横浜市電保存館(よこはましでんほぞんかん)は、神奈川県横浜市磯子区滝頭三丁目にある、1972年昭和47年)3月に廃止された横浜市交通局路面電車横浜市電)に関する資料を保存・展示する施設。一般財団法人横浜市交通局協力会が運営している。

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 横浜市電保存館
Yokohama Tram Museum
Yokohama-Tramport-00.jpg
横浜市電保存館入口。
右側は市バス滝頭営業所(2010年)
施設情報
専門分野 横浜市電
事業主体 横浜市
管理運営 一般財団法人横浜市交通局協力会
開館 1973年昭和48年)8月25日
所在地 235-0012
神奈川県横浜市磯子区滝頭三丁目1番53号
位置 北緯35度25分13.75秒 東経139度37分28.45秒 / 北緯35.4204861度 東経139.6245694度 / 35.4204861; 139.6245694座標: 北緯35度25分13.75秒 東経139度37分28.45秒 / 北緯35.4204861度 東経139.6245694度 / 35.4204861; 139.6245694
外部リンク 横浜市電保存館
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

沿革編集

  • 1972年(昭和47年)3月31日 - 横浜市電を全廃[1][2]
  • 1973年(昭和48年)8月25日 - 滝頭車両工場跡に開館[2]。市電の車両7両と部品、備品を保存展示[3]
  • 1982年(昭和57年) - 改築のため一時閉鎖。
  • 1983年(昭和58年)8月13日 - 跡地に建てられた市営住宅の1階に再開館。このときより「トラムポート」の愛称が付き、また港北区仲手原に在住していた鉄道模型コレクター・吉村栄の遺族より鉄道模型一式を受贈。鉄道模型コーナーが設置され、目玉の一つとなる。また、横浜市営地下鉄のシミュレーターなども設置。
  • 2003年(平成15年)1月18日 - リニューアルオープン[4]
  • 2007年(平成19年)年7月 - 正面ゲート横に、生麦線開業時に建てられたとされる架線用のポールを設置。ポール下部の穴は、横浜大空襲の被弾跡とされている。
  • 2016年(平成28年)8月13日 - 駐車場内に多目的ホール「しでんほーる」がオープン。
  • 2016年(平成28年)8月31日 - 老朽化に伴い地下鉄シミュレーターを終了・撤去、翌日より市電シミュレーターに代替[5]
  • 2017年(平成29年)1月28日 - 磯子区制90周年記念にあわせてリニューアルオープン[6]
  • 2017年(平成29年)9月23日 - 磯子区制90周年記念として「復活!花電車しでん祭り」を10月31日までの予定で開催。市電全廃以来45年ぶりに花電車の展示を実施[7]

現在は市電グッズ(チョロQ、携帯ストラップ等)や「はまりん」グッズ、横浜市電や市営交通に関する書籍等も販売している。

基本情報編集

  • 所在地:神奈川県横浜市磯子区滝頭3-1-53(横浜市営バス滝頭営業所隣接)
  • 開館時間:9:30 - 17:00(入館は16:30まで)
  • 入館料金:大人(高校生以上)300円、3歳から中学生 100円
    • 濱ともカードまたは敬老乗車証所持者:200円
    • PASMOSuicaなどの交通系ICカード利用による市営バスでの来館、または市営バス(市営バス・地下鉄共通も含む)1日乗車券利用による来館者
      • 大人(高校生以上)200円、3歳から中学生 50円
    • 団体割引(20名以上)
      • 大人(高校生以上)200円、3歳から中学生 50円
    • 障害者手帳所持者は、付き添い人1名を含め無料
  • 休館日:月曜日・年末年始(なお、月曜日が祝日の場合は開館し、その翌日を休館)春休み・夏休み・冬休み期間中は月曜日も開館
  • 最寄りバス停:市電保存館前または滝頭(市電保存館前の方が同館エントランスに近い)

主な展示品編集

 
展示されている保存車両(2010年)
  • 横浜市電として使用された車両(特記なきものは廃車時の市電標準色)
    • 500型(登場時の塗装)
    • 1000型
    • 1100型
    • 1300型(登場時の水色と白色のツートンカラー)
    • 1500型1150型の一部に一時期施されたクリームと薄いチョコレート色のツートンカラー)
    • 1600型(登場時の塗装)
    • 10型(無蓋電車)
  • 歴史展示コーナー
  • 映像シアター
  • 横浜駅東口大時計(稼動状態に復元)
  • 横浜市電の運転シミュレーター
  • Oゲージ鉄道模型レイアウト(市電と地下鉄の模型電車は自分で操作することも可能。このレイアウトでは、横浜市電、横浜市営地下鉄だけでなく、EF65牽引の20系ブルートレイン京急600系電車新幹線0系500系[8]N700系)、D51の牽引する客車列車も走っている。)
  • Nゲージ鉄道模型レイアウト(1回100円で、自分で持ち込んだ車両を走らせることも可能。)
  • 過去に発売された記念乗車券類
  • 閉架書庫

過去の展示品編集

  • 横浜市営地下鉄の駅で使用されていた自動改札機(リニューアルにより撤去)
  • HOゲージ鉄道模型レイアウト(2017年のリニューアル時に撤去)
  • 横浜市営地下鉄の運転シミュレーター(2000形の運転台)

その他編集

メディアでの紹介編集

・テレビ朝日の紀行番組「ちい散歩」で、地井武男が当館を訪問した。根岸編、2011年9月13日放送[9]

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 【横浜市電保存館映像シアターNo.05】さよなら市電〜惜しまれて消えた市電
  2. ^ a b 磯子区歴史年表 昭和46年~平成10年 磯子区総務部
  3. ^ 【横浜市電保存館映像シアターNo.06】市電の余生〜役目を終えた市電の車両
  4. ^ 「鉄道記録帳2003年1月」『RAIL FAN』第50巻第4号、鉄道友の会、2003年4月1日、 26頁。
  5. ^ 横浜市電保存館館長 (2016年8月1日). “ニュース 地下鉄運転シミュレーターの撤去および市電シミュレーターの設置について”. 2017年4月16日閲覧。
  6. ^ “横浜市電保存館リニューアルオープン!” (PDF) (プレスリリース), 一般財団法人 横浜市交通局協力会, (2016年12月27日), http://www.kyouryokukai.or.jp/assets/images/hozonkan_open1227.pdf 2017年2月27日閲覧。 
  7. ^ “復活!花電車しでん祭り!” (PDF) (プレスリリース), 一般財団法人 横浜市交通局協力会, (2017年9月6日), http://www.shiden.yokohama/photo/hozonkan_hanadensha0906.pdf 2017年10月3日閲覧。 
  8. ^ 実車は2010年3月改正で東海道新幹線での営業を終了。
  9. ^ ちい散歩コース

関連項目編集

外部リンク編集