メインメニューを開く

江木 理一(えぎ りいち、1890年4月10日 - 1970年2月16日)は日本の元軍人、元NHKアナウンサーラジオ体操の初代担当アナウンサーとして知られている。

人物編集

福島県出身。1928年陸軍戸山学校軍楽隊楽長から社団法人日本放送協会東京中央放送局に入局[1]。同年11月1日昭和天皇の御大典記念事業の一環として放送開始されたラジオ体操を担当。以後1939年の引退まで10年半余無欠勤で勤めた。

第一回の放送時、緊張のあまり江木はマイクの前での第一声で「気をつけ!」と号令をかけてしまった。これにはさすがに不評を買い、翌日からは「皆さん、お早うございます。」に変更したというエピソードがある。

また、1936年2月26日早朝の二・二六事件の発生時、愛宕山の東京中央放送局に出勤する江木の行く手を遮った決起部隊の兵士に「アナウンサーの江木だ。これからラジオ体操の号令をかけに行く」との一言で道が開けたとの逸話がある。

「全国の皆さーん、おはようございます。さあ、きょうも元気で、体操を始めていただきましょう」という独特の号令が国民に大人気となった。

脚注編集

  1. ^ 同期に橘内英次(旧姓・石母田)、薄田太郎津島定一三原登美(旧姓・河村)。

外部リンク編集