メインメニューを開く

楊鼎新(よう ていしん、杨鼎新、1998年10月19日 - )は、中国囲碁棋士河南省鄭州市出身、中国囲棋協会に所属、九段。リコー杯囲棋戦倡棋杯中国プロ囲棋選手権戦優勝、LG杯世界棋王戦優勝など。

目次

経歴編集

囲碁好きの父により5歳から囲碁を学ばされ、1年ほどで河南省の大会で優勝、北京の囲碁道場で学ぶようになる。2008年に10歳で初段、中国の最年少記録となる。2009年世界青少年囲碁選手権大会少年組で優勝。2010年、重慶チームから甲級リーグ出場、衢州・爛柯杯ベスト4、二段。2011年リコー杯新秀戦優勝、阿含桐山杯ベスト8、三段。2012年リコー杯囲棋戦決勝で朴文尭を破り優勝。同年BCカード杯出場、百霊愛透杯ベスト32、西南王戦ベスト4。2013年棋王戦優勝、全国個人戦2位。2015年名人戦ベスト8、テレビ囲碁アジア選手権戦に国内予選優勝して出場。2016年四段、西南王戦優勝、グロービス杯世界囲碁U-20で3位。2017年西南王戦2連覇、名人戦、竜星戦でベスト4、LG杯ベスト8、六段。

2018年七段。2019年、LG杯決勝で時越に2-1で勝ち、世界戦初優勝、これにより九段昇段[1]

甲級リーグでは2010年から重慶チームで出場、2013年には12勝4敗、主将戦5戦全勝の成績でMVP獲得。中国棋士ランキングでは2012年27位、2013年11位、2018年5月に8位。

趣味はサッカーで、2017年甲級リーグでは骨折したために車椅子で対局したこともあった[1]

タイトル歴編集

国際棋戦

国内棋戦

他の棋歴編集

国際棋戦

国内棋戦

  • 全国智力運動会 少年個人戦準優勝 2011年、2017年男子団体戦 2位(重慶チーム)、プロ男子個人戦 3位
  • 中華人民共和国全国運動会プロ男子個人戦 2017年 3位
  • リコー杯新秀戦 準優勝 2012年
  • 全国囲棋個人戦 2位 2013年
  • 中国囲棋甲級リーグ戦
    • 2010年(重慶冷酸魂)3-2
    • 2011年(重慶冷酸魂)5-5
    • 2012年(重慶冷酸魂)7-4
    • 2013年(重慶銀行)12-4
    • 2014年(重慶銀行)10-11
    • 2015年(重慶銀行)10-12
    • 2016年(重慶地産)9-8
    • 2017年(重慶地産)15-10
    • 2018年(重慶愛普地産)15-11
    • 2019年(重慶)

編集

参考文献編集

  • 『2012囲棋年鑑』中国囲棋協会 2012年

外部リンク編集