欧州連合関税同盟

欧州連合関税同盟(EUCU)は、欧州連合(EU)の全加盟国モナコアクロティリおよびデケリアで構成される関税同盟。EU加盟国の中には、地理的に分離されているため、関税同盟に参加していない離島もある[注 1]。EUは、EUCUに加えて、アンドラサンマリノトルコ(一部の商品を除く)との間で、個別の二国間協定を通じて関税同盟を結んでいる[1]

  関税同盟に参加している、または欧州連合と二国間関税同盟を結んでいる非欧州連合加盟国

関税同盟の加盟国間の貿易には関税非関税障壁はなく、関税同盟国に入るすべての商品に共通の外部関税を課している[2]

欧州委員会は、国際貿易取引(カナダやその他多くの国々との取引など)において、各加盟国が個別に交渉するのではなく、EU全体のために代表して交渉を行っている。また、世界貿易機関(WTO)や、WTOを介して調停された貿易紛争についても、EUを代表している。

2020年イギリスのEU離脱に続き、2021年1月1日イギリスはEUの関税同盟から離脱した。

欧州連合外の同盟国編集

モナコアクロティリおよびデケリア欧州連合の関税領土として一体化している[1][3]

国家・領土 条約 開始
  モナコ 仏モナコ関税条約[4][5] 1963年
  アクロティリおよびデケリア 併合条約 2003年[6]
英国欧州連合離脱条約[3]
2004年5月1日
2021年1月1日

二国間関税同盟編集

アンドラサンマリノトルコはそれぞれ欧州連合との関税同盟を結んでいる。

国家 条約 開始 備考
  アンドラ 欧州経済共同体とアンドラ公国との間の書簡交換形式の協定 - 共同宣言[7] 1991年1月1日 農産物を除く
  サンマリノ 欧州経済共同体とサンマリノ共和国との間の協力と関税同盟に関する協定[8] 2002年4月1日
  トルコ 関税同盟の最終段階の実施に関する1995年12月22日のECトルコ連合理事会の決定書No.1/95[9] 1995年12月31日 農産物を除く

欧州連合加盟国の例外編集

すべての欧州連合加盟国が関税同盟に加盟しているが、すべての加盟国の領土が関税同盟に参加しているわけではない。欧州連合の海外領土は、一般的に関税同盟には参加していない[10]

しかし、欧州連合内の一部の地域は関税同盟に参加していない。

以下は規則952/2013には記載されていないが、他の理由で一部の面では不参加となる可能性がある。

欧州連合関税法典編集

税関手続きの近代化を目的とした欧州連合関税法典(UCC)が2016年5月1日に発効した[13]

実装は期間をかけて行われ、遅くとも2020年12月31日までには完全実装されると予定されていたが、欧州委員会は電子システムによって管理されている少数の税関手続きのうち、2025年まで完全に完了しない可能性のあるものについては、移行期間を2025年まで延長することを提案している[14]

共通の外部関税編集

欧州連合関税同盟は、他国から欧州連合への輸入品の関税率を設定している。これらの税率は詳細で、輸入される製品の特定の種類によって異なり、また時期によっても異なる[15]世界貿易機関(WTO)の最恵国待遇の関税率は、欧州連合との間で自由貿易協定を結んでいない国、または「武器以外の全品目に対する無関税、数量制限なしの原則」(後発開発途上国に対する欧州連合の支援協定)のようなWTOが認めた免除制度に加盟していない国にのみ適用される。

共通通過編集

共通通過とは、輸入時の関税やその他の料金が支払われていない非同盟品や、欧州連合内の出発地から目的地までの間に第三国の領土を通過しなければならない同盟品の移動に一般的に適用される制度である[16]

共通通過手続きは、欧州連合加盟国、欧州自由貿易連合加盟国(アイスランドノルウェーリヒテンシュタインスイス)、トルコ2012年12月1日以降)、北マケドニア2015年7月1日以降)、セルビア2016年2月1日以降)間の貨物の移動に利用されている。イギリス2019年1月30日欧州連合理事会事務局に加盟文書を寄託しているため、イギリスとの共通通過手続きの運用が確保されている。この手続きは、1987年5月20日の共通通過手続きに関する条約に基づいている[16]

