メインメニューを開く

津田 四郎(つだ しろう、1908年9月8日 - 1965年2月23日)は、兵庫県氷上郡柏原町出身の元プロ野球選手捕手内野手外野手)、プロ野球審判員

津田 四郎
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県氷上郡柏原町
生年月日 (1908-09-08) 1908年9月8日
没年月日 (1965-02-23) 1965年2月23日(56歳没)
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手内野手外野手
プロ入り 1935年
初出場 1936年7月1日
最終出場 1937年11月26日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
審判員

目次

人物編集

旧制関西中学校卒業後、中国大陸へ渡って満洲電信電話社員として勤務しながらノンプロ野球チームである大連実業團に入ってプレーする。大連実業のメンバーとして第2回全日本都市対抗野球大会(1928年)に出場している。その後、奉天日満実業團へ移ってプレーした。

1934年、日本へ戻ると大日本東京野球倶楽部(現在の巨人軍)結成に加わり[1]、翌年の第一次アメリカ合衆国遠征に参加した。

1936年、第二次アメリカ合衆国遠征に際して田部武雄の後を受けて第3代巨人軍主将に任命される[2]。同年の7月1日早稲田大学戸塚球場で挙行された『日本職業野球連盟結成記念大会』での対名古屋軍(現在の中日ドラゴンズ)戦で、中山武の代走で職業野球選手として公式戦初出場を果たした[3]。また、1937年秋のリーグ戦開幕戦の対大阪タイガース戦(西宮球場)では7番・二塁手で先発出場している[4]。捕手としての出場記録もあり、沢村栄治とバッテリーを組んだこともあった。

1938年軍隊召集の為に巨人軍を離れる。1941年、召集解除と共に巨人軍に復帰したが、ほどなくして退団し、日本野球連盟審判員に転向する。一時国民野球連盟審判員も務めたが、1948年に再び日本野球連盟に復帰して審判員も務めた。1949年4月14日、日本野球連盟リーグ戦の巨人対南海ホークス戦(後楽園球場)で発生した『三原ポカリ事件』は自身の判定に対する巨人軍:三原脩監督の抗議が発端となっている[5]

1950年二リーグ分裂後は、セントラル・リーグ審判員となった。1950年3月10日のセントラル・リーグ開幕戦となった巨人対松竹ロビンス戦(福岡平和台野球場)では球審を務めた[6]。また1959年6月25日、昭和天皇並びに香淳皇后が初めてプロ野球を観戦した(『天覧試合』)、巨人対大阪タイガース第11回戦(後楽園球場)では一塁塁審を務めた。

1961年の日本シリーズ(巨人対南海戦)に審判として出場した後、セントラル・リーグ二軍養成責任審判員を務めた。

1965年2月23日、セントラル・リーグ審判員のままで胃がんの為、東京慈恵会医科大学附属病院にて死去[7]。56歳没。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1936春秋 巨人 4 7 7 1 1 0 0 0 1 0 0 -- 0 -- 0 -- 0 4 -- .143 .143 .143 .286
1936秋 12 22 19 0 2 0 0 0 2 3 2 -- 0 -- 3 -- 0 5 -- .105 .227 .105 .333
1937 10 11 11 4 4 1 0 0 5 2 2 -- 0 -- 0 -- 0 0 -- .364 .364 .455 .818
1937 10 24 22 3 6 0 0 0 6 1 1 -- 0 -- 2 -- 0 2 -- .273 .333 .273 .606
通算:2年 36 64 59 8 13 1 0 0 14 6 5 -- 0 -- 5 -- 0 11 -- .220 .281 .237 .519

背番号編集

  • 13(1935年)
  • 2(1936年 - 1937年、1941年)

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 『宇佐美徹也の記録 巨人軍65年―栄光の巨人軍65年の歩み』宇佐美徹也著・11頁
  2. ^ 『日米野球史—メジャーを追いかけた70年』 波多野勝・著 70頁
  3. ^ 津田四郎 野球回廊
  4. ^ 1937年秋 東京巨人 スターティングメンバー 日本プロ野球私的統計会
  5. ^ 巨人軍5000勝の記憶読売新聞社ベースボールマガジン社、2007年。ISBN 9784583100296。p.21 - 22 (田村大五執筆)
  6. ^ 2リーグ開幕第1戦の審判ラインナップ(1950年) 野球史探求
  7. ^ 読売新聞 1965年2月23日付夕刊社会面