源有仁
時代 平安時代後期
生誕 康和5年(1103年
死没 久安3年2月13日1147年3月16日
改名 有仁王→源有仁→成覚(法名)
別名 花園左大臣
官位 従一位左大臣
主君 鳥羽天皇崇徳天皇近衛天皇
氏族 後三条源氏
父母 父:輔仁親王、母:源師忠
兄弟 信証、有仁守子女王、仁子女王、
怡子女王、行恵、仁操
藤原公実娘、源雅綱
西御方、応仁、有子
養子:懿子
テンプレートを表示

源 有仁(みなもと の ありひと)は、平安時代後期の公卿後三条天皇の皇子輔仁親王の第二王子。官位従一位左大臣花園左大臣とも称された。皇族時代は有仁王と称する。

経歴編集

永久3年(1115年元服。始め白河院の養子となり皇嗣と目されたが、元永2年(1119年)5月に白河院の孫である鳥羽天皇に顕仁親王(後の崇徳天皇)が生まれたことから、同年8月源朝臣姓を与えられて臣籍降下し、直ちに従三位権右中将に叙任され公卿となる。無位からいきなり三位に叙せられるのは極めて異例であり、嵯峨源氏源定以来約290年ぶりのことであった。また、この昇進については白河院による有仁の父輔仁親王への配慮であったことが窺われる[1]。同年、堀河鳥羽両天皇の乳母藤原光子の希望により、藤原公実と光子の間の娘(源有仁室)と結婚した[2]。なお、同年11月には父・輔仁親王が没しているが、その直前に有仁は権中納言に任ぜられている。

早くも翌保安元年(1120年)には上﨟の中納言7名を越えて権大納言に任ぜられると、保安2年(1121年)従二位・右近衛大将、保安3年(1122年正二位内大臣に叙任されるなど急速に昇進を果たす。鳥羽院政期に入っても、天承元年(1131年従一位右大臣に昇進し、保延2年(1136年)34歳で左大臣に至り、関白藤原忠通に次ぐ太政官の次席にまで昇った。また、花園離宮を賜って居住したことから花園左大臣と呼ばれた。

晩年は病気により朝廷への出仕が困難な状況であったといい[3]久安3年(1147年)2月3日に出家して成覚と号するが、同月13日に薨去享年45。

人物編集

詩歌・管絃(琵琶)・に秀で、勅撰歌人として『金葉和歌集』(9首)以下の勅撰和歌集和歌作品21首が採録されている[4]。また、儀式故実を集大成し、儀式書『春玉秘抄』『秋玉秘抄』を著している。一方で洒落好みであり、公家化粧鉄漿引眉の風習は、この人より始まると言われる[要出典]

日記『花園左府記』は80巻にも及ぶものとされる。その逸文は『御産部類記』に天治元年(1124年)3月、5月、6月、天治2年(1125年)4月、5月、6月条が、『園太暦』に大治3年(1128年)正月、永治2年(1142年)4月、康治3年(1144年)4月条が伝わる。

官歴編集

公卿補任』による。

系図編集

 
(71)後三条天皇
 
(72)白河天皇
 
(73)堀河天皇
 
(74)鳥羽天皇
 
(75)崇徳天皇
 
重仁親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
覚行法親王
 
 
最雲法親王
 
 
(77)後白河天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実仁親王
 
 
覚法法親王
 
 
(76)近衛天皇
 
 
 
 
 
 
 
媞子内親王
(郁芳門院)
 
 
 
輔仁親王
 
(源)有仁
 
 
 
 
篤子内親王
 


系譜編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 「今度叙三位、依父親王之哀憐歟」『中右記』元永2年8月14日条
  2. ^ 『長秋記』元永2年8月7日条
  3. ^ 台記』久安3年2月3日条
  4. ^ 『勅撰作者部類』
  5. ^ 『天祚礼祀職掌禄』
  6. ^ 『二条院御即位記』

参考文献編集

  • 『公卿補任 第一篇』吉川弘文館、1982年
  • 『尊卑分脈 第三篇』吉川弘文館、1987年