メインメニューを開く

橋本 寿朗(はしもと じゅろう、1946年5月2日 - 2002年1月15日)は、日本の経済学者

プロフィール編集

埼玉県加須市出身。東京大学経済学部卒業、同大学院経済学研究科博士課程満期退学。1985年「大恐慌期の日本資本主義」で経済学博士電気通信大学講師、助教授、東京大学社会科学研究所助教授、教授、法政大学経営学部教授。84年『大恐慌期の日本資本主義』でエコノミスト賞受賞。

若い頃から宇野経済学の若きチャンピオンとして登場し、論陣を張った。近現代の日本経済・日本経済史を専門とし、堤清二と親しく、セゾンの社史などを執筆した。社会学者の朝倉景樹は実の甥にあたる。

著書編集

  • 大恐慌期の日本資本主義』東京大学出版会 1984
  • 『日本経済論 二十世紀システムと日本経済』ミネルヴァ書房 1991
  • 『戦後の日本経済』岩波新書 1995
  • 『現代日本経済史』岩波書店 岩波テキストブックス 2000
  • 『戦後日本経済の成長構造 企業システムと産業政策の分析』有斐閣 2001
  • 『デフレの進行をどう読むか 見落された利潤圧縮メカニズム』岩波書店 2002
  • 『戦間期の産業発展と産業組織』東京大学出版会 2004
1、戦間期の造船工業
2、重化学工業化と独占

共編著編集

論文編集

脚注編集