過敏性腸症候群

過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん、英語:Irritable Bowel Syndrome、略称:IBS)は、主として大腸の運動および分泌機能の異常で起こる病気の総称。検査を行っても炎症潰瘍といった器質的疾患が認められないにもかかわらず、下痢便秘腹痛、腹部不快感とそれに関係する便通異常が慢性的または再発性に持続する機能性消化管疾患である[1]。以前は大腸の機能の異常によって引き起こされる病気ということで「過敏性大腸症候群」と呼ばれていたが、最近では、大腸だけではなく小腸にも関係することなどからこのように呼ばれている。20 - 40歳代に多く、ストレスの多い先進国に多い病気であり、特に芸術家など繊細で神経質な人ほどかかりやすい[2][3]。一時的なストレスから発症することから神経症うつ病の一種と考えられることもあるが、これは間違いで、あくまでもの情報相関の過敏が主な原因である[3]

Irritable bowel syndrome
分類および外部参照情報
診療科・
学術分野
消化器学
ICD-10 K58
ICD-9-CM 564.1
DiseasesDB 30638
MedlinePlus 000246
eMedicine med/1190
Patient UK 過敏性腸症候群
MeSH D043183

目次

分類編集

症状は主に便通の異常である。便形状に基づくRomeIV基準により、以下の4タイプに大別される[1]。排便により、一旦は症状が軽快しても、再びぶり返すことが多い。

便秘型(IBS-C)
混合型(IBS-M)
腹痛および腹部の違和感、下痢と便秘が複数日間隔で交互に現れる(交代性便通異常)。
慢性下痢型(IBS-D)
少しでもストレス (生体)や不安を感じると下痢を引き起こす。神経性下痢などとも呼ばれる。
分類不能型(IBS-U)

IBSであることを主張する人のなかに、「腸内においてガスが発生しおならが漏れているのではないか、といった不安に苛まれる」といった症状を訴え、これをガス型として分類しようとする者もいるが、これは2017年に更新されたRomeⅣにもIBSの症状として記載されていない。また、胃腸の身体的症状のみならず、めまい頭痛動悸肩凝りなどを伴う自律神経失調症状や睡眠障害不安、気分の落ち込みによるうつ病、イライラなどといった精神症状が現れることも多い。罹患すると生活のリズムが狂い、QOLの著しい低下と経済損失がもたらされることから近年では重視される疾患である[4]。致死的な疾患ではないが、有病率は10~20%ほどと高い[1]

症状と原因編集

症状としては下痢が多いが、これは口から入った食物が胃酸によって消化され液体状となり、十二指腸を経由して小腸に送られ体内に吸収され、その残滓が大腸へと送られさらに水分が吸収され便となり排泄される。その際に何らかの原因で水分の吸収が正常に行われないと下痢となる[5]

その原因としては、腸の運動を司る自律神経の異常による大腸を中心とした消化管運動の異常、消化管知覚閾値の低下、精神的不安や過度の緊張などを原因とするストレスが最も大きな要因とされ、さらにライフスタイルのゆがみなど複合的な要因が指摘されている。また、元々神経質な性格であったり自律神経系が不安定であったりする人が、暴飲暴食やアルコールの多量摂取などを行ったり、不規則不摂生な生活、過労や体の冷えなどの状態に置かれた場合に症状が発生する場合がある。一旦発症した場合、症状に脳が固定されてしまうブレイン・ロックが起こり、主因であるストレスがなくなった後も症状が治まらなくなることが多い[3]

検査数値に異常がなくとも症状が続く場合があり、これはストレスに対抗するためにステロイドホルモンが大量に分泌されるが、その際、消化管の血流が一時的にステロイドホルモン作製に回され、その状態が長引くことで腸壁の筋肉の障害が引き起こされ、異常な機能亢進、痛み、下痢、便秘などが引き起こされる。これが前述の脳腸相関のブレイン・ロックである[3]

また、最初は身体的理由(暴飲暴食など)が原因で下痢をしたものが、それにより人前で恥をかくという経験を幾度か重ねるうち、学習効果により人前で下痢をすること自体に異常に恐怖心を持ってしまい、長時間トイレのない場所や人目に触れずにトイレに入れないような場所に行くと不安障害の一種として下痢をするようになることもある。乗り物酔いしやすい人というのが、乗り物酔いを繰り返し経験するうちに「また乗り物酔いするのではないか」という予期不安によって、乗り物に乗る前から意識がそこに集中してしまい、さらに酔いやすい状態に陥る現象に似てパニック障害などとほぼ同じ原理である。

