メインメニューを開く

橋本 信治(はしもと しんじ、1973年7月20日[1] - )は、プロ野球審判員[1]

来歴・人物編集

高志高等学校大正大学ジム・エバンス審判学校東都大学野球連盟審判員を経て2003年パシフィック・リーグ審判部に入局[1]。審判員袖番号は40(2010年までは3)。

2010年にはオールスターゲーム初出場を果たし、第2戦(7月24日、新潟)で球審を務めた[2]

2017年終了時点での試合出場数は796試合。後述するように、近年は球審を務めるときに構えを頻繁に変えている。

2014年から球審時の構えをボックススタンスからシザーススタンスに変更し、更に翌2015年シーズンからは更に膝を深くしたいわゆるニースタンスに近い形で構えるようになった。左右の打者によって構えも変わっていた。 2017年シーズンからは再び基本の構えのボックススタンスに戻しているが、ストライクコールの方法はシザース時代のものを踏襲している。 また、ほとんどと言っていいほど球審を務めるときにブレザーを着用していない。肌寒い時期の試合であっても球審の時にブレザーは着用していない。春や秋のナイトゲームでも、半袖シャツで球審を務めている。(2017年のクライマックスシリーズで球審を務めた時はブレザーを着用していた)

2018年ファインジャッジ賞受賞。

審判出場記録編集

記録は2018年シーズン終了時のもの。

脚注編集

  1. ^ a b c 橋本 信治 | 審判員・記録員”. 日本野球機構公式ウェブサイト. 日本野球機構. 2018年12月10日閲覧。
  2. ^ 2010年度マツダオールスターゲーム 試合結果(第2戦) - 日本野球機構オフィシャルサイト

関連項目編集