エドワード・ケレット=ボウマン欧州議会議員は、1997年2月に欧州議会の査問委員会の報告者として、国境管理の撤廃と加盟国の協力の欠如が組織犯罪密輸の増加の原因であることを指摘した報告書を議会に提出した[17][18]。ケレット=ボウマンの報告書を受けて、欧州連合は税関調査機関を設置し、通過監視システムをコンピューター化することになった[19]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 例:スイスにあるドイツ飛地

出典編集

  1. ^ a b Anonymous (2016年9月13日). “Customs unions” (英語). Taxation and Customs Union - European Commission. 2021年1月3日閲覧。
  2. ^ Erskine, Daniel H (2006). “The United States-EC Dispute Over Customs Matters: Trade Facilitation, Customs Unions, and the Meaning of WTO Obligations”. Florida Journal of International Law 18: 432–485. SSRN 987367. 
  3. ^ a b EUR-Lex - 12019W/TXT(02) - EN - EUR-Lex”. eur-lex.europa.eu. 2021年1月3日閲覧。
  4. ^ Taxation and Customs – FAQ”. European Commission. 2012年9月12日閲覧。
  5. ^ “Council Regulation (EEC) No 2913/92 of 12 October 1992 establishing the Community Customs Code”. Official Journal of the European Union. (19 October 1992). http://eur-lex.europa.eu/LexUriServ/LexUriServ.do?uri=OJ:L:1992:302:0001:0050:EN:PDF 2012年9月12日閲覧。. 
  6. ^ Protocol No. 3 on the Sovereign Base Areas of the United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland in Cyprus, Act concerning the conditions of accession of the Czech Republic, the Republic of Estonia, the Republic of Cyprus, the Republic of Latvia, the Republic of Lithuania, the Republic of Hungary, the Republic of Malta, the Republic of Poland, the Republic of Slovenia and the Slovak Republic and the adjustments to the Treaties on which the European Union is founded, EUR-Lex, 23 September 2003.
  7. ^ Andorra: Customs Unions and preferential arrangements”. European Commission. 2012年9月12日閲覧。
  8. ^ Agreement on Cooperation and Customs Union between the European Economic Community and the Republic of San Marino”. 2021年1月3日閲覧。
  9. ^ Decision No 1/95 of the EC-Turkey Association Council of 22 December 1995 on implementing the final phase of the Customs Union”. 2021年1月3日閲覧。
  10. ^ a b Anonymous (2016年9月13日). “Territorial status of EU countries and certain territories” (英語). Taxation and Customs Union - European Commission. 2021年1月3日閲覧。
  11. ^ a b c d Article 6 of Council Directive 2006/112/EC, 28 November 2006
  12. ^ a b c REGULATION (EU) No 952/2013 OF THE EUROPEAN PARLIAMENT AND OF THE COUNCIL of 9 October 2013 laying down the Union Customs Code, Article 4 (PDF)”. EURLEX. p. 11 (2013年10月). 2018年12月17日閲覧。
  13. ^ Smith, John (2016年8月9日). “Union Customs Code” (英語). Taxation and Customs Union - European Commission. 2021年1月4日閲覧。
  14. ^ Anonymous (2016年9月13日). “The Union Customs Code (UCC) – Introduction” (英語). Taxation and Customs Union - European Commission. 2021年1月4日閲覧。
  15. ^ CIRCABC - Welcome”. circabc.europa.eu. 2021年1月4日閲覧。
  16. ^ a b Anonymous (2016年9月13日). “Union and Common Transit” (英語). Taxation and Customs Union - European Commission. 2021年1月4日閲覧。
  17. ^ Transit Committee Report: Contents”. www.europarl.europa.eu. 2021年1月4日閲覧。
  18. ^ Neil Buckley, "Cross-border crime loses EU billions: Inquiry blames Brussels and customs for failing to clamp down on smuggling", Financial Times, 21 February 1997, p. 2.
  19. ^ Neil Buckley, "EU plans single body against smuggling", Financial Times, 13 March 1997, p. 2.

関連項目編集

外部リンク編集