メインメニューを開く

浅沼 寿紀(あさぬま としのり、1989年7月21日 - )は、北海道旭川市出身の元プロ野球選手外野手)。左投左打。

浅沼 寿紀
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 北海道旭川市
生年月日 (1989-07-21) 1989年7月21日(30歳)
身長
体重
181 cm
77 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手一塁手
プロ入り 2007年 高校生ドラフト7巡目
初出場 2013年4月24日
最終出場 2013年5月3日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

プロ入り前編集

高校生時代は旭川南高校に在籍。2007年第79回選抜高等学校野球大会の北海道大会では8試合全て投げ抜き、同高校を選抜高校野球大会初出場に導いた。1回戦の創造学園大学附属高校戦では9回を投げ1失点と好投するが、味方打線が持ち味の機動力を完全に封じられて1-0で敗退した。第89回全国高等学校野球選手権大会北北海道大会では同高校のエース兼四番兼主将を務めたが、腰痛で制球力を欠いたこともあり力を発揮できず、同高校は準々決勝で敗退している。同年10月3日プロ野球ドラフト会議(高校生の部)で、北海道日本ハムファイターズから7巡目で指名を受け入団した。

プロ入り後編集

2008年(1年目)はイースタン・リーグで1試合の登板で1回を無失点に抑えている。

その後は一度フォームを見失うなど投手としては伸び悩んだが、高校時代から中軸を打っていた打撃力を見込まれ、2010年オフから外野手コンバートすることになり、フェニックスリーグから外野手として始動した[1][2]

2011年シーズン限りで同じ北海道出身の渡部龍一白老郡白老町出身)が戦力外通告を受けたため、2012年は球団唯一の地元出身選手となった(この年の秋のドラフトで亀田郡七飯町出身の鍵谷陽平が指名されている)。

2013年4月24日の対ソフトバンク戦で代走としてプロ初出場。この試合で、プロ初安打を放っている。シーズン終了後の10月25日に球団から戦力外通告を受け[3]、現役引退。

現役引退後編集

引退後は日本ハム球団スタッフとして事業統轄本部コミュニティグループに配属され[4]、翌2014年より球団のベースボールアカデミー・コーチ(野球教室講師)に就任[5]2016年4月よりは同職と並行して、球団から紋別市に任期付職員として派遣され、市のスポーツ推進に関する仕事に携わるとともに北海道紋別高等学校などで野球を指導することになった[6]

人物編集

2007年10月26日に行われた全国高等学校駅伝競走大会北海道大会では、助っ人として3区を走った。旭川南高校は陸上部の部員数が少なく、毎年野球部員やサッカー部員が助っ人として出場している[7]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
2013 日本ハム 6 4 4 3 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .500 .500 .500 1.000
通算:1年 6 4 4 3 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .500 .500 .500 1.000

年度別守備成績編集



外野












2013 日本ハム 5 3 0 0 0 1.000
通算 5 3 0 0 0 1.000

記録編集

背番号編集

  • 68 (2008年 - 2013年)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ NPBの公示の関係上、正式には2011年からとなる。
  2. ^ 浅沼寿紀投手 外野手転向へ - 北海道新聞
  3. ^ a b c d 来季契約について 日本ハム球団公式サイト 2013年10月25日閲覧。
  4. ^ スタッフ人事のお知らせ日本ハム球団公式サイト 2013年11月25日配信
  5. ^ ファイターズアカデミー.北海道日本ハムファイターズ.2016年11月11日閲覧。
  6. ^ “元日ハム選手浅沼さん、4月から紋別市職員に 紋別高で指導、野球通して成長促す”. 北海道新聞. (2016年3月3日). http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/doto/1-0241591.html 2016年3月4日閲覧。 
  7. ^ 日本ハム仮契約の浅沼が高校駅伝に出場!北海道ニュース : nikkansports.com

関連項目編集

外部リンク編集