メインメニューを開く

渡辺 了(わたなべ さとる)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将通称は勘兵衛(かんべえ)で、渡辺 勘兵衛の名で知られる。実名は「吉光」とも伝わる。号は睡庵(水庵)。

 
渡辺了/ 渡辺勘兵衛
Watanabe Kanbei.jpg
太平記三十六番相撲:第三之番ヒ「渡辺勘兵衛」(落合芳幾作)
時代 戦国時代 - 江戸時代前期
生誕 永禄5年(1562年
死没 寛永17年7月24日1640年9月9日
改名 睡庵(号)
別名 吉光、通称:勘兵衛
渾名:槍の勘兵衛
墓所 京都市中京区誓願寺
主君 阿閉貞征羽柴秀勝中村一氏増田長盛藤堂高虎
氏族 渡辺氏
父母 父:渡辺右京
養父:渡辺任
阿閉貞征娘

目次

生涯編集

永禄5年(1562年)、近江国浅井郡の土豪・渡辺右京の子として誕生。のちに同族の渡辺任の養子となったといわれる。

はじめ浅井氏麾下の阿閉貞征に仕え、貞征の娘を妻とした。「槍の勘兵衛」と称される槍の名手であり、摂津国吹田城攻めで一番首を挙げ、織田信長から直接称賛されたほどで、阿閉家の精鋭である母衣衆の一人であった。

後に辞して[2]天正10年(1582年)ごろより羽柴秀吉に仕え、2,000石の扶持をもって、秀吉の養子・秀勝付きとなった。山崎の戦い賤ヶ岳の戦いでも活躍し、石田三成家臣の杉江勘兵衛田中吉政家臣の辻勘兵衛と並んで「三勘兵衛」と評されたものの、天正13年(1585年)に秀勝が死去すると、それに伴い浪人した。

次に豊臣秀次の家老中村一氏に3,000石で仕えた。天正18年(1590年)、秀吉による小田原征伐において中村勢の先鋒として働き、伊豆山中城攻めにおいては、秀次軍の先鋒が中村勢であり、その先頭切って一番乗りを果たした。秀吉から「捨てても1万石は取るべき」と賞賛されたが、一氏からの恩賞は、もとの知行の倍の6,000石に過ぎず、これに不満を持って再び浪人した。

その後、増田長盛に初め客将として招かれ、次いで4,000石で仕えた。慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いで西軍についた長盛の出陣中に、居城の郡山城を任された。戦後、既に長盛が所領を没収されて高野山に蟄居していたにも関わらず、「主君長盛からの命で城を守っている。それ以外の命によって開城はできない」と、城接収役の藤堂高虎本多正純らにあくまで抵抗した。その後、徳川家康らによって長盛に書状を書かせるまで城を守り通し、無事に開城もすませた。

その忠義と力量に仕官の誘いが相次いだが、同郷の藤堂高虎に2万石の破格の待遇で仕えた。新たに高虎の居城となった伊予国今治城の普請奉行を務めるなど、槍働き以外の才能を見せ、その後藤堂氏が伊勢国に移封となると、上野城城代にまでなった。大坂の陣では藤堂勢の先鋒を務めるが、冬の陣にて戦い方をめぐり主君・高虎と衝突。谷町口の攻防戦において長宗我部盛親の部隊に蹴散らされて、落馬して負傷するなど大敗してしまう。夏の陣の八尾の戦いにおいては名誉挽回とばかりに長宗我部盛親・増田盛次の部隊に襲い掛かり、300余人を討ち取る活躍をした。しかし、この活躍も独断専行甚だしく、7回にも及ぶ撤退命令を無視して追撃して得たもので、戦いには勝ったものの損害もまた大きく、高虎や他の重臣たちから疎まれる原因となった。そのため戦後出奔して再び浪人となった。

再び仕官の道を探すものの、藤堂氏から奉公構(仕官を他の家にさせないようにする願い)の触れが出ており、江戸幕府などからも誘われるものの、適うことはなかった。元和4年(1618年)に土井利勝を通じて高虎に奉公構を解除するように願い出たが、高虎は「奉公したければ(姻戚関係のある)会津の蒲生家か讃岐の生駒家に仕えよ」と命じ、これを彼は承知しなかった。寛永5年(1628年)には天海を仲裁役にして奉公構の解除を願ったが、藤堂家から出された一方的な和解の条件に承知せず、逆に高虎への不平不満を申し立てたため、交渉は決裂した。高虎の死後も、子の藤堂高次が引き続き奉公構の方針を維持したため仕官はかなわず、その才を惜しんだ細川忠興徳川義直らの捨扶持を細々と受けながら、「睡庵」と称した。

寛永17年(1640年)、京にて死去。

関連作品編集

小説
司馬遼太郎:「侍大将の胸毛」(中公文庫「一夜官女」(書籍情報:ISBN 4-12-202311-4))に収録。
池波正太郎:「戦国幻想曲」(新潮文庫(書籍情報:ISBN 4-10-115684-0))

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 湯浅常山、国立国会図書館デジタルコレクション 「辻小作・中黒道随が事」 『常山紀談』 博文館〈続帝国文庫 ; 第31編〉、1909年http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/992078/205 国立国会図書館デジタルコレクション 
  2. ^ 江戸時代中期の『常山紀談』には、ある説によればとして、丹羽山城(助兵衛)、谷出羽笹野才蔵稲葉内匠中黒道随渡辺勘兵衛辻小作は義兄弟の約束をして武勇に励み、立身を誓い合って「天下七兄弟」と呼ばれたという[1]

参考文献編集

  • 福田千鶴『御家騒動 大名家を揺るがした権力闘争』(中公新書、2005年)