メインメニューを開く

伊田 篤史(いだ あつし、1994年3月15日 - )は、日本棋院中部総本部所属の囲碁棋士、八段。三重県鈴鹿市出身。馬場滋九段門下。夫人は万波奈穂

 伊田篤史 八段
名前 伊田篤史
生年月日 (1994-03-15) 1994年3月15日(25歳)
プロ入り年 2009年
出身地 三重県
所属 日本棋院中部総本部
師匠 馬場滋
段位 八段
概要
タイトル獲得合計 5
七大タイトル
本因坊 挑戦者 (2014)
十段 1期 (2015)
テンプレートを表示

第20代十段位(53期)。2016年十段保持中は井山裕太七冠への最後の砦となった。

来歴編集

アマ五段の父親の影響を受け、双子の弟とともに幼少の頃から囲碁に興じ、伊田は小学3年の時に漫画「ヒカルの碁」を読むようになったのを機にプロ入りを決意した。2004年、鈴鹿市立白子小学校4年で少年少女囲碁大会に出場し、1勝をあげるも富士田明彦に敗れる[1]2005年同5年で少年少女囲碁大会に出場し、6位入賞[2]2006年同6年で少年少女囲碁大会に出場し、トーナメント本戦まで勝ち上がるも、後に院生となる3位入賞者に敗れる[3]。同年日本棋院中部総本部の院生となる。2009年中部枠1名で入段し、中学卒業・高校進学とともにプロ棋士となった。

2012年2月(18歳)、国際戦の第4回BCカード杯予選で、姜儒澤四段、李熙星九段を破り、村川大介七段とともに本戦入り。日本勢のBCカード杯予選突破は史上初。なお、その後の本戦では、64強戦で彭筌七段に勝ち(3月3日)、32強戦で孔傑九段に負ける(3月18日)。

2013年、第69期本因坊戦予選Aで石田篤司九段・植木善大八段に勝利し最終予選進出。最終予選で二十四世本因坊秀芳三村智保九段そして決勝で趙善津九段に勝利してリーグ入りを果たし、初の三大棋戦リーグ入りとともに、四段から七段に飛付昇段を果たす。七段に飛び級昇段した記録では、日本棋院の最低段からの昇段となった(それまでの最年少本因坊リーグ入りは、井山裕太の20歳2か月。これは更新したが、さらに年少の余正麒が同期にリーグ入りしたため、最年少記録の樹立はならず。また飛び級昇段記録も余の三段から七段が、日本のプロ組織全体での最低段記録)。

2014年、本因坊リーグで山下敬吾名人結城聡十段高尾紳路九段・河野臨九段・余正麒七段に勝利して5勝1敗とし、最終戦の7局目では6連勝の山下敬吾と対戦しこれを降す。6勝1敗で並んだことによりプレーオフとなり、山下を再度降し、挑戦権を獲得。20歳0か月での挑戦者は、本因坊戦史上最年少(それまでの最年少記録はリーグで伊田に土をつけた張栩の21歳)。規定により八段昇段。挑戦手合では、井山裕太本因坊に1-4で敗れてタイトル奪取は成らず。第53期十段戦予選Aで松岡秀樹九段に勝利し最終予選進出。最終予選で清成哲也九段に勝利し本戦進出。本戦では蘇耀国八段・結城聡九段・志田達哉七段に勝利し決勝進出。

2015年2月5日、第53期十段戦挑戦者決定戦で小林覚九段を破る。20歳での十段挑戦権獲得は井山裕太の21歳を抜き最年少記録。第62回NHK杯テレビ囲碁トーナメント戦で松本武久七段・山田拓自八段・結城聡NHK杯・黄翊祖八段・羽根直樹九段、そして2月16日(収録。放送は3月15日)決勝で一力遼七段に勝利し20歳11か月で優勝。これはNHK杯優勝の史上最年少記録。4月22日、高尾紳路を3-2で破り十段獲得。入段からタイトル獲得までの年数最短記録を更新した(6年0か月。それまでの最短は柳時熏の6年8か月)。9月、第40期棋聖戦Cリーグで4勝1敗でBリーグ昇格。賞金ランキングで自己最高の4位。

2016年4月の第54期十段防衛戦では第3局に井山裕太に勝利し、井山の七大タイトル挑戦手合連勝記録を18でストップさせるものの3-1で敗れ、井山の囲碁界史上初の七冠を許した[4]。8月、第41期棋聖戦Bリーグ残留。11月、中部総本部所属棋士の棋戦である第57期王冠戦羽根直樹王冠に中押し勝ちし、王冠位を奪取した[5]

2017年8月、第42期棋聖戦Bリーグ6位で降格[6]。11月13日、第58期王冠戦で六浦雄太七段を破り防衛[7]

2018年2月12日、女流棋士万波奈穂三段と結婚。11月25日、第59期王冠戦で中野寛也九段を退け防衛、3連覇を果たす。

棋風編集

「厚く戦う」ことを基本とした本格派。

履歴・良績編集

  • 2005年 日本棋院院生
  • 2009年 初段。第19期竜星戦本戦出場
  • 2010年 二段(賞金ランキング)
  • 2011年 三段(賞金ランキング)
  • 2012年 第4回BCカード杯本戦32強入り
  • 2013年 四段(賞金ランキング)9月5日、第69期本因坊戦リーグ入り。規定により翌日付で七段に飛付昇段。
  • 2014年 本因坊挑戦権を獲得。八段昇段。
  • 2015年 NHK杯トーナメント初優勝。4月22日、十段獲得。
  • 2016年 王冠獲得。2017年2018年と防衛し3連覇。

棋譜編集

大高目連打編集

                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     

2017年第65回NHK杯2回戦三谷哲也七段戦。1手目3手目で大高目に打った。結果は中押し勝ち。


脚注編集

外部リンク編集