河合秀和 (政治学者)

日本の政治学者

河合 秀和(かわい ひでかず、1933年4月28日 - )は、日本政治学者学習院大学名誉教授。専門は比較政治イギリス政治。

経歴編集

京都市生まれ。1956年東京大学法学部を卒業[1]。学習院大学法学部教授[注釈 1] を経て、中部大学国際関係学部特任教授。2008年3月末を以て中部大学特任教授を退任。
2011年瑞宝中綬章を受章[2]

著書編集

単著編集

共編著編集

訳書編集

  • E・P・トムスン『新しい左翼――政治的無関心からの脱出』 (福田歓一・前田康博共訳、岩波書店, 1963年)
  • F・W・ディーキン/G・R・ストーリィ『ゾルゲ追跡――リヒアルト・ゾルゲの時代と生涯』(筑摩書房, 1967年、筑摩叢書, 1980年、岩波現代文庫 上下, 2003年)
  • モッシェ・レヴィン『レーニンの最後の闘争』(岩波書店, 1969年)
  • J・フランケル『外交における政策決定』(東京大学出版会, 1970年)
  • D・コート『ヨーロッパの左翼』(平凡社[世界大学選書], 1970年)
  • ヴェド・メータ『ハエとハエとり壷――現代イギリスの哲学者と歴史家』(みすず書房, 1970年)
  • J・フランケル『国益――外交と内政の結節点』(福村出版, 1973年)
  • アイザイア・バーリン『ハリネズミと狐――『戦争と平和』の歴史哲学』(中央公論社, 1973年/岩波文庫, 1997年)
  • レオナード・シャピーロ『全体主義――ヒットラームッソリーニスターリン』(福村出版, 1977年)
  • J・ジョル『グラムシ』(岩波書店[岩波現代選書], 1978年)
  • R・ベンディクス『国民国家と市民的権利(1)西欧社会の転換と公権力』(岩波書店[岩波現代選書], 1981年)
  • R・ベンディクス『国民国家と市民的権利(2)ロシア、ドイツ、日本、インドにおける政治社会の形成』(岩波書店[岩波現代選書], 1981年)
  • バーナード・クリック『ジョージ・オーウェル――ひとつの生き方(上・下)』(岩波書店, 1983年-1984年、新版・岩波モダンクラシックス, 2000年)
  • E・P・トムスン『ゼロ・オプション――核なきヨーロッパをめざして』(岩波書店[岩波現代選書], 1983年)
  • アイザイア・バーリン『バーリン選集(1)思想と思想家』(福田歓一と編、岩波書店, 1983年)
    • 『バーリン選集(2)時代と回想』(岩波書店, 1983年)
    • 『バーリン選集(3)ロマン主義と政治』(岩波書店, 1984年)
    • 『バーリン選集(4)理想の追求』(福田歓一・田中治男松本礼二と編、岩波書店, 1992年)
  • イヴァン・T・ベレンド『ヨーロッパの危険地域――東欧革命の背景をさぐる』(岩波書店, 1990年)
  • バートランド・ラッセル『ロシア共産主義』(みすず書房, 1990年、新版2007年)
  • バートランド・ラッセル『ドイツ社会主義』(みすず書房, 1990年、新版2007年)
  • 聞き手R・ジャハンベグロー『ある思想史家の回想――アイザィア・バーリンとの対話』(みすず書房, 1993年)
  • エリック・ホブズボーム『20世紀の歴史――極端な時代(上・下)』(三省堂, 1996年)
  • J・B・エルシュテイン『裁かれる民主主義』(岩波書店, 1997年)
  • シリア・サンズ『少年チャーチルの戦い』(集英社, 1998年)
  • エリック・ホブズボーム, アントーニオ・ポリート『21世紀の肖像――歴史家ホブズボームが語る』(三省堂, 2000年)
  • ロバート・サーヴィス『レーニン(上・下)』(岩波書店, 2002年)
  • エリック・ホブズボーム『わが20世紀――面白い時代』(三省堂, 2004年)
  • J・L・ガディス『冷戦――その歴史と問題点』(彩流社, 2007年) 鈴木健人共訳
  • ジョン・グレイ『バーリンの政治哲学入門』(岩波書店、2009年)
  • イレーナ・パウエル『ホロコーストを生き抜く――母の伝記と娘の回想』(彩流社, 2018年)、翻訳協力・早坂眞理

脚注編集

注釈
  1. ^ 教え子に、その後筑波大学教授になった中村逸郎など。
出典
  1. ^ 河合秀和”. 著者・訳者から探す. みすず書房. 2022年2月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月28日閲覧。
  2. ^ 2011年「秋の叙勲」受章者”. 学習院桜友会. 2021年3月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月28日閲覧。