法輪寺 (京都市西京区)

京都市西京区にある仏教寺院

法輪寺(ほうりんじ)は、京都市西京区嵐山虚空蔵山町にある真言宗五智教団[1]寺院山号は智福山[2]本尊虚空蔵菩薩

法輪寺
Horinji Kyoto.jpg
本堂
所在地 京都府京都市西京区嵐山虚空蔵山町68
位置 北緯35度0分36.85秒 東経135度40分37.11秒 / 北緯35.0102361度 東経135.6769750度 / 35.0102361; 135.6769750座標: 北緯35度0分36.85秒 東経135度40分37.11秒 / 北緯35.0102361度 東経135.6769750度 / 35.0102361; 135.6769750
山号 智福山
宗旨 古義真言宗
宗派 真言宗五智教団
本尊 虚空蔵菩薩(秘仏)
創建年 伝・和銅6年(713年
開山 伝・行基
開基 伝・元明天皇(勅願)
正式名 智福山法輪寺
別称 虚空蔵法輪寺
嵯峨虚空蔵(嵯峨の虚空蔵さん)
木上山法輪寺、木上山法林寺(貞観16年(874年)から)、木上山葛野井寺、木上山葛井寺(かずのいでら)
漆寺
札所等 京都十三仏霊場第13番
文化財 木造持国天多聞天立像(重要文化財
公式サイト 嵐山 虚空蔵法輪寺
法人番号 9130005001360 ウィキデータを編集
法輪寺 (京都市西京区)の位置(京都市内)
法輪寺 (京都市西京区)
テンプレートを表示

概要編集

名勝嵐山の山腹に位置する。本尊の虚空蔵菩薩は「嵯峨の虚空蔵さん(さがのこくうぞうさん)」として親しまれ、陸奥国会津柳津円蔵寺伊勢国朝熊山(あさまやま)の金剛證寺とともに「日本三大虚空蔵」と称される。古くは『今昔物語集』・『枕草子』・『平家物語』などにその名が見え、知恵、芸事の上達、また丑年・寅年生まれの守り本尊として信仰を集める。十三詣り針供養[3]祖神の寺としても著名である[4]。さらに境内には、電気・電波を守護する鎮守社である電電宮が祀られている[5]

歴史編集

寺伝によれば、もともとこの地には始皇帝の子孫である弓月君(融通王)の一族・秦氏が建てた葛野井宮(かずのいぐう)があり、三光明星尊が祀られていたという。 その地に和銅6年(713年)になり、行基元明天皇の勅願によって国家安穏、五穀豊穣、産業の興隆を祈願する木上山葛井寺(かづのいでら)として堂舎を建立したのが当寺の始まりであるという[2]

以後は真言宗寺院として歴代天皇勅願所となり、勤操空海覚鑁明恵日蓮などが参籠したという。

天長6年(829年)、空海の弟子である道昌が当寺に虚空蔵菩薩像を安置したという。また、道昌は大堰川を修築し、承和3年(836年)にはそこに当寺への参詣道でもある法輪寺橋を掛けている。この橋は後に亀山上皇によって渡月橋とも呼ばれるようになった(江戸時代までは正式名を法輪寺橋といった)。

貞観10年(868年)には寺名を法輪寺と改めたという[1]

貞観16年(874年)に山腹を切り開いて堂を改修し、天慶年間(938年 - 947年)に空也が参籠して勧進し新たに堂塔が建てられたという。

応仁元年(1467年)、応仁の乱の際に西軍の畠山義就が東軍の成身院光宣を当寺の門前で迎撃した際に戦火を受けて罹災し、以後衰微してしまった。

慶長2年(1597年)に後陽成天皇により法輪寺再興勧進の勅旨を下賜され、前田利長の帰依を得て堂塔が再建された。その際、「智福山」の山号を天皇より賜っている。慶長11年(1607年)9月に盛大な落慶法要が行われた。

元治元年(1864年)7月の禁門の変(蛤御門の変)の時、長州藩の軍勢が対岸の天龍寺に駐屯して幕府軍や薩摩藩と合戦を行った際に巻き込まれて全焼した[2]

1884年明治17年)に本堂が再建されて以後も堂塔の再建が行われ、1914年大正3年)に復興がなされた。

戦後に真言宗五智教団に所属するようになった。

当寺の本尊である虚空蔵菩薩が丑年・寅年の守り本尊であるため、狛と狛が置かれているほか、虚空蔵菩薩の使いとされるの像も置かれている。

境内編集

文化財編集

 
法輪寺参詣曼荼羅

重要文化財編集

京都府指定歴史資料編集

行事編集

  • 針供養 - 2月8日[7]。大きなコンニャクに、諸々の色糸をつけた大針を刺して供養し、針仕事の技術上達を祈願する。平安時代清和天皇によって針供養の堂が当寺に建立されたことが由緒とされる[8]
  • 芸能上達祈願祭 - 3月10日[7]。茂山社中による奉納狂言が行われる。
  • 十三詣り - 3月13日-5月13日4月13日の前後1か月)および10月-11月[7]。本来は旧暦3月13日新暦の4月13日)。「知恵詣り」とも呼ぶ。数え年で13歳になった男女が、健康を願い参詣する。また、お詣りが済んだ後の帰路、渡月橋を渡るまで、後ろを振り返ると知恵が本堂に帰ってしまうという言い伝えがある。
  • 重陽節句 - 9月9日[7]。陽数の極限の数字である「九」が重なるという意味で重陽という。菊酒を飲み、厄を祓い長寿を願って、「菊の被綿(きせわた)」という、前夜に菊に被せた綿に降りた露で身体を拭くと、長寿になると伝えられる。また、重陽の日に摘んだ菊の花を乾燥させ枕に詰めた「菊枕」は、菊の香りで長寿になると伝えられている。
  • 針供養 - 12月8日[7]。全国から集まった廃針の法要を営む。読経後、古式装束の織姫が舞って、諸芸上達の福を授ける。
  • 獣魂法要 - 毎年4月中旬、参道入口の獣魂碑前にて京都市食肉協同組合が主催し、畜肉の獣魂を慰霊する法要が行なわれる。

前後の札所編集

京都十三仏霊場
12 教王護国寺 - 13 法輪寺

交通アクセス編集

脚注編集

  1. ^ a b 第十三番 虚空蔵菩薩 法輪寺”. 京都十三佛霊場. 京都十三佛霊場会. 2018年3月8日閲覧。
  2. ^ a b c d 法輪寺について”. 虚空蔵法輪寺. 法輪寺. 2018年3月8日閲覧。
  3. ^ 法輪寺(ほうりんじ)”. ほっこり京都生活. わかさ生活. 2018年3月8日閲覧。
  4. ^ うるし祭り”. 京都観光Navi. 京都市観光協会. 2020年8月9日閲覧。
  5. ^ 電電宮”. 虚空蔵法輪寺. 法輪寺. 2018年3月8日閲覧。
  6. ^ 京都府指定・登録等文化財”. 京都府教育庁. 2015年2月16日閲覧。
  7. ^ a b c d e 法輪寺年間行事予定”. 虚空蔵法輪寺. 法輪寺. 2018年3月8日閲覧。
  8. ^ 針供養”. 京都観光 Navi. 京都市観光MICE推進室. 2018年3月8日閲覧。
  9. ^ a b c d 法輪寺”. 京都観光・旅行. 2018年3月8日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集