武国彦命
時代 古墳時代
生誕 不明
死没 不明
別名 建大臣命、武大臣命
官位 初代洲羽国造
主君 景行天皇
氏族 諏訪氏(洲羽国造)
父母 父:真曽我男命
兄武彦命弟武彦命
テンプレートを表示

武国彦命(たけくにひこのみこと、生没年不詳)とは、古墳時代豪族で初代洲羽国造建大臣命(たけおおおみのみこと)とも。

概要編集

別名に武大臣命[1]や、建大臣命[2]があるとされる。

山梨県北杜市に鎮座する諏訪神社中社や『甲斐国史』の伝承では、崇神朝建沼河別命が東征の功によって西域の地に封ぜられ、その孫の大臣命が諏訪国造に任命され、同地に廟を建てたとされる。また「国造本紀」の写本の一つにも景行朝に須羽国造に任命されたと見えるが、この記述は那須国造との誤記・混同と見る説がある一方[3][4]、通常の写本に洲羽国造が見えないのは那須国造と混同されて記事が消滅した可能性も指摘されている[5]

なお多くの諏訪氏神氏の系図では、初代洲羽国造稚桜宮朝の兄武彦命とされる[6][7]

系譜編集

父は建御名方神の五世孫・会知早雄命の子である真曽我男命で、子に兄武彦命木蘇国造の祖・弟武彦命がいる。

脚注編集

  1. ^ 中田憲信「諏訪氏」『諸系譜』、第十三冊。
  2. ^ 延川和彦著、「諏訪氏系図」『修補諏訪氏系図.正編』飯田好太郎、大正10年、25頁。
  3. ^ 佐藤雄一著『シナノの国造勢力』
  4. ^ 宝賀寿男「第2章 皇族系氏族 第1節 多氏族 12神人部直、神人部宿祢」『古代氏族系譜集成』上巻、古代氏族研究会、1986年。
  5. ^ 諏訪社の奉斎氏族」『古樹紀之房間』、2010年。
  6. ^ 中田憲信「諏訪氏」『諸系譜』、第六冊。
  7. ^ 中田憲信「神氏」『諸系譜』、第二十八冊。

関連項目編集