メインメニューを開く

福永 文夫(ふくなが ふみお、1953年9月12日[1] - )は、日本の政治学者歴史学者獨協大学教授。専門は、日本政治外交史・政治学。

兵庫県生まれ。1976年神戸大学法学部卒業後、1985年同大学院法学研究科博士課程単位取得満期退学。大学院時代に五百籏頭真のもとで学ぶ。獨協大学法学部総合政策学科教授。2015年『日本占領史』で読売・吉野作造賞受賞。

研究テーマは、占領期から戦後日本の政党政治。日本占領史研究会の後継である占領・戦後史研究会代表。

著書編集

  • 『占領下中道政権の形成と崩壊―民政局日本社会党』(岩波書店、1997年)
  • 『戦後日本の再生―1945年~1964年』(丸善、2004年)
  • 大平正芳―「戦後保守」とは何か』(中公新書、2008年)
  • 『日本占領史 1945~1952―東京・ワシントン・沖縄』(中公新書、2014年)

共編著編集

編纂史料編集

  • 『GHQ民政局資料・占領改革/第2巻選挙法・政治資金規正法』 丸善 1997年
  • 『GHQ民政局資料・占領改革/第3巻議会・政党』 丸善 1999年
  • 『GHQ民政局資料・占領改革/第10巻経済・社会・文化』 丸善 2000年
  • 『GHQ民政局資料・占領改革/別巻・民政局資料総索引』天川晃共編、丸善 2002年
  • 芦田均日記 1905-1945』全5巻、下河辺元春共編 柏書房 2012年
  • 河上丈太郎日記 1949-1965年』「関西学院と社会運動人脈」研究会共監修、関西学院大学出版会 2014年
  • 森田一 大平正芳秘書官日記』井上正也編、東京堂出版 2018年。1970年代の日記

脚注編集

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.340