メインメニューを開く

楫取魚彦

楫取魚彦旧宅跡(現伊能忠敬記念館

楫取 魚彦(かとり なひこ、享保8年3月2日1723年4月6日) - 天明2年3月23日1782年5月5日))は、江戸時代中期の国学者歌人画家本姓伊能氏で、父は伊能景栄(かげまさ)。名は景良。通称は茂左衛門。号は青藍・茅生庵(ちぶあん)[1]。生れは下総国香取郡佐原(現香取市)。同郷で遠縁の親族が測量家の伊能忠敬(伊能三郎右衛門家)である。

目次

略歴編集

 
猩猩図 絹本墨画淡彩 江戸中期

はじめは俳諧をたしなみ、建部綾足の門に入って片歌をつくり、あわせてを学んだ[2]。画は余技であったためその作域は狭く、水墨四君子、騰鯉図、富士山図、猩猩図などに限られている。その後、賀茂真淵に師事して古学を修め、仮名遣いの書「古言梯(こげんてい)」を編集・出版した。賀茂真淵の四天王と称揚される。弟子として窪俊満がいる[3]

小澤政胤『慶長以來 國學家略傳』によれば、「明和二年、家を其子景序に讓りて自ら江戸に出でゝ、濱町に卜居し其居を茅生庵と號す。六年十月、眞淵翁歿しければ、其徒魚彦に從ひて學ぶもの益々多く、遂に二百人に餘れり。特に酒井侯、奧平侯、戸田侯等禮を厚くして延聘し、奧平侯は俸米若干を賜ふといふ。又上野の法親王の寵遇甚渥かりき」と[4]

享年六十。下総香取郡牧野村の観満寺に葬る[5]

著書編集

  • 「古言梯」
  • 「万葉集千歌」
  • 「楢の嬬手(ならのつまで)」
  • 「雨夜の燈火」
  • 「冠辞懸緒」
  • 「続冠辞考」
  • 「ならの葉」
  • 「百人一首略伝」
  • 「筆のさきこと」
  • 歌集「楫取魚彦家集」

作品編集

  • 「梅花図」 紙本着色 静岡県立美術館所蔵
  • 「酒泉猩々図」 絹本着色 静岡県立美術館所蔵

脚注編集

  1. ^ 関隆治・編 『國学者著述綜覧』 森北書店、1943年、63p。
  2. ^ 仲田勝之助・編校 『浮世絵類考』 岩波文庫、1982年、126p。
  3. ^ 仲田勝之助・編校 『浮世絵類考』 岩波文庫、1982年、126p。
  4. ^ 小澤政胤 『慶長以來 國學家略傳』 國光社、1900年
  5. ^ 関隆治・編 『國学者著述綜覧』 森北書店、1943年、63p。

参考文献編集

  • 堤朝風・原輯『近代名家著述目録』(1836年、和泉屋金右衛門)
  • 中根粛治・編『慶長以来諸家著述目録 和学家之部』(1893年、青山堂支店)
  • 大川茂雄, 南茂樹・撰『國学者傳記集成』』(1904年、大日本図書)