メインメニューを開く

死霊館シリーズ

アメリカのホラー映画シリーズ

死霊館シリーズ(しりょうかんシリーズ)は2013年に脚本家のチャド・ヘイズケイリー・W・ヘイズが創始したホラー映画のシリーズである。超常現象研究家のエド&ロレイン・ウォーレン夫妻が遭遇した事件を題材にしている。

なお、シリーズの公開順とストーリー上の時系列は一致していない。時系列順に作品を並べると、『死霊館のシスター』(1952年)→『アナベル 死霊人形の誕生』(1955年)→『アナベル 死霊館の人形』(1970年)→『死霊館』(1971年)→『アナベル 死霊博物館』(1972年)→『ラ・ヨローナ〜泣く女〜』(1973年)→『死霊館 エンフィールド事件』(1977年)となる。

「アナベル 死霊館の人形」のみ設定の都合上、時系列が変更。1967年→1970年

構想編集

本シリーズ誕生のきっかけとなったのは、『死霊館』のプロデューサーを務めたトニー・デローザ=グランドが、ロレイン・ウォーレンのインタビュー音声を夫のエドから聞かせてもらったことであった。それは『死霊館』公開の20年以上も前のことであった。デローザ=グランドはその音声と視聴後の議論を録音していたのである。議論も終わりに近づいた頃、エドの「私たちの経験を映画にする以外に、私たちは世間に対して何も為し得ないでしょう」という言葉を聞いたデローザ=グランドは、その場で夫妻の経験を映画化する構想について熱く語ったのだという[1]

デローザ=グランドは死霊館というタイトルのプロジェクトを立ち上げたが、その後14年間、映画化の目途をつけることができなかった[2]ゴールド・サークル・フィルムズとの交渉に漕ぎ着けたこともあったが、金銭面で折り合いがつかず破談となった[3]

ピーター・サフランと組むことになったデローザ=グランドは、チャド・ヘイズとケイリー・W・ヘイズに脚本の執筆を依頼した。デローザ=グランドの企画書とエド・ウォーレンの録音テープを手掛かりにしつつも、2人は主人公を当初案のペロン夫妻からウォーレン夫妻に変更した。2人はロレイン・ウォーレンに何回も電話取材を行い、詳細に至るまで正確に描写することに努めたのだという[4]2009年の半ばまでに、『死霊館』の映画化権をめぐって6つの製作会社が激しい競争を繰り広げたが、最終的に、サミット・エンターテインメントが映画化権を獲得した[5]。しかし、デローザ=グランドとサミット・エンターテインメントの間で意見の相違が埋まらなかったため、本作の映画化権をめぐる獲得競争が再び勃発した。2009年11月11日、デローザ=グランド率いるエヴァーグリーン・メディア・グループとニュー・ライン・シネマとの間で正式に契約が結ばれた[6]

死霊館シリーズ編集

『死霊館』(2013年)編集

2012年1月、ジェームズ・ワンが『死霊館』の監督に起用されたとの報道があった[7]。『死霊館』は1971年ロードアイランド州ハリスヴィルでウォーレン夫妻が遭遇した事件を題材とした作品である。2月にはパトリック・ウィルソンヴェラ・ファーミガの2人が主演のウォーレン夫妻を演じると発表された[8]。2月下旬、本作の主要撮影がノースカロライナ州で始まった[9]。当初、ニュー・ライン・シネマとワーナー・ブラザースは本作の北米公開日を2013年1月25日に設定していたが、2012年10月の試写会で大絶賛されたことを受けて、本作をサマーシーズンに公開することとした[10][11]。最終的に、本作は2013年7月19日に北米で封切られ、批評家と観客の双方から絶賛され、大ヒットを記録した。

『死霊館 エンフィールド事件』(2016年)編集

2013年6月、ニュー・ライン・シネマが『死霊館』の続編の企画を進めているとの報道があり[12]、主演2人はすでに出演契約にサインしていると報じられた[13]。当初、続編は2015年10月23日に全米公開されると発表されたが[14]、ワーナー・ブラザースは2016年に公開日を延期した[15]2014年10月21日、ジェームズ・ワンが続編の監督と脚本を担当することになったと報じられた[15]。11月11日、続編の全米公開日が2016年6月10日に設定された[16]。本作の主要撮影は2015年9月にロサンゼルスで始まり、同年12月にロンドンで終わった[17]。続編は1977年にロンドンで発生したエンフィールド事件を題材としつつも、『アミティヴィルの恐怖』を参照した作品となった[18]

前作と同様、『死霊館 エンフィールド事件』は批評家と観客の双方から絶賛されたが、「『死霊館』の方が出来が良かった」と述べた批評家も出た。全世界での興行収入は3億2000万ドルを超え、ホラー映画としては『エクソシスト』に次ぐヒット作となった[19]

