朝日新聞社杯競輪祭

朝日新聞社杯競輪祭(あさひしんぶんしゃはいけいりんさい)は、小倉競輪場(現在は北九州メディアドームにある)で競輪が創設されたことを記念して行われるGI競走である。競輪ファン・及びメディア(冠スポンサーである朝日新聞系列を除く)では「競輪祭」「小倉競輪祭」と通称される。

朝日新聞社杯競輪祭
概要
開催時期 11月下旬 - 12月上旬
開催地域 小倉競輪場
愛称 競輪祭
分野 競輪
カテゴリー GI
形態 4日間トーナメント
主催者 北九州市
歴史
初回開催年 1951年
開催回数 58回(2016年)
初代優勝者 山本清治
最多優勝者 中野浩一(5回)
直近優勝者 平原康多(2016年)
テンプレートを表示

目次

概要編集

本大会は、当年のKEIRINグランプリへの出場権を賭けた、最後のGI競走である。また、GP/GI競走では唯一本大会のみ開催地が固定されている(他の競走は開催地持ち回り)。

小倉競輪場ではほぼ通年でナイター競走(愛称:スペースナイトレース)が実施されているが、場外発売においてはナイター競走の発売体制が全国的には不十分であることから、競輪祭期間中は昼間開催で行われている。

特別優秀競走は「ダイヤモンドレース」の名称で実施されている。

賞金編集

以下は、決勝戦における各着順の賞金額。( )内は副賞(1〜3着に授与)を含んだ金額。

大会(年) 1着 2着 3着 4着 5着 6着 7着 8着 9着
第58回(2016年)[1] 2,800万円(2,890万円) 1,440万円(1,480万円) 940万円(964万円) 680万円 560万円 470万円 380万円 350万円 330万円

歴史編集

1951年11月21 - 26日に第1回「競輪祭」が開催された。第1回の競輪祭を開催した時には既に各競輪場でも「競輪祭」のタイトルは使われていたが、小倉競輪場が競輪発祥の地である事を意識して当時の通商産業省が他競輪場では「競輪祭」のタイトルを使わぬよう通達を出した[2]。その後は競輪創設より節目となる年に合わせて数年おきに開催されていたが、1963年より毎年の開催に移行された。

かつては「全日本新人王戦」と、「全日本競輪王戦」との別開催による2本立てトーナメントで行われ、1978年までは、前半(前節)3日間が新人王戦、後半(後節)3日間が競輪王戦という日程を組んでいた。そのため、新人王戦の優勝者には競輪王戦への出場資格が与えられ、1963年高原永伍が新人王(当時は新鋭王戦)と競輪王を連続優勝している例もある。1979年より、初日から4日目までは新人王戦と競輪王戦の番組を混在させる形を取り、5、6日目は競輪王戦出場メンバーのみの戦いとなった。KPK制度導入により、1983年4月にS級が設けられて以降、しばらくは新人王戦に出場できる選手はS級に限定されていたものの、後にS級特進条件が厳しくなったことから、A級選手も一部参加できる「S・Aトーナメント」化されたが、1998年に、当時A級選手だった齋藤登志信が優勝したことに対する制度上の批判が上がったことや、1999年に4日間開催に移行したことから、新人王戦は事前に選抜されたメンバー9人による1R一発勝負の方式となった。

2001年度からの競輪の番組制度改革に伴い新人王戦はヤンググランプリに移行し競輪祭からは外されたことで、新人王戦に出場する選手が競輪王戦には出場できず競輪王戦において強力な若手の先行選手が少なくなる状況が解消された。また、競輪祭の開催時期が1月に変更(開催は2002年)され、この開催時期の変更と同時に、朝日新聞社から社杯が授与されるようになり、それに伴い開催名称が競輪祭朝日新聞社杯争奪競輪王決定戦に変更された。

2009年度より開催時期が再び11月に戻されることになったため、2009年は1月(2008年度扱い・第50回大会)[3]と11月20日 - 11月23日(第51回大会)とで、2回開催された。また、大会の正式名称をその第51回大会より現在の名称に改称した[4]

決勝戦のテレビ中継は、主催者に朝日新聞社が含まれていることから、2009年 - 2012年は九州朝日放送制作により、自転車を題材にした特番ドキュメンタリーに内包するという形[5]テレビ朝日系列の放送局のうち一部地域にて放送されたが、テレビ朝日系列局が所在しても同地域内の独立放送局や他系列局での放送となることがあった[6](これまではテレビ西日本( - 1990年まで)、TXN九州→TVQ九州(1991年 - )発で放送されたが、一部でネットされない局などもあった)。 なお、2013年以降はテレビ東京系列で放送されている。

2005年から2012年までの開催では、選手とは別に、各競輪場で実況を担当するアナウンサーファン投票も行われ、その上位4名が競輪祭の実況を1日ずつ担当するという試みがなされていた(ただし各日の前半レースは弥永正宏が担当する年もあった)。

