メインメニューを開く
 
源本有
時代 平安時代初期 - 前期
生誕 不詳
死没 不詳
官位 正四位下治部卿
主君 文徳天皇清和天皇陽成天皇光孝天皇
氏族 文徳源氏
父母 父:文徳天皇、母:滋野岑子(滋野貞雄の娘)
兄弟 惟喬親王能有惟条親王惟彦親王晏子内親王慧子内親王惟仁親王行有儀子内親王恬子内親王述子内親王珍子内親王掲子内親王、濃子内親王、勝子内親王、礼子内親王、元有、戴有、淵子、毎有、時有、定有、富子、富有、馮子、謙子、奥子、列子、済子、修子
不詳
綏之
テンプレートを表示

源 本有(みなもと の もとあり)は、平安時代初期から前期にかけての貴族文徳天皇の皇子。官位正四位下治部卿

経歴編集

仁寿3年(853年源朝臣姓を与えられ臣籍降下する。貞観10年(875年従四位上直叙され、貞観12年(877年越前権守に任ぜられる。陽成朝では周防権守を務め、元慶6年(882年)正四位下に叙せられている。

光孝朝にの元慶9年(885年)治部卿に任ぜられ京官に復した。

官歴編集

日本三代実録』による。

系譜編集

尊卑分脈』による。

参考文献編集