メインメニューを開く

江口 行男(えぐち ゆきお、1915年4月4日 - 没年不明)は、愛知県[3]出身のプロ野球選手。右投右打で、ポジションは一塁手二塁手

江口 行男
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県
生年月日 (1915-04-04) 1915年4月4日
没年月日 没年不明
身長
体重
168 cm
60 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 一塁手二塁手
プロ入り 1936年
初出場 1936年4月29日[1]
最終出場 1942年5月24日[2]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

来歴・人物編集

享栄商業では第10回選抜中等学校野球大会一塁手として出場[3]。準々決勝まで進出し、準々決勝は野口明杉浦清鬼頭数雄らがいた同県の中京商業に3-1で敗れた[3]。卒業後は立命館大学へ進学し、1934年日米野球では、全日本選抜メンバーに選ばれた[4]。日米野球終了後、大日本東京野球倶楽部の創立に参加し、アメリカ遠征にも参加。背番号14[5]を与えられ、アメリカ遠征に参加。

1936年二出川延明と共に名古屋金鯱軍へ移籍[3](日本球界初の移籍と言われている)。1938年の春季リーグでは、14盗塁で盗塁王のタイトルを獲得した[3]。このシーズン終了後に退団(1度目の応召があった物と言われている)し、1941年阪急軍でプロへ復帰した[3]1942年に再び応召されて引退[3]、戦時中に病死した。 長い歴史を持つ、日本プロ野球史上で唯一「雅号」を持つ選手として知られ、「江口梧人」と言う名で友人達と演劇に関する同人誌を発行していたと伝わる[6](竹中半平・著『背番号への愛着』より引用)。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1936春夏 金鯱 12 52 44 10 14 2 1 0 18 4 4 -- 2 -- 7 -- 0 6 -- .318 .412 .409 .821
1936 6 26 22 4 5 0 0 0 5 0 0 -- 1 -- 3 -- 0 4 -- .227 .320 .227 .547
1937 49 168 134 12 36 4 1 0 42 12 6 -- 8 -- 23 -- 3 11 -- .269 .388 .313 .701
1937 49 223 197 22 49 3 2 1 59 15 8 -- 3 -- 23 -- 0 15 -- .249 .327 .299 .627
1938 35 158 129 21 33 1 1 0 36 11 14 -- 6 -- 23 -- 0 11 -- .256 .368 .279 .647
1941 阪急 16 25 24 1 5 1 0 0 6 1 3 -- 0 -- 1 -- 0 2 -- .208 .240 .250 .490
1942 25 94 84 7 11 0 0 0 11 3 0 0 2 -- 7 -- 1 5 -- .131 .207 .131 .337
通算:5年 192 746 634 77 153 11 5 1 177 46 35 0 22 -- 87 -- 4 54 -- .241 .337 .279 .616
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル編集

背番号編集

  • 10 (1934年、日米野球時)[4]
  • 14 (1935年)[7]
  • 2 (1936年 - 1938年春)[8]
  • 7 (1941年 - 1942年)[9]

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 1936年名古屋金鯱・スタメンアーカイブ
  2. ^ 1942年阪急・スタメンアーカイブ
  3. ^ a b c d e f g プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、88ページ
  4. ^ a b 野球回廊(1934年日米野球登録選手)
  5. ^ 巨人軍で最初に背番号14を付けた人物であり、江口の後に付けたのが沢村栄治である。沢村以降は、今泉勝義坂本茂が着用した後、1947年7月9日に永久欠番となった。
  6. ^ 職業野球!実況中継(江口梧人)
  7. ^ 背番号Maniax(読売ジャイアンツ 背番号14)
  8. ^ 背番号Maniax(名古屋金鯱 背番号2)
  9. ^ 背番号Maniax(オリックス・バファローズ 背番号7)