出場選手選抜方法編集

朝日新聞社杯競輪祭の出場選手は、各競輪場の記念競走の決勝で好成績を残した勝負強い選手が選抜される。毎回若干変更・修正されるものの、概ね以下の資格順位により正選手108名、補欠選手8名を選抜する。

  • 選考期間…平均競走得点:当年3月〜8月(6ヶ月)・4日制GIII成績:前年9月〜当年8月(12ヶ月)、選考月…9月、最低出走回数…24出走[7]
  1. S級S班在籍者
  2. 過去3回以上優勝した者(開催時S級1班所属が条件)
  3. 4日制GIII記念競輪およびトラック支援競輪[8]の決勝での1〜3位の回数上位者
    1位の回数が同数の場合は2位の回数の多い選手を、2位の回数が同数の場合は3位の回数の多い選手を順次選抜する
    3位の回数が同数の場合は平均競走得点上位者を優先して選抜する
  4. 残余がある場合は、平均競走得点上位者を順次選抜する

なお、補欠選手は正選手を除く選手のうち4日制GIIIの決勝での1〜3位の回数上位者からさらに順次選抜される。残余があれば、平均競走得点上位者からの選抜となる。

また、正選手のうち、S級S班在籍者と4日制GIIIの決勝での1〜3位の回数上位者の合計27名については、特別選抜予選に出走できる。

勝ち上がり方式編集

かつては6日間開催のトーナメント制であったが、1999年度より大会の体裁が変更され4日間のシリーズで行われるようになった。

初日〜4日目すべて12レース[10]

 優秀  初日 0002日目000 0003日目000 最終日
DMD(1) 準決勝(3)
特選予選(3) 二次予選(6) 00決勝(1)00
一次予選(9)
敗者戦 00-00 (5) (9) (11)
  • 初日
「一次予選」 合計9レース行われ、各レース1〜4着36名が「二次予選」進出。
「特別選抜予選」 一次予選の後に合計3レース行われ、各レース1〜3着9名は無条件で2日目の「ダイヤモンドレース」と、3日目の「準決勝」進出権利が同時に得られる。4〜9着18名は「二次予選」進出。
  • 2日目
「二次予選」 合計6レース行われ、各レース1〜3着18名が「準決勝」進出。
「ダイヤモンドレース」 二次特別選抜予選として、最終レースに行われる。失格にならない限り、9名全員が「準決勝」進出。
  • 3日目
「準決勝」 後半3レース。各レース1〜3着9名が「決勝」進出。
  • 4日目(最終日)
「決勝」 最終レース。上位3着は表彰式で表彰台に上がることができる。また、優勝者には優勝インタビューやウイニングランなどが執り行われる。
「特別優秀」 「決勝」前の合計2レース。「準決勝」各レース4〜6着9名と、二次予選敗退選手による3日目「特選」各レース1〜3着9名の18名により行われる。

