メインメニューを開く

はまりんとは、横浜市交通局マスコットキャラクターの名称である。

目次

概要編集

 
前面にはまりんのステッカーが貼りだされている3000R形

1998年(平成10年)10月10日に制定された横浜市交通局の公式マスコットキャラクター。 同日にセンター南駅開催された、鉄道の日記念行事「サブウェイカーニバル'98」でお披露目された[1]。 誕生日は制定された日と同じ1998年10月10日で、2014年4月現在も市バス・地下鉄車両の装飾や交通局の広告や決算書・横浜市交通局関連のイベントに使用されている。

キャラクターデザインは、1998年5月に広告代理店4社が提出した22点の中から6点に絞り、その中から交通局職員の投票で決定したもので、デザイナーでミュージシャンの山内康弘(元ププレボーイズ)が作成[要出典]。タイヤと車輪をイメージした丸い元気な顔と目をしており、鼻と眉毛は横浜のイニシャルのYを表現したもので、帽子と手袋で制服を、オレンジ色の頭で「あたたかさ=思いやり」を表現している[1]。キャラクターデザインは登録商標第4314040号、名称は登録商標第4325856号で登録されている。

名前の由来編集

1998年7月に一般公募で募集し、15,164名から応募があった。市営バス・市営地下鉄の利用者から選ばれた「イメージキャラクター愛称選考委員会」の8人が候補を5つに絞り込み、その中から交通局の選定で「はまりん」に決定した。 「はま」はヨコハマ・浜っ子、「りん」はバス・地下鉄の車輪・横浜と人と街を繋ぐ輪、そしてそれが横浜市営バス・横浜市営地下鉄であることを表現している。また「まりん」は横浜の象徴である海を表し、広大でさわやかなイメージとともに、愛され親しみやすい響きになっている[1]

グッズ販売編集

横浜市営地下鉄の一部駅(センター南駅新横浜駅横浜駅上大岡駅)に設置されている横浜市営地下鉄お客様サービスセンターや横浜市電保存館・オンラインショップ・はまりんコンビニなどではまりん関連のグッズが販売されている。 2014年4月現在、はまりん柄のハンカチや消しゴム・携帯クリーナー・ぬいぐるみなどが販売されている[2]

はまりんコンビニ編集

横浜市営地下鉄の一部駅構内で展開されているコンビニの愛称。 現在はファミリーマートが設置されているが、かつてはデイリーヤマザキが設置されていた[3]

はまりん号編集

 
3000形2次車(3000N形「はまりん号」)
(2010年9月26日 / 新羽駅)

横浜市営地下鉄ブルーラインで運行されていた特別編成の愛称。3000N形第32編成(車両番号:3321-3326[1])で運行されていた。 車体塗装がはまりん柄となっており、車内では横浜市関連施設の宣伝やお知らせを行う他、一部期間は小学校等で募集した作品などを展示する車両となる場合があった。1999年6月運行開始、2016年11月7日運行終了。 横浜市交通局公式サイトにて運用情報が公開されていた。

どうぶつはまりん号編集

横浜市営地下鉄グリーンラインで運行されていた特別編成の愛称。2009年7月18日より運行を開始し、2014年10月9日までは10000形第15編成で運行されていたが、2015年3月22日からは第16編成で運行していた。 よこはま動物園ズーラシアで飼育されている動物をモチーフとした塗装となっていた。2018年1月31日をもって運行を終了した。 横浜市交通局公式サイトにて運用情報が公開されていた。

はまりんバス編集

 
4-1594号車(はまりんバス)

横浜市営バス浅間町営業所および横浜市営バス緑営業所に所属する一部の天然ガス自動車(CNGバス)がはまりんバスとして運行されている。 浅間町営業所の車両は横浜駅西口・横浜駅東口を中心に、緑営業所の車両は中山駅を中心に運用についている。 地下鉄車両と異なり、事前に運転時刻などの公表は行われていない。

出典編集

  1. ^ a b c d 『横浜市高速鉄道建設史II』 横浜市交通局、2004年3月、272ページ
  2. ^ はまりんグッズ 横浜市交通局協力会
  3. ^ 株式会社ファミリーマートとの包括業務提携契約の締結について”. 横浜市交通局協力会. 2016年3月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年6月10日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集