浅尾 大輔(あさお だいすけ、1970年5月8日 - )は、日本小説家

略歴編集

愛知県新城市出身。母・えいこは元・新城市議会議員。また、新城市の隣の豊川市議会議員の安間寛子は実姉[1]東栄町町議会議員の浅尾もとこは配偶者。

名古屋大学法学部在学中の1992年、日本共産党創立70年記念の文芸作品募集に応募し、小説「ストレンジ・デイズ」が佳作入賞する。この作品は1993年に雑誌『文化評論』に掲載された。その後、しんぶん赤旗記者や日本共産党職員として勤務。その後は国公労連オルグとしても活動した。1995年には第1回民主文学新人賞に応募、小説「ラウンド・ツウ」が佳作入賞。1997年、小説「ボンネットバス」で第1回伊豆文学賞優秀賞受賞。日本民主主義文学会に所属し、いくつかの作品を発表する。

2003年、小説「家畜の朝」が第35回新潮新人賞を受賞する。その後、評論家大澤信亮や画家増山麗奈らとともに、かもがわ出版から雑誌『ロスジェネ』を発行、2010年の終刊まで編集長をつとめる。

論座』2008年9月号にて吉本隆明との対談が掲載される。

2009年、第1創作集『ブルーシート』を、朝日新聞出版から刊行。

著書編集

  • 辻井喬『心をつなぐ左翼の言葉』聞き手 かもがわ出版 2009
  • 『ブルーシート』朝日新聞出版 2009
  • 『新解マルクスの言葉』バジリコ 2013

脚注編集

  1. ^ ただし安間は豊川市との合併前の旧一宮町時代に「浅尾寛子」で出馬、当選。その後養子縁組で改姓し、豊川市市議増員選挙や市町村合併後の豊川市議会選挙でも当選を重ねている

外部リンク編集