メインメニューを開く

武彦王妃佐紀子女王

日本の皇族

武彦王妃佐紀子女王(たけひこおうひ さきこじょおう、(1903年明治36年〉3月30日 - 1923年大正12年〉9月1日[1])は、日本皇族賀陽宮邦憲王同妃好子の第二王女。山階宮武彦王の妃。

山階宮武彦王妃 佐紀子女王
HIH Princess Kaya Sakiko.jpg
身位 女王王妃
敬称 殿下
出生 (1903-03-30) 1903年3月30日
京都府京都市
死去 (1923-09-01) 1923年9月1日(20歳没)
神奈川県鎌倉郡鎌倉町
配偶者 山階宮武彦王
父親 賀陽宮邦憲王
母親 醍醐好子
テンプレートを表示

目次

来歴編集

1922年(大正11年)7月19日に、山階宮武彦王と結婚し[2]、後に懐妊。しかし、翌年9月1日に起こった関東大震災で、滞在中だった神奈川県鎌倉市由比ヶ浜別邸が崩壊し薨去。

同震災では、藤沢市東久邇宮稔彦王第二王子の師正王が、小田原市閑院宮載仁親王第四王女の寛子女王がやはり遭難し、皇族ではあわせて3名が命を落としている。

同9月18日午前8時に、山階宮邸で告別ノ儀が行われ、引き続き東京都文京区豊島岡墓地にて埋柩ノ儀が行われ午前10時15分に済まされた。[3]

栄典編集

脚注編集

  1. ^ 『官報』号外、「告示 宮内省告示第三十二号」、大正12年9月4日。
  2. ^ 『官報』第2990号、「告示 宮内省告示第二十五号」大正11年7月20日
  3. ^ 『官報』号外、「宮廷録事」、大正12年9月19日
  4. ^ 『官報』第2971号「叙任及辞令」1922年06月28日。
  5. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」大正12年9月17日

外部リンク編集