メインメニューを開く

源 重信(みなもと の しげのぶ)は、平安時代中期の公卿宇多天皇の皇子である式部卿敦実親王の四男。官位正二位左大臣正一位六条左大臣と号す。

 
源重信
時代 平安時代中期
生誕 延喜22年(922年
死没 長徳元年5月8日995年6月8日
別名 六条左大臣
官位 正二位左大臣正一位
主君 朱雀天皇村上天皇冷泉天皇円融天皇花山天皇一条天皇
氏族 宇多源氏
父母 父:敦実親王、母:藤原時平の娘
兄弟 寛信寛朝雅信重信雅慶
藤原朝忠の娘、源高明の娘
藤原頼忠の娘、藤原師輔の娘
致方相方道方宣方乗方藤原隆家
テンプレートを表示

目次

経歴編集

承平7年(937年従四位下に直叙される。天慶4年(941年侍従に任ぜられたのち、左馬頭を経て、天暦5年(951年[1])従四位上・右近衛権中将、天暦9年(955年左兵衛督と武官を歴任する。のち修理大夫を兼ね、天徳4年(960年参議に任ぜられ公卿に列す。議政官として修理大夫を長く兼帯する一方で、応和元年(961年[2]正四位下、同年正四位上・備中守、応和3年(963年従三位と、2歳年上の兄・雅信の後を追うように順調に昇進する。

冷泉朝の安和2年(969年)に発生した安和の変において左大臣源高明が失脚すると、その女婿であった重信も昇殿を止められる。円融朝に入ると、天禄3年(972年権中納言天延3年(975年)中納言、貞元3年(978年大納言と昇進し、またこの間の天禄4年(973年)再び昇殿を許されている。天元4年(981年正二位

のち、長く大納言に留まるが、一条朝の正暦2年(991年右大臣に任ぜられ、兄・雅信に遅れること14年にして大臣の地位に昇り、雅信と兄弟で左右大臣の官職を占めた。正暦5年(994年)前年に薨去した雅信の後を受けて左大臣に昇進し、同年に居貞親王(のち三条天皇)が立太子するとその東宮傅も兼ねるが、翌正暦6年(995年)5月8日病気により薨去。享年74。最終官位は左大臣正二位。同月26日に正一位贈位を受けた。

人物編集

恋愛ごとは不得手であったが、若々しく愛敬があり人なつっこい性格であったことから、若い頃、兄・雅信にも増して村上天皇にかわいがられたという[3]。父・敦実親王に似て音楽に秀で、を得意とした。

重信が所有していた宇治別荘は、没後に姪の婿であった縁で藤原道長に買い取られ、のちにその息子・頼通に伝えられて平等院となった。

逸話編集

修理大夫を務めていた頃、出家して仁和寺に住んでいた父・敦実親王のご機嫌伺いに訪問する際、往路は内裏の東側(東大宮大路)・北側(一条大路)、復路は内裏の西側(西大宮大路)・南側(二条大路)と、行き帰りの行路を利用して内裏の周囲を見て回り、破損している場所があれば修理したという[3]

官歴編集

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 権右中将任官はユリウス暦では952年1月29日。
  2. ^ 正四位下叙位はユリウス暦では962年1月14日
  3. ^ a b 大鏡』第六巻,昔物語

参考文献編集