その他、2日目以降に予選敗退者を対象とした「特一般」(2日目)、「一般」、「選抜」、「特選」(3日目以降)が開催される。

過去の優勝者編集

全日本競輪王戦および全日本新人王戦の優勝者について記述する。なお第5 - 8回に開催された新人王戦は「新鋭王座」戦[11]として実施。

競輪王決勝日 優勝者 府県 新人決勝 新人王
01 1951年11月26日 山本清治 27大阪
02 1953年11月30日 山地正 37香川
03 1955年11月24日 石田雄彦 30和歌山
04 1958年11月25日 戸上守 40福岡
05 1963年12月02日 高原永伍 14神奈川 05 11月26日 高原永伍
06 1964年11月30日 06 11月24日 木村実成
07 1965年11月29日 加藤晶 26京都 07 11月23日 野寺英男
08 1966年11月28日 吉川多喜夫 14神奈川 08 11月21日 松本秀房
09 1967年11月27日 平間誠記 04宮城 09 11月20日 福島正幸
10 1968年11月25日 伊藤繁 14神奈川 10 11月18日 藤巻昇
11 1969年11月24日 高原永伍 11 11月18日 班目秀雄
12 1970年12月07日 福島正幸 10群馬 12 11月30日 荒川秀之助
13 1971年11月29日 阿部道 04宮城 13 11月23日 山藤浩三
14 1972年11月27日 班目秀雄 07福島 14 11月20日 藤巻清志
15 1973年12月03日 福島正幸 10群馬 15 11月26日 国持一洋
16 1974年11月25日 16 11月18日 渡辺孝夫
17 1975年12月01日 桜井久昭 13東京 17 11月24日 岩崎誠一
18 1976年11月29日 阿部良二 03岩手 18 11月23日 中野浩一
19 1977年11月29日 藤巻清志 14神奈川 19 11月21日 菅田順和
20 1978年11月27日 中野浩一 40福岡 20 11月20日 吉井秀仁
21 1979年11月27日 吉井秀仁 12千葉 21 11月25日 木村一利
22 1980年11月25日 中野浩一 40福岡 22 11月23日 亀川修一
23 1981年11月24日 23 11月22日 北村徹
24 1982年11月23日 井上茂徳 41佐賀 24 11月21日 峰重龍一
25 1983年11月23日 中野浩一 40福岡 25 11月21日 小磯伸一
26 1984年11月27日 井上茂徳 41佐賀 26 11月25日 小門洋一
27 1985年11月27日 27 11月25日 山田英伸
28 1986年11月25日 山口健治 13東京 28 11月25日 俵信之
29 1987年11月24日 中野浩一 40福岡 29 11月22日 鈴木誠
30 1988年11月28日 山口健冶 13東京 30 11月26日 長谷部純也
31 1989年11月28日 波潟和男 31 11月26日 神山雄一郎
32 1990年11月27日 滝澤正光 12千葉 32 11月25日 紫原政文
33 1991年11月26日 小橋正義 33岡山 33 11月24日 高木隆弘
34 1992年11月25日 吉岡稔真 40福岡 34 11月23日 児玉広志
35 1993年11月25日 35 11月23日 澤田義和
36 1994年11月28日 36 11月26日 横田努
37 1995年11月27日 神山雄一郎 09栃木 37 11月25日 金山栄治
38 1996年11月25日 38 11月23日 太田真一
39 1997年11月26日 39 11月24日 手島慶介
40 1998年11月25日 加倉正義 40福岡 40 11月23日 齋藤登志信
41 1999年11月23日 小倉竜二 36徳島 41 11月23日 吉村和之
42 2000年11月26日 神山雄一郎 09栃木 42 11月26日 加藤慎平
43 2002年1月27日 山田裕仁 21岐阜 以降はヤンググランプリに移行
44 2003年1月26日
45 2004年1月25日 小橋正義 15新潟
46 2005年1月30日 後閑信一 10群馬
47 2006年1月29日 小倉竜二 36徳島
48 2007年1月28日 山崎芳仁 07福島
49 2008年1月27日 井上昌己 42長崎
50 2009年1月25日 山崎芳仁 07福島
51 2009年11月23日 平原康多 11埼玉
52 2010年12月05日 海老根恵太 12千葉
53 2011年12月04日 長塚智広 08茨城
54 2012年12月02日 武田豊樹
55 2013年12月01日 金子貴志 23愛知
56 2014年11月24日 平原康多 11埼玉
57 2015年11月23日 武田豊樹 08茨城
58 2016年11月27日 平原康多 11埼玉

女子優勝者編集

競輪王決勝日 優勝者 府県
01 1951年11月26日 木本登美子 27大阪
02 1953年11月30日 立川玉子 33岡山
03 1955年11月24日 田中和子 29奈良

今後の開催予定編集

  • 第59回 - 2017年(平成29年)11月23日 - 26日
  • 第60回 - 2018年(平成30年)11月22日 - 25日

脚注編集

  1. ^ 第58回朝日新聞社杯競輪祭(GⅠ)(SK3) 副賞を含まない金額
  2. ^ ●競輪祭は小倉だけではなかった!?
  3. ^ 平成21年度特別競輪等の開催場等について
  4. ^ 平成21年度特別競輪等の一部開催名称の決定及びSSカップ(仮称)の20年度前倒し開催の決定について
  5. ^ 締め切り前のオッズ表示や展開予想などは一切行っておらず、レースに関しては発走直前〜着順確定の間だけ放送。
  6. ^ 2012年度のネット局は、BS日テレ日本テレビ系のBS放送)、テレビ神奈川テレビ埼玉チバテレビとちぎテレビ群馬テレビ(以上JAITS)、メ~テレ朝日放送(以上テレビ朝日系列)、テレビ高知熊本放送(以上TBS系列
  7. ^ 2014年の第56回朝日新聞社杯競輪祭のみ、一部選手を対象に18出走へと急遽変更された。
  8. ^ 朝日新聞社杯競輪祭(GI)の出場選手選抜方法の一部改正について - KEIRIN.JP・2016年12月14日(2017年より3日制のトラック支援競輪は選考から除外される)
  9. ^ 平成29年度寛仁親王牌・競輪祭・全日本選抜【GI】概定番組変更について - KEIRIN.JP、2017年8月24日(平成29年度寬仁親王牌世界選手権記念トーナメント・朝日新聞社杯競輪祭・読売新聞社杯全日本選選抜【GI】概定番組
  10. ^ 2016年大会までは、4日目(最終日)のみ全11レースしか設定されないため、3日目「一般」各レース7〜9着9名が最終日を待たずに強制的に(失格はなくても)途中帰郷(「お帰り」)させられていた[9]
  11. ^ 月刊競輪Web 2012年年間記録集 (PDF) の29ページ

外部リンク編集