メインメニューを開く

河野 康子(こうの やすこ、1946年-)は、日本政治学者法政大学名誉教授。専門は、日本政治史、日本政治外交史、日米関係論。

目次

略歴編集

学歴編集

  • 1969年 津田塾大学学芸学部 卒業
  • 1975年 上智大学大学院外国語学研究科国際関係論専攻 修士課程修了(国際関係学修士)
  • 1983年 東京都立大学大学院社会科学研究科政治学専攻 修士課程修了(法学修士)
  • 1990年 法学博士(東京都立大学)

職歴編集

  • 1986年 東京都立大学法学部 助手
  • 1990年 立教大学法学部 非常勤講師
  • 1991年 東京都立大学法学部 非常勤講師
  • 1993年 法政大学法学部政治学科 教授
  • 1995年 同大学大学院社会科学研究科政治学専攻 教授
  • 1996年 九州大学大学院 非常勤講師
  • 2017年 法政大学名誉教授

政府委員歴編集

  • 2009年 外務省いわゆる日米「密約」問題に関する有識者委員、文部科学省教科用図書検定調査審議会委員
  • 2015年 外務省『日本外交文書』編纂委員

受賞歴編集

  • 1995年 『沖縄返還をめぐる政治と外交ー日米関係史の文脈』で大平正芳記念賞を受賞。

著書編集

単著編集

  • 『沖縄返還をめぐる政治と外交――日米関係史の文脈』(東京大学出版会、1994年)
  • 『日本の歴史(24巻)戦後と高度成長の終焉』(講談社、2002年)

編著編集

  • 福永文夫共編『戦後とは何か(上下)政治学と歴史学の対話』(丸善出版、2014年)
  • 奥健太郎共編『自民党政治の源流-事前審査制の史的検証』(吉田書店、2015年)
  • 渡邉昭夫共編『安全保障政策と戦後日本 1972~1994-記憶と記録の中の日米安保』(千倉書房、2016年)
  • 平良好利共編『対話 沖縄の戦後 政治・歴史・思考』(吉田書店、2017年)

監修編集

  • 『英語で読む日本史』増補第2版(講談社バイリンガルブックス、2006年)
  • 『グローバル化と日本の政治・経済-TPP交渉と日米同盟のゆくえ』(芦書房、2014年)

共著編集

外部リンク編集