第3作の構想編集

第3作に関して、ジェームズ・ワンは「ウォーレン夫妻には数々のエピソードがあるので、『死霊館』シリーズはまだまだ続くでしょう」と述べている。また、チャド・ヘイズとケイリー・W・ヘイズも続編の製作に意欲を示しているのだという[20]。しかし、ワンは「他のプロジェクトに関与しているので、第3作の監督を務めることはできない」とも述べている[21]。ワンは「もしも第3作を製作する機会があるなら、その監督には『死霊館』シリーズの世界観をさらに広げて欲しいと思っています。」「第3作が製作されるのなら、1980年代を舞台とするのが望ましいでしょう。」とも語っている[22][23]。後に、ワンは「第3作は『狼男アメリカン』のような作品になるでしょう。狼男を題材とするのは実に面白い。ウォーレン夫妻が『バスカヴィル家の犬』のような世界に放り込まれたらどうなるか。それだけで面白い。」とも述べている[24]2017年5月、ピーター・サフランは第3作が幽霊屋敷を舞台にした作品にはならないと述べた[25]。6月、第3作の脚本をデヴィッド・レスリー・ジョンソンが執筆することになったとの報道があった[26]。8月、ワンは第3作の脚本をしている最中だと述べた[27]

アナベルシリーズ編集

『アナベル 死霊館の人形』(2014年)編集

『死霊館』の興行的成功を受けて、スピンオフ作品の製作が開始された。その第1作として、『死霊館』に出てきたアナベル人形の由来に焦点を当てた映画が製作されることとなった。その監督には『死霊館』で撮影監督を務めたジョン・R・レオネッティが起用された[28]。『アナベル 死霊館の人形』は人形の所有者であるフォーム夫妻に焦点を当てた作品になっている。

本作は興行的成功を収めるには至ったが、批評家からは否定的な評価を受けることの方が多かった。「『死霊館』に比べて出来が劣る」という見解が大勢を占めた[29]

『アナベル 死霊人形の誕生』(2017年)編集

2015年10月、『アナベル 死霊館の人形』の前日譚が製作されることになったと報じられた[30]。当初、続編は2017年5月19日に全米公開される予定だったが、同週に公開される『エイリアン: コヴェナント』との競合を避けるため、8月11日に公開日が延期された[31]。2016年3月、デヴィッド・F・サンドバーグが監督に起用されたと報じられた[32]。続編となる『Annabelle: Creation』はアナベル人形の製作者であるムリンス夫妻に焦点を当て、なぜアナベル人形が悪しき力を持つようになったのかが描かれている[33]

『アナベル 死霊博物館』(2019年)編集

2018年4月、ワーナー・ブラザース映画は2019年7月3日に死霊館シリーズの新作を全米公開すると発表した[34]。しばらくして、その新作がアナベルシリーズの第3作であると判明した。第3作の監督にはゲイリー・ドーベルマンが起用され、ピーター・サフランとジェームズ・ワンがプロデューサーとして続投することになった[35]

クロスオーバーの可能性編集

2014年5月10日、『チャイルド・プレイ』シリーズの創始者であるドン・マンシーニはアナベル人形とチャッキー人形が共演するクロスオーバー作品の製作に意欲を示した[36]

スピンオフ作品編集

『死霊館のシスター』(2018年)編集

2016年6月15日、『死霊館 エンフィールド事件』に登場した悪魔の尼僧、ヴァラクに焦点を当てたスピンオフ映画の製作が発表された[37]。2017年2月、コリン・ハーディが監督に起用されたとの報道があり、全米公開日が2018年7月13日に設定されたとの報道もあった[38][39]。4月、デミアン・ビチルタイッサ・ファーミガボニー・アーロンズの出演が決まった[40][41][42]

『ラ・ヨローナ〜泣く女〜』(2019年)編集

『The Crooked Man』(公開日未定)編集

2017年5月31日、ピーター・サフランが『死霊館 エンフィールド事件』に出てきたへそ曲がり男を主人公とした映画を製作する可能性について言及した[43]。6月14日、ジェームズ・ワンのアイデアを元に、マイク・ヴァン・ワエズが『The Crooked Man』の脚本を執筆しているとの報道があった。8月、ワンは『エンターテインメント・ウィークリー』のインタビューの中で「へそ曲がり男を主人公とした映画を作るのは、死霊館シリーズの雰囲気をダークな童話に移行させたいからです。」と語った[44]