近年、過敏性腸症候群(IBS)にはセロトニンという神経伝達物質が関係していることが指摘されている。セロトニンは、その約90%が腸内にある。ストレスによって腸のセロトニンが分泌されると、腸の蠕動運動に問題が生じ、IBSの症状が現れるとされている。腸は第2の脳とも言われるほどに脳と神経によって密接に関連しており、不安やストレスに対し脳からその信号が腸に伝わることで腸の運動に影響を及ぼす。この信号が過敏となり伝わりやすい状態になっていることで腸が過剰に反応する。ストレス信号を受けると、まず胃からセロトニンが分泌され、腸内のセロトニン受容体と結合し、腸の蠕動運動に異常をきたし、腹部の不快感、腹痛、下痢などを引き起こす[6]

また、一部の患者では、感染性腸炎の後に発症することが明らかになっており、何らかの免疫の異常が関わっている可能性も指摘されている。

診断編集

まずは炎症性腸疾患潰瘍性大腸炎クローン病など)及び大腸癌ならびに虚血性大腸炎感染胃腸炎大腸憩室症などの腸疾患、さらに婦人科系疾患、泌尿器系疾患、後腹膜疾患など器質的疾患などの可能性を除外した上で診断される[4][3]。これらの疾患と見分けるためには便潜血検査、大腸レントゲン検査が必要。大腸内視鏡検査は無意味である[3]

治療編集

この症状は精神的なストレス、生活の乱れによって引き起こされることが多いため、症状を改善するにはこれらの要因を解消することが基本となる。食事療法や運動療法などのライフスタイルの改善からはじめ、それでも十分な効果が得られない場合には、薬物による治療を行う[7]

ストレスが原因となっている場合
自律神経失調症の恐れがあるので、まず精神的に不安定な状態を解消し、ストレスの原因となっているものをはっきりさせて、これを取り除く。消化器科の医療機関での薬物治療や、精神科医療機関での心理療法などによる治療を受けることが最も望ましい。また、医療機関に頼らず自らストレスを解消する方法として自律訓練法がある。
生活の乱れが原因となっている場合
暴飲暴食、喫煙アルコールの多量摂取を避ける。食生活の改善および生活習慣の改善を行い、規則正しい生活を送る。

薬物治療編集

上記の生活改善法だけでは改善しない場合は、下記の治療薬を処する。腸のセロトニンに作用することで、早期から確実に症状を改善する薬も開発されている[8]

セロトニン3受容体拮抗薬編集

抗コリン薬編集

抗コリン薬の胃腸鎮痙作用で腸の痙攣を抑制し、腹痛を抑える。一般商品名は、ブスコパンチアトンなど。

消化管運動調節薬編集

高分子重合体編集

  • 便中の含有水分量を改善し、便の硬さを程よく保つ。ポリフル錠500mg、コロネル錠500mgがある。

乳酸菌製剤編集

下剤編集

  • 腸の運動を活性化し、便を柔らかくしたりする。代表として、酸化マグネシウム錠がある。

漢方薬編集

漢方薬では全ての場合が適応となる[9]。治療では精神療法と生活指導が重要であり、これと平行して薬物療法を行う[9]

実際の治療方法は患者によって異なる。

  • 便秘下痢交代型(不安定型) - 桂枝加芍薬湯人参湯から人参を抜き桂枝と芍薬を加えたもので、暖めと鎮痛などの作用が効く。厳密には、以下の通りで便秘時と下痢時とで処方を使い分けるのが望ましい。
  • 下痢型 - 虚弱気味ならばまずは人参湯。体力が中程度になれば半夏瀉心湯だがやや消炎作用が軽いものでは平胃散。人参湯では効能が不足するときは真武湯、もしくは人参湯と真武湯の合方になるが、八味丸と同様に「附子」が入った処方であるため胃に厳しく、かえって胃の不快感や吐き気、下痢になることがあるので注意を要する。できれば補中益気湯など胃腸薬となる処方と組み合わせたい。
  • 便秘型 - 桂枝加芍薬大黄湯。大黄が下剤作用であるので下痢に転じたときは禁忌。
  • 腹痛と腹鳴の強いもの - 大建中湯。あくまで該当症状軽減のためのターゲティング処方なので、下痢便秘向けの処方と併用とすること。
  • 虚弱な小児 - 小建中湯。あくまで桂枝加芍薬湯に水飴成分が加わっただけで同一である。つまり栄養補給で気分や症状を落ち着かせようという意図の処方なので、桂枝加芍薬湯に市販のエキス栄養剤(甘味や畜魚肉加水分解物の含まれるもの)を併用しても大差は無い。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集