メインメニューを開く

泉の森(いずみのもり)は、神奈川県大和市にある公園である。引地川水源地を中心に、国道246号を挟むようにして約42ヘクタールが整備されている。特別緑地保全地区[1]

泉の森
Izuminomori Park 01.jpg
分類 特別緑地保全地区[1]
所在地
神奈川県大和市上草柳1728番地
面積 42ha
運営者 大和市
駐車場 合計156台(臨時を含む)
アクセス 大和市コミュニティバス「泉の森」下車
相模大塚駅から徒歩約15分
大和駅から徒歩約25分
鶴間駅から徒歩約25分
事務所 自然観察センター
公式サイト http://www.yamato-zaidan.or.jp/izumi

目次

概要編集

一帯はかつて引地川沿いの谷戸田だった。しかし都市化が進むと雨量の流入が多くなり、洪水が発生するようになった[2]。そこで1982年(昭和57年)に上草柳調整池を整備し、周囲を公園として開放した。

水源地を含み緑地が多いのが特徴となっている。設備としては、湿生植物園、緑のかけ橋、水車小屋、郷土民家園、ふれあいキャンプ場、自然観察センター・しらかしのいえなどがある。

設備編集

湿生植物園編集

湿生植物園
郷土民家園の農家
豊かな自然が残る

湿生植物園にある主な植物としてはハナショウブアヤメハンゲショウタコノアシなどであり、湿生地ならではの植物が自生している。

緑のかけ橋編集

この橋は米マツを利用した斜張橋であり、建設省による「手づくり郷土賞」、アメリカ木造協会木橋部会の「木造橋賞歩道橋部門」で第1位を獲得した。

水車小屋編集

1990年平成2年)に完成。二年をかけて作られた。

郷土民家園編集

この場所には18世紀19世紀に建てられた民家が保存されている。その貴重な昔の家を生かしてさまざまなイベントが開催されている。

ふれあいキャンプ場編集

キャンプ用の建物には岐阜県郡上市(旧大和町)特産であるが使用されている。施設内は炊事場、野外卓、トイレステージ事務所 などがあり、予約の空きがあれば無料で使用できる。

自然観察センター・しらかしのいえ編集

自然を学ぶための施設で、さまざまな展示や図書室、泉の森を一望できる展望デッキがある。運営はボランティアが協力している。

脚注編集

  1. ^ a b 都市公園には該当しないという。cf. 「平成22年一般会計補正予算」 - 大和市議会議事録
  2. ^ 泉の森の沿革 - 公式サイト

関連項目編集

公式サイト編集