シリーズの興行収入編集

タイトル 全米公開日 興行収入 興収ランキング 製作費 Ref(s)
北米 諸外国 全世界 All time
北米
All time
全世界
死霊館 2013年7月19日 $137,400,141 $182,094,497 $319,494,638 #407 #409 $20 million [45][46]
アナベル 死霊館の人形 2014年10月3日 $84,273,813 $172,773,848 $257,047,661 #867 #543 $6.5 million [45][47]
死霊館 エンフィールド事件 2016年6月10日 $102,470,008 $217,922,810 $320,392,818 #666 #406 $40 million [45][48]
アナベル 死霊人形の誕生 2017年8月11日 $102,092,201 $204,423,683 $306,515,884 #672 #433 $15 million [45][49]
死霊館のシスター 2018年9月7日 $117,450,119 $248,100,000 $365,550,119 #546 #322 $22 million [45][50]
ラ・ヨローナ〜泣く女〜 2019年4月19日 $54,733,739 $67,300,000 $122,033,739 #1,543 #1,320 $9 million [51]
アナベル 死霊博物館 2019年6月26日 $54,107,002 $84,300,000 $138,407,002 #1,559 N/A $27 million [45][52]
Total $652,514,284 $1,176,914,838 $1,829,429,122 $139.5 million

批評家及び観客からの評価編集

タイトル Rotten Tomatoes Metacritic シネマスコア
死霊館 86% (202 reviews)[53] 68 (35 reviews)[54] A-[55]
アナベル 死霊館の人形 29% (119 reviews)[56] 37 (27 reviews)[57] B+[55]
死霊館 エンフィールド事件 80% (216 reviews)[58] 65 (38 reviews)[59] A-[55]
アナベル 死霊人形の誕生 100% (10 reviews)[60] 71 (4 reviews)[61]
Average 74% 60 A-

