030年までに森林面積を(2017年比)3 パーセント増やすという目標は、達成できそうにない。[7] 一部では森林破壊が行われているが、他の地域では新しい森が、自然な拡大や計画的な取り組みによって樹立されている。その結果として森林面積は、増加が減少に及ばず純減しているが、その純減は、1990年代の年平均780万ヘクタール から、2010年から2020年の年平均470万ヘクタールへと縮小している。世界全体の森林面積は、1990年から2020年にかけて1億7800万ヘクタール純減しており、これはリビアの面積(176万平方キロメートル)に相当する。[8]

関連項目編集

参照編集

  1. ^ Amazonia Reforestation”. 2021年5月閲覧。
  2. ^ Reforestation - Definitions from Dictionary.com”. dictionary.reference.com. 2008年4月27日閲覧。
  3. ^ Gillis, Justin (2016年5月16日). “In Latin America, Forests May Rise to Challenge of Carbon Dioxide”. NYT. https://www.nytimes.com/2016/05/17/science/forests-carbon-dioxide.html 2016年5月17日閲覧。 
  4. ^ Rosane, Olivia (2019年7月5日). “Planting Billions of Trees Is the 'Best Climate Change Solution Available Today,' Study Finds”. Ecowatch. https://www.ecowatch.com/climate-change-planting-trees-2639092782.html 2019年11月25日閲覧。 
  5. ^ “Planting 1 trillion trees could stop climate change, argues study”. AP, Reuters, AFP. Deutsche Welle. (2019年7月4日). https://www.dw.com/en/planting-1-trillion-trees-could-stop-climate-change-argues-study/a-49478494 2019年11月25日閲覧。 
  6. ^ Goal 15 targets”. UNDP. 2020年9月24日閲覧。
  7. ^ United Nations Forum on Forests » UN Strategic Plan for Forests”. www.un.org. 2020年11月30日閲覧。
  8. ^ The State of the World's Forests 2020. In brief – Forests, biodiversity and people. Rome: FAO & UNEP. (2020). pp. 12. doi:10.4060/ca8985en. ISBN 978-92-5-132707-4. https://doi.org/10.4060/ca8985en