河路 由佳(かわじ ゆか、1959年8月 - )は、日本日本語教育学者歌人。専門は日本語教育学日本語教育史杏林大学外国語学部特任教授博士(学術)一橋大学)。現代歌人協会日本文藝家協会会員。

経歴編集

慶應義塾女子高等学校慶應義塾大学経済学部卒業、慶應義塾大学大学院文学研究科国文学専攻修士課程修了、一橋大学大学院言語社会研究科博士後期課程単位取得退学。2004年、一橋大学 博士(学術) 論文は「戦時体制下における「国際文化事業」としての日本語教育の展開 : 1934-1945年の国際文化振興会と国際学友会」[1]

高校在学中より木下順二山本安英朗読演劇を学んだ。短歌結社「新暦」に所属し、歌人としても活動。1997年、第15回現代短歌評論賞優秀作受賞。

1988年(財)国際学友会日本語学校専任教員。1991年西安交通大学(中国)外語系日本語科講師。1994年東京農工大学留学生センター講師。2001年助教授。2004年東京外国語大学外国語学部助教授。2008年教授。2009年同大学総合国際学研究院教授(言語文化部門・言語研究系、大学院重点化に伴う配置換え)。2015年に改組に伴い同大学国際日本学研究院教授。2016年3月に退職し、一橋大学大学院言語社会研究科特別研究員。2017年新宿日本語学校特任副校長、2019年東洋大学国際教育センター講師[2]2020年より現職。

東京外国語大学では2004年度入学生から始まった学部・大学院5年一貫制の日本語教育学特化コースの代表を務めた(第8期、2011年度入学生を最後に、学部改組に伴ってコースは終了した)。2004年秋より(財)言語文化研究所の所外研究員を務め、2009年度に同研究所が学校法人長沼スクールに移行するのに伴い、旧日本語教育振興会から引き継がれた資料を中心に、蔵書の一部が東京外国語大学図書館に寄贈され、2012年度に同図書館の、戦前・戦中・占領期日本語教育資料(通称:長沼直兄文庫)として、電子公開されるに際して、送り出しと受け入れの両側から尽力した。

編著書編集

  • 第一歌集『日本語農場』 ながらみ書房,1995
  • 『進学する人のための日本語初級 教師用指導書』(共著)国際学友会日本語学校,1997
  • 第二歌集『百年未来』角川書店,2000
  • 河路由佳岩崎良子『三十一文字の日本語――現代短歌から古代歌謡へ――』,おうふう,2000
  • 河路由佳淵野雄二郎野本京子『戦時体制下の農業教育と中国人留学生』農林統計協会,2003
  • 『非漢字圏留学生のための日本語学校の誕生』港の人,2006
  • 『国際学友会「日本語教科書」全7冊合本1940-1943』港の人,2006
  • 第三歌集『魔法学校』 角川書店,2008
  • 『日本語教育と戦争ー〈国際文化事業〉の理想と変容』新曜社,2011
  • ドナルド・キーン共著『ドナルド・キーン わたしの日本語修行』白水社,2014
  • 中島敦マリヤン」とモデルのマリア・ギボン』港の人,2014
  • 第四歌集『夜桜気質』短歌研究社,2015
  • 『日本語学習・教育の歴史ー越境することばと人びと』東京大学出版会,2016

脚注編集

[脚注の使い方]