出典編集

  1. ^ World Class Branded Properties for Film and TV”. 2017年6月30日閲覧。
  2. ^ What’s In A Title? ‘The Conjuring’ Producer And New Line In Dispute Over TV Rights”. 2017年6月30日閲覧。
  3. ^ James Wan The Conjuring a Remake?”. 2017年6月30日閲覧。
  4. ^ Screenwriters Chad and Carey Hayes Talk THE CONJURING, Finding the Film’s Point of View, Real Life Paranormal Incidents and the Appeal of Horror”. 2017年6月30日閲覧。
  5. ^ Summit possesses ‘The Conjuring’”. 2017年6月30日閲覧。
  6. ^ New Line Claims 'Conjuring' Partner Committed Trademark Fraud”. 2017年6月30日閲覧。
  7. ^ Vera Farmiga And Patrick Wilson In Talks To Do Some ‘Conjuring’ For James Wan”. 2017年6月30日閲覧。
  8. ^ Farmiga, Wilson called to ‘Conjuring’”. 2017年6月30日閲覧。
  9. ^ ‘The Warren Files’ to start filming”. 2017年6月30日閲覧。
  10. ^ Warner Bros Sets Release Date For 'The Conjuring'”. 2017年6月30日閲覧。
  11. ^ James Wan’s SUMMER Blockbuster ‘The Conjuring’ Testing Through The Roof!”. 2017年6月30日閲覧。
  12. ^ New Line Already Developing Sequel to James Wan's 'The Conjuring'”. 2017年6月30日閲覧。
  13. ^ Vera Farmiga and Patrick Wilson Already Signed For ‘The Conjuring’ Sequel! #SDCC”. 2017年6月30日閲覧。
  14. ^ Warner Bros Scheduling Spree Continues With ‘The Conjuring 2’, ‘Mean Moms’, 2 Others”. 2017年6月30日閲覧。
  15. ^ a b James Wan Back At New Line For ‘The Conjuring 2’ And Overall Producing Deal”. 2017年6月30日閲覧。
  16. ^ The Conjuring 2 Set for June 10, 2016”. 2017年6月30日閲覧。
  17. ^ The Conjuring 2 Filming Begins!”. 2017年6月30日閲覧。
  18. ^ ‘The Conjuring 2’ Getting a Rewrite From ‘The Walking Dead’ and ‘Orphan’ Scribe”. 2017年6月30日閲覧。
  19. ^ The Conjuring 2”. 2017年6月30日閲覧。
  20. ^ ‘Conjuring 2’ Director James Wan: ‘There Could Be Many More Movies’”. 2017年6月30日閲覧。
  21. ^ Conjuring 3: James Wan says he may not have the time to direct third film”. 2017年6月30日閲覧。
  22. ^ James Wan on ‘The Conjuring 2,’ Superheroes, and His Guilty Pleasure Movies”. 2017年6月30日閲覧。
  23. ^ James Wan Already Has an Idea For The Conjuring 3”. 2017年6月30日閲覧。
  24. ^ Could The Conjuring 3 Be About Werewolves? Here's What James Wan Thinks”. 2017年6月30日閲覧。
  25. ^ Producer Says ‘The Conjuring 3’ Will Be a Very Different Film”. 2017年6月30日閲覧。
  26. ^ ‘The Conjuring 3’ Is Summoned By New Line; David Leslie Johnson Hired To Script”. 2017年6月30日閲覧。
  27. ^ James Wan gives update on The Conjuring 3”. 2018年4月14日閲覧。
  28. ^ THE CONJURING Gets a Spin-Off Movie with ANNABELL!”. 2017年6月30日閲覧。
  29. ^ 'Annabelle': Horror prequel scares up lackluster reviews”. 2017年6月30日閲覧。
  30. ^ 'Annabelle 2' is on the Way, So Burn Your Doll Collection Now”. 2017年6月30日閲覧。
  31. ^ Ben Affleck’s Crime Drama ‘Live by Night,’ 3 More Warner Bros. Films Dated for 2017”. 2017年6月30日閲覧。
  32. ^ ‘Annabelle 2’ Draws ‘Lights Out’ Director David Sandberg”. 2017年6月30日閲覧。
  33. ^ Annabelle 2 Cast Adds Miranda Otto and Stephanie Sigman”. 2017年6月30日閲覧。
  34. ^ New Conjuring Film, Just Mercy & More Set Release Dates”. 2018年5月14日閲覧。
  35. ^ 'Annabelle: Creation' Sequel in the Works With Gary Dauberman Directing (Exclusive)”. 2018年5月14日閲覧。
  36. ^ Chucky Creator Wants to Team With 'Annabelle' Doll”. 2017年6月30日閲覧。
  37. ^ 'Conjuring 2' Spinoff 'The Nun' in the Works (Exclusive)”. 2017年6月30日閲覧。
  38. ^ Corin Hardy Takes Vow To Helm ‘The Nun’, New Line’s ‘Conjuring’ Spinoff”. 2017年6月30日閲覧。
  39. ^ ‘Conjuring’ Spinoff ‘The Nun’ Lands Summer 2018 Date”. 2017年6月30日閲覧。
  40. ^ Taissa Farmiga Set For New Line’s ‘The Nun’; Spinoff of Sister Vera’s ‘The Conjuring’”. 2017年6月30日閲覧。
  41. ^ Bonnie Aarons to Return as the Demon Sister in ‘The Nun’”. 2017年6月30日閲覧。
  42. ^ Demian Bichir to Star in ‘Conjuring 2’ Spinoff ‘The Nun’”. 2017年6月30日閲覧。
  43. ^ ‘The Conjuring’ Universe Producer Talks Potential Crooked Man Spinoff”. 2017年8月14日閲覧。
  44. ^ James Wan gives update on The Conjuring 3”. 2017年8月14日閲覧。
  45. ^ a b c d e f Conjuring Franchise”. Box Office Mojo. 2016年8月24日閲覧。
  46. ^ The Conjuring (2013)”. Box Office Mojo. 2016年6月17日閲覧。
  47. ^ Annabelle (2014)”. Box Office Mojo. 2016年6月17日閲覧。
  48. ^ The Conjuring 2 (2016)”. Box Office Mojo. 2016年8月24日閲覧。
  49. ^ Annabelle: Creation (2017)”. Box Office Mojo. 2017年9月10日閲覧。
  50. ^ The Nun (2018)”. Box Office Mojo. 2018年9月9日閲覧。
  51. ^ The Curse of La Llorona (2019) - Box Office Mojo”. www.boxofficemojo.com. 2019年4月19日閲覧。
  52. ^ Annabelle Comes Home (2019) - Box Office Mojo”. www.boxofficemojo.com. 2019年7月11日閲覧。
  53. ^ The Conjuring (2013)”. Rotten Tomatoes. 2016年6月12日閲覧。
  54. ^ The Conjuring Reviews”. Metacritic. 2013年7月18日閲覧。
  55. ^ a b c CinemaScore”. CinemaScore. 2016年6月22日閲覧。
  56. ^ Annabelle (2014)”. Rotten Tomatoes. 2015年2月3日閲覧。
  57. ^ Annabelle Reviews”. Metacritic. 2015年2月3日閲覧。
  58. ^ The Conjuring 2 (2016)”. Rotten Tomatoes. 2016年8月11日閲覧。
  59. ^ The Conjuring 2 reviews”. Metacritic. 2016年6月15日閲覧。
  60. ^ Annabelle: Creation (2017)”. Rotten Tomatoes. 2017年6月24日閲覧。
  61. ^ Annabelle: Creation Reviews”. Metacritic. 2017年6月21日閲覧。

外部リンク編集