メインメニューを開く

寛子女王

閑院宮載仁親王第四王女

寛子女王(ひろこじょおう、1906年2月21日 - 1923年9月1日)は、明治、大正期の皇族閑院宮載仁親王第四王女。母は三条実美の次女智恵子

寛子女王
寛子女王.jpg
続柄 閑院宮載仁親王・第四王女
身位 女王
敬称 殿下
出生 1906年2月21日
日本の旗 日本 東京府東京市
死去 (1923-09-01) 1923年9月1日(17歳没)
神奈川県小田原市
父親 閑院宮載仁親王
母親 載仁親王妃智恵子
テンプレートを表示

目次

人物編集

1923年(大正12年)9月1日の関東大震災の際、神奈川県小田原市の閑院宮御別邸に父載仁親王、母智恵子妃および妹華子女王と滞在中、御別邸が倒壊し、その下敷きとなって薨去。

この際、父載仁親王、母智恵子妃および妹華子女王も一時倒壊した御別邸の下敷きとなったが、たいした怪我はなく無事であった。また同震災では、鎌倉市山階宮武彦王妃の佐紀子女王と藤沢市で師正王も遭難し、皇族ではあわせて3名が命を落とした。

9月10日に閑院宮邸で午前7時に告別ノ儀が行われ、引き続き東京都文京区豊島岡墓地にて埋柩ノ儀が行われ午前9時30分に済まされた[1]

なお、1948年(昭和23年)9月1日、皇籍を離脱して閑院家当主となっていた兄の閑院春仁が小田原の別邸内に供養のため地蔵尊を建立した。

栄典編集

脚注編集

  1. ^ 『官報』号外「宮廷録事」1923年9月10日。
  2. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1923年9月17日。

外部リンク編集