永澤豊

永澤 豊(ながさわ ゆたか、1956年10月30日 - )は、茨城県を登録地としていた元競輪選手日本競輪学校第37期生。師匠は横田忠夫(5期)。

目次

来歴編集

高校時代は1974年全国高等学校総合体育大会自転車競技大会(インターハイ)のポイントレースで3位、同年同種目の国民体育大会で2位となった。競輪学校時代の在校競走成績は7勝。

1976年5月24日立川競輪場でデビューし、初勝利を挙げた。以降、日本選手権競輪5回、オールスター競輪及び競輪祭ではそれぞれ2回ずつの出場歴がある。

2007年上期(1〜6月)まではS級に在籍していたが、同年下期(7〜12月)にA級陥落。その後2012年下期までA級1班に在籍していたが、2013年上期よりA級2班に降班となった。

2014年9月1日以降、日本競輪学校最年長期の現役選手であった(また、30期代最後の選手でもあった)。

晩年は競走成績の不振により斡旋保留の処分を受けた[1]ことから、2017年1月10日付で選手登録を抹消。通算成績は、3211戦262勝。

脚注編集

  1. ^ 広報KEIRIN、第106号 (PDF) - 4ページ目参照

関連項目編集

外部リンク編集