メインメニューを開く

源 師忠(みなもと の もろただ)は平安時代後期の公卿村上源氏右大臣源師房の四男。官位正二位大納言壬生大納言または沢大納言と号した。

 
源師忠
時代 平安時代後期
生誕 天喜2年(1054年
死没 永久2年9月25日1114年10月25日
別名 壬生大納言沢大納言
官位 正二位大納言
主君 後三条天皇白河天皇堀河天皇鳥羽天皇
氏族 村上源氏
父母 父:源師房、母:藤原頼宗の娘
兄弟 俊房顕房仁覚師忠実覚妧子澄子麗子藤原宗実室、藤原師実
橘俊綱の娘、源俊長の娘
藤原良綱の娘、源政長の娘
師親師隆師長寛遍
テンプレートを表示

歌人であり、『新古今和歌集』以下の勅撰和歌集に3首が入首。また和琴にも秀でていた。

系譜編集

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ 生没年は『中右記』天永2年11月7日条による。
  2. ^ 『中右記』康和4年1月10日条
  3. ^ 今鏡』305段